昭和の風林史(昭和五七年七月二一日掲載分)

2018年08月06日

原点に戻って相場を見る

値段としては、よいところにきているから安値を叩いてはいけない。

小豆相場は下値圏に届いたとみる人と、現物市場の荷圧迫で相当長い低迷を続けるだろうと考える人にわかれる。

建玉の方は一応終戦処理が終わるところ。

考えてみると、取り組みも細ってしまったし、先二本だけの限月では重い病の人が辛じてお粥を口にするような小豆市場である。

決して無理のできる体力ではない。

しかし、天災期はまだ残っている。

限月二本に投機が集中し値段も低ければ一度天候に異変が生ずると55年夏のようなアンペア(電流)メーターの針は走ってしまうこともある。

本年五月、六月の相場はボルト(電圧)メーターが高く電流が走らなかった。

この場合、ボルトというのは取り組みであり、アンペアは上昇値幅のこと。

近年の小豆相場は夏に一相場の山を作り、秋にかけて底を探り、そして春に向かってまた高い。春高か青田底になる―という繰返しだった。

このパターンがまだ生きているとすれば、小さい山でもよいから七月末から八月にかけて、あるいはもう少し遅れて八月から九月に反騰するだろう。

逆に下げ相場がこれからも続くとすれば業界はさらに沈滞する。

できることなら、上げ波動にのって、業界が元気を取り戻してほしいものである。

強弱は慌てることもないが、ここ両日、相場の動きと商いの進み具合いをゆっくりと見定めて方針を決めたい。

●編集部註
 冷静に考えると、この時の悲惨な相場展開は、明らかに人災なのだが、ハッキリと〝天災〟と言ってしまうところに相場師としての矜持がある。
 過去の事を検証する事も大事だが、相場は現在進行形であるが故に、相場師は今と未来に目を向けなければならない。それが上記の文章にハッキリと表れている。今と未来のために、過去を振り返っている。この崩落相場が風林火山の言う通り天災なら、これは一種の〝防災〟と言えよう。天災は忘れた頃にやってくる。
 この時期、日本は梅雨であった。初めの頃は空梅雨であったという。
 しかしこの頃から西日本各地で活発化した梅雨前線の影響で大雨を記録。この日はいったん小康状態になるが、23日頃に再び活発化する。
 特にこの時、長崎県では集中豪雨災害に見舞われる。市内にかかる重要文化財、眼鏡橋は半壊。死者・行方不明者299人、負傷者805人、被害総額は年時価で315 3円にのぼる未曽有の大水害となった。

昭和の風林史(昭和五七年七月二十日掲載分)

2018年08月03日

強弱あわてることもない

ものの考えかたをまた一から組み立てていくところ。強弱にあわてることもない。

小豆市場は先二本だけの終戦処理段階。

16日までのことは済んだ事として区切りをつけ、これからの相場を考えてみたい。

一瞬にして三市場の出来高六万一千七百五十二枚。強制解け合いだから当然とはいえ、玉整理完了。

強気的考え方の土台となるのは、下げ値幅、新穀の値頃水準、玉整理、作柄はこれからの天候次第。そして二月10日天井からの日柄など。

弱気的考え方の土台は人気が離れてしまうことと現物筋の流通面の混乱が尾を引くこと。ヘッジする場所が先二本に限られ、向こう四カ月間納会がない。

ということは、新旧格差不利でも一応先二本にヘッジする。だから戻りを見て繋ぎが出るし、桑名手持ちの現物も圧迫要因になる。

今月末消費地在庫はふえるだろう。

普通なら天候相場で人気面がウエイトを占めるが、もう小豆はしないという人も多い。

取引員会社は、終戦処理に営業戦力を阻害される。

しかし、需給相場的色彩70%、天災期的色彩30%という性格になって、一挙にほどけた投機資金の、どの程度が小豆に再び取り組んでくるか。

市場には、まだ強化された規制が残っているし、仕手後遺症が出てくるのはこれからだ。取引員も大なり小なり被弾している。

このような時のモノの考えかたは、一度なにもかも頭の中のものをカラッポにして、原点に戻り、想を練ることである。

焼跡の釘と見るもよし。相場は相場と見るもよし。

また、休養するもよし。

強弱なしのところだ。

●編集部註
 この予言通り。穀物相場は斜陽銘柄となる。現在、小豆はおろか大豆相場も開店休業の状態になっている。値はついているが、商いがなければどうする事も出来ない。一度ケチのついた相場が昔の隆盛を取り戻すというのは至難の業であるという事を、我々は小豆以外にパラジウム相場で経験している。
 歴史を振り返ると、この時期、日本を見る世界の目が変わり始めた印象を筆者は持っている。
 この年の6月、FBIが行った産業スパイのおとり操作で日本の電機メーカーの社員が逮捕されている。
 この年のこの頃、国際捕鯨委員会で鯨の商業捕鯨の全面禁止が採択されている。
 日本は、良くも悪くも高度成長期を経て急成長してしまった。その代償を払う時期がここから始まったとも言える。

昭和の風林史(昭和五七年七月十九日掲載分)

2018年08月02日

なんともやりきれぬ気持

なんともやりきれない気持が充満している。業界は怒りの海である。

小豆解け合い値は下段相場表の通り(略)。

なんともやりきれない気持を委託者に与えた。

『もう小豆は絶対に手を出さん』という人が、またふえた。

穀取不信以外のなにものでもない。

これが商品市場全般の忌避につながるのを恐れる。

行き過ぎた思惑と、その失敗によって、市場利用者にかけた迷惑は万死に値する。ただでさえ不況の業界で同業取引員の足腰を弱らさせた罪は重い。

違約者の違約玉を割り当てられた取引員は、もっていきようのない腹立たしさである。

しかしこれからは、仲間(同業取引員)に対しての無関心さというものが、どれほど自分たちに災難がふりかかってくるか、肝に銘じたことであろう。

もう一ツは取引所に対して、堂々たる発言がなされなかった業界体質の弱さが、今回の事件を機に是は是、非は非、自分たちの取引所だという責任の重さを会員、取引員は再認識したと思う。

仕手戦は相場の華という気風が業界にある。

それが行き過ぎた場合どうなるかは、過去に経験してきた。

要するに市場管理の問題である。仕手機関店の自覚は言うまでもないが、取引所当局の見識が問われる。

今回の不祥事件に対する取引所の責任は当然、理事総辞職ということになろうが、すべてを刷新し、信用を回復するためにも、前と顔ぶれが同じということなら責任をとった意味がない。特に問題三市場の事務局理事の今回の無策・無能ぶりは話にならず、業界は怒りの海である。

●編集部註
 これは36年前、昭和57年7月19日付の記事であり今ではない。お上の〝なあなあ〟の体質は現在も変わっていない。この後の無為無策は全く刷新されず、ここから18年後の平成12年に、今度はパラジウム市場で同じような事が繰り返される。
 誰も責任を取らぬシステムは商品先物市場全体を弱体化させてしまった。巧く逃げ切った御仁は良いかも知れない(本当は良くないが)。だが、残されたものはたまったものではないではないか。
 後に株式会社化となったTOCOMは、奮闘している。しかし、先人が遺した負の遺産は減らず、足枷になっていると思う。
 過去の事に文句を言っても始まらないのは解っている。とはいえ、いま筆者が出来るのは、こうした悪い例があった事を後々に伝える事である。「ああなったらしまいだ」「こうはなるまい」と思っていただければ幸いだ。

昭和の風林史(昭和五七年七月十四日掲載分)

2018年08月01日

場勘入らぬとはなに事ぞ

買うだけ買い上げておいて、もう銭が続かんとは無責任にもほどがある。

小豆市場は最悪事態である。買い仕手の土曜の場勘が入らん。取引員の違約除名処分などに絡んで市場は混乱している。

売り方には怨念のようなものがある。山を売り、田を売り、妻と離婚までして耐えてきた―という人も多い。生命を賭けて売り耐えてきたのである。

買い店機関店K社は『場勘が払えない。あとは取引所におまかせする以外にない』―と。

それは、あまりにも無責任ではなかろうか。

行き過ぎた投機の結末がどうなるかは誰にでも判っていたことである。

取引員のオーナーとしての責任が問われるのは当然。

関係取引所の無策、無能、異常なしという当初の態度にしても責任が問われる。

事態は市場管理面と主舞台になった取引所の事務局責任者の状況判断の甘さである。こんな事はきわめて初歩的な失態である。

小豆市場の不祥事件は商取業界全般の信用にかかわるし、小豆の上場廃止という不幸にもつながる。

買い玉の肩替り、あるいは投げに対して玉を合わせる方法、あるいは解け合いなど過去に経験してきたことであるが、市場を維持し、市場機能の早期回復へ業界挙げて協力しなければならない。

六本木筋は規制強化を不当としているようだ。52年仕手崩れの時も買い方からそのような意志表示があった。

戦い済んで日が暮れて―という、むなしさだけが残る。孫子兵法「兵は国の大事、死生の地、存亡の道、察せざるべからず」と。

●編集部註
 BGMはこの頃に発売された郷ひろみの「哀愁のカサブランカ」だろう。
 悲劇と喜劇は紙一重で、この時買い方にすれば壮大なギリシャ悲劇だが、売り方にとって見れば滑稽なフランス喜劇である。モリエールの『人間嫌い』のようなものだろう。
 相場の崩落場面は、映画の題材にしばしばなっている。商品先物取引であればジョン・ランディスが監督したエディ・マーフィとダン・エイクロイド主演の『大逆転』というコメディ映画がある。
 公開が1983年なので、この時の商品取引業界がどんな感じであったかを知りたい人はこの作品を観ると良い。
 株式相場が舞台の作品はもっと多い。『コズモポリス』や『マージンコール』のようなサスペンスタッチの作品もあれば、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や『マネーショート』のような、実話を下敷きにした作品もある。

昭和の風林史(昭和五七年七月十三日掲載分)

2018年07月31日

前二本二万六千円も相場

まだまだ油断できないが小豆相場は、大崩れのトレンドに乗って期近からなだれる。

雨がほしい頃になると雨が降る。これはツキである。

産地が豊作ムードに包まれるのも当然だ。

前週末に大阪先三本が「相場と天気は西から崩れますよ」とシグナルを出していた。

まず利食い。いままでに懲りているから、利食い千人力となる。売り方は力をつけて、煽ってきたら盛りのよいところを再度売り直す考え。

買い方は場勘がきつい。大引けで防戦してきたこれまでだが、規制も厳しくなるし、新規増証も、じわじわ響いてくる。

売り方の利食い先行のあとは、買い方の投げが出るだろう。まるで味方の弾でやられる。

ストップ安の二発連続を喰らうと、様相は一気に青田売り、仕手崩れ、日柄の疲労、現物の圧迫となって、期近ほど下げが厳しくなる。

大勢すでに決まる―と判断すれば、今まで耐えに耐えてきた売り方だけに、力もついたことだし、一の力が三倍にも四倍にもなる。

逆に買い方は、三の力が一になるのが負け戦さの特徴である。

それにしても長い戦いであった。まだまだ油断はできないし、相場の敵はむやみに喜ぶな―であるから、とどめを刺すまではなんともいえないまでも、七月限の五千円台のシコリ玉と四千円台のカタマリ玉が追証攻めに耐えられない三千五百円割れ(大阪)になだれてくると、おりから関東は、お盆であるし、15日以降の相場は八限、九限がトレンド崩れで見るも無残。

この場合、八、九、十月限で二月10日頭三万六千円から一万丁下げということになるかもしれない。

●編集部註
 明日は我が身の相場師稼業。〝むやみに喜ぶな〟というのは経験則から来るものであろう。負けた痛みを知る人しか、このセリフは吐けない。
 古今東西、ところどころで上空3000メートルの高みからものを言い、敗者に冷たく、何かあれば札びらを切って物事を動かそうとする増上慢が出現する。このような人物を成金という。
 相場崩落の歴史は成金が自滅する歴史であった。
 彼らだけが地獄に落ちるのならそれはそれでせいせいするのだが、善良な人たちも道連れになるのだからタチが悪い。見切り千両の上が無欲万両というのも肯ける。
 文化面ではこの頃、俳人の水原秋櫻子が88歳で亡くなっている。高浜虚子の弟子にして、正岡子規の孫弟子にあたる。
 何かと風林火山は記事のどこかに句を入れていた。ここから俳句に触れた業界人も少なくない。

昭和の風林史(昭和五七年七月十二日掲載分)

2018年07月30日

大阪先三本が実勢を反映

大阪小豆の先三本が今後の相場のあるべき姿を暗示している。これが実勢であろう。

規制の強化で期近限月の増証や、新規参入者の建玉絞りなど、仕手対策とは申せ、小豆市場は淋れ行く町である。

新穀先限先二本は作柄順調を反映して安い。

これが普通の姿である。

買い方は、その建玉のふくらみ具合いから納会で受けて立つしかない。

市場では、今月受けるか受けないかは、九割まで受けるとみなければならないと予測し、八月は五分と五分。それだけに、波乱は覚悟しておかなければ―と。

しかし、市場管理面で市場の正常化に業界挙げて努力していこうという、この流れは無視できない。

買い仕手が、「すべての旗にそむいても」敢えてその流れに逆らえば機関店の営業停止処分という最悪事態に直面する。

いわゆる昨今、声高にいわれだした取引員経営者のモラルという問題である。

業界が心配しているのは小豆市場の立会停止、閉鎖、上場廃止である。

過去に、北海道の凶作と仕手介入で立会停止という不幸な事態を経験している。今年は増反、豊作予想というのに、そのようなことになったら困る。

週末は大阪市場先三本が、いかにも重かった。

先限引き継ぎの引け足では去年の10月22日、11月18日安値にあと、三、四百円。ということは八、九カ月ぶりの安値に落ち込んで、他市場との価格の乖(かい)離、そして当先との逆ザヤが、異常だった。

その点、東京、名古屋は買い方の防戦きわめて頑強で、価格の平準化運動がどのように展開していくかが見ものである。

果たして天気と相場は西から崩れるのであろうか。

●編集部註
 市場に出回る価格と、先物市場の価格に歪みが生じるという事は、その市場が上手く機能していないという事を意味する。本来なら正常に機能するべく厳格に運営が対処しなければならない。
 誤解を恐れずに言うが、先物取引は〝投機〟という名の経済行為を隠れ蓑にした博打である。博打場には厳格な規律が求められる。実際に行った時目の当たりにしたが、ラスベガスのカジノは、その日に使うトランプ一枚、サイコロ一つに至るまで厳格に管理されていた。
 米国では、賭場でさえこのレベルである。金融市場は更に厳しくなる。
 逆に日本では、運営側の〝なあなあ〟が市場を亡ぼしたと見ている。近々カジノ法案が通るそうだが、このなあなあの空気が今も残っているなら、確実に失敗すると思う。

昭和の風林史(昭和五七年七月十日掲載分)

2018年07月27日

ぬるさもぬるし先二本

待つは仁。相場自然の流れに戻るのをひたすら待つだけ。下がる時がくれば下がる。

小豆期近限月は取引所の指導もあって解け商いが進行している。

国会でも問題にされた七日のO社大量買いは時局を配慮しなかったという事で、O社東京の責任者N氏は六カ月10%の減俸ということで恭順を示した。折からO社O社長は入院開腹手術。経過は良好。

市場では買い主力は今月も納会受けて立つだろうと臆測されている。

市場管理要綱に「同一の商品取引員が二回以上連続して受渡全数量の三分の一又は50枚以上受渡をした場合及び逆鞘納会で受けた場合であって本所が必要と認めたときは委託者の住所、氏名等の報告を求めるものとする」―とある。しかし、だからどうなのか?

市場関係者の俵読みでは今月も三市場千枚の渡し物はあるはずだ―。

来月もまた千枚ぐらいは渡し物が出るだろう―と。

商社筋は六月末外貨残を千二百万㌦と読んで、七月→九月一万二千㌧の入荷。北海道からの転送分を考えると九月末は三十万俵の在庫。新穀百万俵出回りなら、需給面に不安なし。

目下のところ〝さわらぬ豆にたたりなし〟という商社筋の感覚だが、どこかで勝負の決着をつけるところが必らずあると満を持しているようだ。

天候のほうは中間地帯の旱魃が心配されている。

買い方にとっては期待のよりどころでもある。

それにしても先二本は下がりたがっている。

相場は正直なものだ。下がる潮時がくれば、どなた様が買っても下がる。

売り屋は共産党に期待したり役所や取引所に期待しすぎた事をようやく判りかけてきた。そのようなものを期待して売っても駄目だ。

要するに日柄による相場、自然の流れを待つこと。死んだはずのファンダメンタルズがモノを言うだろう。

●編集部註
 先週も述べたが、眼に見えているものが全てではない。
 恐らく、暗闇での殴り合いが続いている。殴打する音だけが聴こえるも、お互い何処からパンチが飛んで来るか判らない。
 そうして、この時の小豆相場では買い方も売り方も共に傷つく事になる。 先週、風林火山が書いたように、確かにBGMはニノ・ロータが作曲した映画『太陽がいっぱい』のテーマ曲、泣きのトランペットが良く似合う。 繰り返すが眼に見えているものが全てではない。
 この『太陽がいっぱい』という映画もある大きな暗喩が込められた作品として非常に有名な作品だ。
 その暗喩を、日本で一番最初に解き明かしたのは、淀川長治である。

昭和の風林史(昭和五七年七月九日掲載分)

2018年07月26日

すべての旗にそむいても

勝者は勝ちやすきに勝つという。小豆買い方は流れに逆らって頑張っているが徒労。

当限新規百万円の二番新規五十万円増証や建玉、受け渡し玉の氏名等の報告は第四次規制になる。

要するに期近限月の片寄った建玉をほどくための規制強化なのに、挑戦するかの如く強引に買い玉をふやされては役所も取引所も心中穏やかでない。『期近二限月の新規玉増証は、〝手付け〟みたいなもので、今後状況次第で、次々対策が出るのは当然』(東穀森川常務)。

店別建玉規制や、当限新規建玉停止、あるいは割増証拠金等も〝市場管理要綱〟の趣旨と照合しながら検討は進められ、ともかく市場の正常化に行政当局は真剣に取り組んでいる。そのような時に、7日の強引な買い煽りは、買い方にとっては墓穴を掘る格好となった。

先二本限月は作柄順調を反映して実勢相場。大衆は、この先二本に的を絞って期近は敬遠すべきだ。

取引員自己玉は東西合計してようやく売りが買いを上回った。

高場の東京を売り、安場の大阪を買うサヤ取りも多いが、相場の基調が期近二本以外は、やはり下のものだけに、いつ崩れがきてもよいシフトをとるのは当然。

折りにふれて輸入予備枠発券が話題になったが、予備枠よりも次期枠の早期発券が、いまのように現物の偏在が続いて円滑な流通が阻害されると判断された場合は決断をもって実施される機運になってきた。

作柄のほうは少し遅れたのを綺麗に取り戻して至極順調。平年作以上は大丈夫という人気になった。

ものの売れ行きのほうは不需要期とはいえ、さっぱりのようだ。

買い方は〝すべての旗にそむいても〟という映画の題名もどきスタンスである。

それは〝栄光なき戦い〟である。産地に〝太陽がいっぱい〟の音楽が流れていた。

●編集部註
 眼に見えているものが全てではない。文章には〝行間〟というものがあり、比喩や暗喩という表現もある。風林火山は、暗喩の名手であった。
 直言するよりも、古典や映画からの引用等でより深く理解する手法は、不勉強者には伝わらない仕組みになっている。それで良いのかも知れぬ。
 今や好人材を育てる人物の代名詞となった古代中国の伯楽という人は、名馬を見分ける名人で、教えを請うべく中国全土から人が集まった。その者達に、彼は惜しみなく名馬の見極め方を教えたのだという。しかし、伯楽自身が有望と認めた人だけ、努めて駄馬の見分け方を教えたのだとか。

昭和の風林史(昭和五七年七月八日掲載分)

2018年07月25日

煽られると売り方は沈黙

買い方に煽られると売り方は声もない。先二本の戻りを待って売り直すところ。

疲れを知らない買い方に対して、売り方は精魂尽きた顔の小豆市場だ。

まさしく怪物である。

しかし本当に苦しいのは買い方だろう。

業界の指導的立場にある人、『小豆の上場廃止という方向に突き進んでいる。危機感以外にない』と頭をかかえていた。

一般的には二ツの流れがある。市場から離れる人。あくまでも長期持久戦で信念を貫く人。

強弱通用せず、力あるのみ。『これは相場ではない』と言う人もあるが、長い目でみるならば、やっぱり相場は相場だったということになる。

市場では六日、名古屋で巨頭会談があって今後の作戦について手を緩めない確約がなされたらしい―と。買い方の反撃が、人の口を借りて言わしめたのかもしれない。

七日、役所は東穀首脳を呼び出した。八日に予定されている衆院物価特別委員会での共産党質問に対応する準備のようだ。

緊急市場管理委員会もスケジュールにのぼる模様で、市場外が、なんとなくざわざわしている。

関係穀取は買い方が『決して無茶はしないと言っているのだから無策の策がよい』という考えもあるようだが、無茶をせんというのは、三万九千円以上の新値に煽らんという範囲でのこと、あとで穀取は泡を食うだろうと心配していた。

取引所には理事長権限という絶対的な力があるけれど、事務局が事態を楽観していては、理事長も動きがつかんのさ―と。

相場のほうは買い煽りの手が出ると売り方は沈黙してしまう。東京は、どんな空気ですか?と取引員社長に問えば『ただ、おろおろしているだけです』。

場面は、また閑になっての、やり直し。まいっちゃったね本当に。

●編集部註
 買い方も必死である。
 罫線上では、もう既に上昇トレンドではなくなっている。つまりここで突っ張る買い方には死相が出ている事になる。
 チャーチストなら、あきらめがつくだろう。しかしファンダメンタリストやこれまで腕力で何とかしてきた輩はそうはいかない。
 昔、商取マン時代に先輩社員「いつまでも同じ手が通用すると思うなよ」と言われた事を思い出す。
 何事も買っている時、優勢である時ほど人は驕り高ぶり不遜になる。大抵そこが〝くすぶり〟の始まりである。
 相場とは関係ないが、この年のこの日、日本では構成に多大な影響を与えた映画『ブレードランナー』が公開されている。

昭和の風林史(昭和五七年七月七日掲載分)

2018年07月24日

『お先に失礼』『待って下さい』

先限がお先に失礼と実勢反映。いずれ期近も、待って下さいと、あとを追うのです。

値は荷を呼んで消費地小豆在庫三十三万五千七百俵。

出庫のうち転送分を引くと実際の消費は六万俵ほどになる。

典型的な実需不振。荷もたれの姿に加えて産地の作柄順調だから先三本は底抜けである。

期近限月は仕手筋の制空権下にあって、まったく別のもの。

買い方は今月も無理を承知で受けざるを得ない。

期近の歯止めをはずせば五千丁は瞬間斬って捨てられ、そのあとは連続ストップ安でなだれ込んで一巻の終わり。
ならば現受けして煎れを取り、現物で損をする分には、すくなくとも持っている現物は半値にもなるまい。

思うのだが買い大手は、えらい深味にはまってしまったと後悔していることだろう。

先三本が下げるほどに期近の逆ザヤが異常さを濃くする。

今となっては言わず語らず常識人は本年平年作以上の作柄ならば仕手後遺症も災いして二万八千円→二万六千円という相場が実現する日がくるとみる。

昔、北浜では〔買い・買い〕になるなと言った。

どうだろう今、自己玉も買い。場づらも買い。現物も持ち。これは危険この上もない。どこかにヘッジをすべきでなかろうか。

天候勝負とはいえ、いまの取り組み内部要因では仮りに天候が崩れても、去年のような相場にならん。

今月も小豆の入荷は結構あるし、納会受ければ受けたで金・倉が嵩むばかり。『どうしようもないね、これでは…』。要するに大局は下げるしかない。

●編集部註
 本来、現物市場のヘッジ機能を担う先物市場の、業界紙記者にして市場識者から〝どこかにヘッジをすべきでなかろうか〟と書かれる皮肉。
 「んなもん、オマエに言われんでもやっとるワイ」と紙面にツッコミを入れる人物もいたのではないか、と罫線を見て思う。
 この時、東京金は既に上場済み。当時の小豆相場と並列で見ると面白い。
 以前も当欄で述べたが、小豆相場はここから崩落の一途を辿る。
 機を見るに敏な投機家は、6月の段階で資金を金相場に移したと推測。実際、東京金は小豆相場崩落と逆相関の線形で上昇基調に入る。
 7月半ばからひと月近く小豆相場は反騰するが、その終了と共に金相場は保合いから再度急騰している点に注目したい。