昭和の風林史(昭和五八年八月一日掲載分)

2019年08月22日

小豆も輸大も破竹の勢い

小豆も輸入大豆も八月の声を聞くと相乗して弾(はじ)ける。売り方総懺悔の月。

公明党の先生が小豆の二万七、八千円あたりを売って呻吟しているという噂が随分前から流れていた。

この先生の筋なのかどうかは知らないが、農水省当局に圧力がかかっている話を耳にする。

ポジションと政治力と行政と相場―。すべては力関係である。

帯広あたりではぼつぼつ駄目な畑を起こしにかかるそうだ。共済金問題に目途がつけば、かなりの畑が掘り返される。

そしてそのあとに燕麦を牛の飼料用に蒔くそうだ。

産地のお天気は、しばらく雨の日が多くなりそう。札幌管区気象台29日発表の道央(石狩、空地、後志)週間予報によると八月上旬も暑さ望み薄である。

平年作の年ならすでに小豆は開花している。

15日から22日遅れの作況では秋冷が早いと予報される今年の場合、台風、霜害はまぬがれず、三分作以下とみなければならない。

売り方は凶作織り込み済みの相場というが、ポジションの違いによる見解の相違というべきか。

さて七月15日→22日の上昇(大阪12限)二千三百円の半値押し地点で七月を終わった。月棒先限は上影下影大きな短陽線は激しく動機づく線。

新ポ登場1月限は寄ってたかって売られる予想。

その売られた1月限を買うのが人の行く裏に道あり花の山。

相場波動としては遅くとも今月三、四日あたりから活力のある足取りになるだろう。

輸入大豆はほれぼれする週間棒。この週間棒に一升壜を供えたい。先三本六千円抜けから七千円に挑戦するトレンドに乗った。

●編集部註
「呻吟」という単語が分からないので調べた所「しんぎん」と読むのだという。「苦しんでうめくこと」を指すのだとか。こうして何らかの文章を紡ぎだす作業に従事する人間は至る所で呻吟の連続なのだが、ここで登場する先生は恐らく、追証で呻吟されているのだろう。
業界に長くいると、別の業界で有名な方が呻吟されている話をよく聞く。
中央競馬で有名な騎手やグループサウンズ出身の有名人などが呻吟された話をこれまで聴いている。 
公明党という名前は出ないが、先日読んだ月村了衛の小説「悪の五輪」には公明党のような団体が登場する。
1964年の東京五輪の記録映画の監督は市川崑なのだが、本当は黒澤明が撮る筈だった。
この小説は、黒澤が降りて市川に決まるまでの間に繰り広げられる暗闘を描いたフィクションなのだが、時折実話が組み込まれている。

昭和の風林史(昭和五八年七月三十日掲載分)

2019年08月21日

十勝平野に未だ花咲かず

満を持すべし。八月上旬、沖天を焦がさんばかりの踏み上げありの小豆相場だ。

大衆の人気は輸入大豆に走った。

シカゴの相場金言に〔大きな商いの商品を狙え〕というのがある。

確かに薄商いの商品では値動きも小刻みで、損しても取り戻すのに難儀するが今の大豆のように大きな手口、大きな値動きだと、煎れ投げドテン、なんでもできるし、まずは相場が若いことと、シカゴは八月に燃えるという楽しみがある。

いずれこの輸大は六千円台の踊り場に出て七千円に挑戦しそうだ。

小豆のほうは孫子兵法でいう支刑の地である。

我れ出でて利あらず、彼(敵)出でて利あらずを支という。支形は敵、我れを利するといえど出ずる勿れ。

また「近くして静かなるはその険をたのめばなり。遠くして戦を挑む者は人の進むを欲すればなり」。

小豆売り方も安値を叩くようなことをしない。

買い方も煽るようなことをしない。

戦いには潮時というものがある。戦機、待機、勝機。機は気でもある。人気、熱気、病気、元気、嫌気、惰気、欲気―。

戦機未だ熟さず。

今のところ八月第一週になにかキッカケが訪れそうに思う。この時、拍車をかけ馬体に鞭を入れんか。激水の疾き石を漂よわすに至るものは勢いなり。善く戦う者、これを勢いに求めて人に責(もと)めず。

この相場の最後は売り方がつくる。沖天を焦がさんばかりの煎れ上げである。予備枠もよし。巨大次期枠早期発券もよし。弾(たま)もタンクも銃剣も―というところだ。

そうなって始めて作柄(凶作)と相場が分離する。帯広平野に花咲かずで愕然としたときが相場の満開と思えばよい。

買い玉満を持すべし。小競りあいに一喜一憂することなかれ。

●編集部註
 筆致、文体の凄み―。さながら、泗川の戦い直前、淡々粛々と配下に戦略を提示。担うべき役割を指示する島津義弘の如き冷静さである。相場師の戦略解説は、戦国武将のそれと似ているのかも。
 諸般の事情で絶版にな ってしまったが、アマゾンではまだ安価で入手出来るので、池宮彰一郎の小説「島津奔る」を是非読んで戴きたい。映画「300」には負けるが、5 万対5千の闘いで5千がエゲツない勝ち方をする。
 戦いには匂いがある―と 「島津奔る」にある。
 物語のクライマックスは関ケ原の闘い。ここで島津軍は世紀の大撤退戦を行う。隆慶一郎の「一夢庵風流記」もそうだが、兎角負け戦描写が面白い作品にハズレはない。

昭和の風林史(昭和五八年七月二九日掲載分)

2019年08月20日

暴走前夜の無気味な小豆

相場のリズムもパターンも全然変わらない。小豆はこうして大相場の展開。

28日付毎日新聞“ワールド25時”で中国各地の異常気象・洪水被害が紹介されていた。

それによると六月下旬から七月中旬にかけてかなり広範囲の地域で豪雨による洪水被害が出ているようだ。

古来、中国では水を治めることは国を政めるといわれる。農作物の被害は10億人民死活の問題である。

小豆は納会をみて様相が急変している。

オヤオヤこれはいけないとばかり現物に買い気が殺到していた。

月末にかけて一呼吸いれるかと思ったが、もう押し目は十分すぎる程入れましたと相場の表情。

弱気でも三万六千円近辺まで舞い上がるのは仕方がないと覚悟しているようだ。

それさえ凌げば、予備枠をひっぱり出せるという計算がある。

しかし五千円抜けからの火柱高は資金的に耐えられても、精神的に参ってしまうだろう。

昭和最悪の凶作というのに三万三千円を叩くという考え方が判らなかったが、これからその答が出てくるだろう。

いまのところ全道収穫40万俵。そのうち二等検12万俵。作柄三分作とみればよいだろう。八月に入って花のつかない畑をみて愕然とした時はもう遅い。

問題は、どのあたりから作柄と相場が分離しだすかである。

三万六千円→八千円の圏内で市場騒然としてからでなかろうか。

踏み終わるまでどうにもならないのが相場である。

それにしても買い仕手のいない珍しい相場だから寿命が長い。

売り方は相場が見えないのではない。見ようとしないだけだ。多分に心の曇りである。

高値は利食いして押したらまた買う相場。

●編集部註
 先日、痛烈に自身のラジオ番組でNHKを批判していた久米宏が、NHKの朝の番組に出演した事が軽く話題になった。何故NHKが駄目なのかを、NHKの生番組で理路整然と語る姿は、ぶっ潰すと息巻くものの、内実は金目当て以外の何物でもない下品な参議院議員の姿とは決定的に違う。
 思えば久米宏のNHK弄りはこの頃横山やすしとやっていた「久米宏のTVスクランブル」が嚆矢であった。後々ここでの実験が「ニュースステーション」に繋がる。
 この番組で、人民服を来て年季の入った自転車で通勤する北京の市井の人々がよく採り上げられていた印象が筆者にはあるが、この頃の中国像を今も引き摺る御仁が意外に少なくないという事に慄然とする時がある。

昭和の風林史(昭和五八年七月二八日掲載分)

2019年08月19日

納会が物語る八月の小豆

表面静かな小豆納会だったが売り方は震撼とした。八月は舞い上がるだろう。

煎れを取る人もない。おだやかな小豆の納会だった。

強引なことをするとあとの反動がきついから、まあこんなことでよいのだろう。

業界の人気は皆弱い。

そんなに弱気してよいのか?と心配になる。産地は土用三日過ぎれば秋風吹く。

花もつけないうちから秋の風では、仮りに四万五千㌶の作付けがあったとしても収穫絶望的。

収穫絶望なら次期枠拡大して早期発券だろうから強気するところなし―というのが売り方の論法だ。

それもよし。だが、中国といい、台湾といい相手があることだ。向こうだって北海道の大冷害を知っているから足もとを見る。

七月納会で実のところ売り方震撼とした。

八月、九月と先を思えばそら恐しい。

現物が、三万九千五百円(大納言)しているのに定期で(大納言二千円格差をつけて)三万六千九百円で買えるのだから、こんな判りやすい算術はない。

売り方は俵が読まれて今後のオペレーションが苦しくなる。

八月相場は、ちょっとした物音で暴走するだろう。今は、高くなると買い方が利食いする。高くなる場面では売り方手が出ず沈黙する。

商いが薄いときに弱気のテクニカルな売りもので、いかにも弱い相場に見えるが、基調を崩すほどのものでない。

そうこうしているうちに期近二本は三角保合(ペナント)放れを起こす。

今までは新値利食いの押し目買いだったが、新値、新値S高S高ときたときに抑えようがない。

とことん煎れ尽くす迄暴走した牛は走り続ける。

先二本の三万六千円→八千円は一週間と手間ひまかからないコースなのだから無気味である。

●編集部註
 今はサーキットブレーカーが発動されるのでそんな事はないが、昔はストップで張り付くとテコでも動かず閉口した事があった。筆者も白金相場で煮え湯を飲まされた。
 比較的商いが薄い相場がストップで張り付くという事象程怖いものはない。薄い相場は板寄せで文字通り商いを〝寄せ〟れば良いのである。先物市場は投機の現場であると同時に、価格の平準化機能を担う値決めの「いちば」であるという事を運営する側が忘れているのか、そもそも理解していないと感じてしまう事がこれまで多々あった。
 本来、お客さんが来てくれてこその「いちば」である。顧客ファーストであるべきなのに…。

昭和の風林史(昭和五八年七月二六日掲載分)

2019年08月09日

実に不思議な相場である

月末にかけて押してくれたら、その押し目の小豆は絶好の買い場になるだろう。

小豆相場は新値は利食いして、押したところをまた拾うという繰り返しが判りやすい。

天井の事は今の段階で考える必要はなかろう。

千円下げても千五百円下げても、それは押し目だ。

押してくると弱気が元気を取り戻して安いところを叩きにくるが、その売り玉がすぐに捕まる。

弱気は八千円騰げた相場を一万丁損している勘定だ。叩いては踏み、叩いては煎れるからそうなる。

強気は八千丁騰げの五千丁を取っておればまずよいところ。

弱気はここまでくるともう転換できない。行くところまで行く覚悟である。

それは役所の行政に期待するからである。自由化問題。予備枠や下期枠などを考え、そしていま踏むと幾らの損になるかを考えると、心身金縛りになる。

行政は確かに今後の相場の最大ポイントであるが、相場界では『行政は信ずべし、されど信ずるべからず』という格言がある。

行政が動いた頃には、ハトもカラスも飛んだあと。

そして、この相場の暴落一万丁を取りきるのは決して現在弱気している人達でなく、強気している人達がどこで天井するか判らないが、大下げ相場を取るのである。曲がり屋というものは天井を見つけた頃には買っており―となるものだ。

いずれにしろ今は中段のモミで、これをふっ切って行くのが八月早い。

過去のどの相場を見てもここまできたら、かなりの強人気になっている。

それが今回まったくない。

また買い仕手不在だし、取引所も騒いでいない。だから寿命が長い。

ともかく足かけ三年、丸二年下げた相場が二カ月そこらで天井は打たない。

月末にかけての調整(押し目)は買って十分八月相場に間に合う。

●編集部註
 このような相場展開を東京金相場で筆者は目撃した事がある。
 あれよあれよと下げ続け、1000円割れ、900円割れと来て、1999年9月16日、836円で〝コツン〟と音がした後、14営業日で110 1円まで上昇した。
 何故覚えているか。この日営業マンだった筆者は、新規契約を獲ったからである。840円で金先限を200枚買い。
 実は、その後の事をあまり覚えていない。その翌日、日頃の不摂生が祟って倒れ、即入院となったのだ。つくづく人は健康が第一と思い知らされた。

昭和の風林史(昭和五八年七月二五日掲載分)

2019年08月08日

噴値は利食い押し目買う

噴値は利食い。押したらまた買う。小豆は弱気が多いから寿命が長くなるばかり。

小豆は、お手々が合わないと、とめどなくチャブつく。

三晶売りで冷水をかけられ相場は押し目をつくり、また気迷いを深めた。

三晶売りによる押し目は“燃え草”になろう。

冷害年の高値にきての同筋の売りは、たいがい大幅に引かされる実績があるし、過去では近藤紡の大量売りがそれ(燃え草)だった。

きょう25日は大阪では天満の天神祭。昔は天神天井・天神底という言葉があった。

七月小豆相場は、ひとまずこのあたりでお昼にしようかというところか。

要は八月に入ってからの決戦である。

冷害凶作を完全に織り込むところまで行っていない。パーッと燃えきれば早いのだが、くすぶっている。そのくすぶりは、予備枠や次期早期大型枠など外貨割り当て作業に絡む行政の顔色うかがいからくる。

それだけに市場はナーバスだ。

しかし、相場の流れとしては三万六千円→八千円という売り方総懺悔の場面がなければ終止符を打たない。

相場が相場をこわす、いわゆる相場の自壊作用は今のように圧倒的売り人気の段階では、絶対にあり得ない。

下げるのは、あくまでも押しである。

売り方が玄人筋や大手筋だけに、この相場は非常にねばりがある。強力な買い仕手介在ならば、とうの昔に舞い上がって、今頃は相場が相場をこわすところにきているだろう。

月末にかけての一呼吸は再び八月新甫からの劇的相場展開のスプリング役になる。相場の基調未だなんら変わるところなし。

●編集部註
 ここで登場する「三晶」は三晶実業の事である。
 日本橋の一等地、日本橋高島屋の斜向かいに今も立派な自社ビルを構える豆のプロ集団だ。
 彼らが売ってくるというのは投機的な側面もあるのだが現物を扱う故に、少々一般投資家とは目的が違う。渡し物を保有しているというのがでかい。本来、先物取引価格の存在意義は価格の平準化であり、その手段としての投機なので、現物を持っている人間がこのマーケットでは一番強い。勝っても負けても、現物を受けたり渡したりすれば次のラウンドに参加出来る。
 今よりはるかに金の価格が安かった時代、金の先物を現受けするつもりで買う事を勧めていた。所有玉を全て受けろというのではない十枚買ったら一枚受ければ良い。
 あの頃、金は1㌘=2,000円以下だった。この時のお客さんを会社が大事にしていれば…。

昭和の風林史(昭和五八年七月二三日掲載分)

2019年08月07日

売るから高くなるばかり

役所のヘッジ督促もヘッジ尽くせばそれ以上は売れない。また採算もあろうし。

農水省が売り仕手だから、この小豆ぶっ叩けと売り大手は役所の発言を錦の御旗のようにいう。

定期の安値を売ったホクレンが、農水省に泣きついている―と巷間噂される。

売り方は先日の安値で売り玉をふやした。

売り崩しに行った玉が捕まったわけだ。

役所が売り方に味方するような発言をしたのかどうか判らないが、かなり売り方が熱くなっているのは確かだ。

相場は熱くなったほうが負けである。

売り方の踏み。買い方の利食い。淡々とした場面。

土用に入って産地の天候は回復の兆しがない。

完全な土用潰れである。

新穀(11・12限)が伸びる割りに古品限月の伸びがぬるいが、これはあとからまた見直される。

当面の天王山は納会である。値が出れば洗いざらいの現物をぶつけてくるだろうし、安ければ親引けは見えている。

とにかく売り方の持っている現物は虎の子である。

ピンで50万円以上も打たれている全軍を救出するために虎の子師団を最も効果の挙がるところに投入するのは戦略兵法として当然だ。

それによって流れが変わるだろうか。

売り方は、兵力の逐次投入という最も悪い戦術を繰り返してきた。

いずれは総懺悔の時がこよう。

買い方は高いところは利を入れている。そのたびに力がつく。

押してくると買う。やはりこの相場のストーリーを知っているから迷いがない。

全般の空気としては、弱気にあきらめムードがただよってきた。

ただ、七千丁も八千丁も引かされた玉を踏むのは確かに苦痛だ。しかしいっておれない時がくる。

●編集部註
 登場人物は違えど、小説「赤いダイヤ」のシチューエーションと非常によく似ている。偉い人に泣きつくと何とかなる環境を持っているとはつくづくうらやましいいものである。
 商品相場の健全にして残酷なところは、大半の銘柄に期限があるというところであろう。どこかで差金決済しければならないのだ。
 相場に曲がったらと言って何とかしろと泣きつくような甘ったれに未来はない。大抵どうにもならないばかりか更に悲惨な状態になるのは相場の常。素直に謝って損切りするしか他に道はない。
 得てして世間一般で〝偉い〟とされる人たちは謝るのが下手である。それを最近、我々は目撃した。

昭和の風林史(昭和五八年七月二二日掲載分)

2019年08月06日

シカゴから援軍のラッパ

運に見放されたらお粥をすすっても歯が欠ける。よくよく売り方に運がないのだ。

小豆の売り方に運がない。

売り連合が結集して期近からぶっ叩こうという機運が高まろうとしていた矢先にシカゴから援軍騎兵隊のラッパ。

シカゴ大豆のS高は穀取輸大のS高。

穀取輸大の大量売り方は隣の小豆の売り大手。

一波は万波、連鎖する。

自己玉ポジションも楽でない。この先シカゴが煽られて八㌦相場出現となれば、穀取輸大は地鳴りして連日大出来高。

小豆のほうは土用に入ってこの天気では、完全に土用潰れで、しかも秋冷駈け足でくる。

11限のだんごになって揉み込んだカタマリを抜けて四千円カイのS高は、罫線としては五千五百円抜けを取る姿であり勢いだ。

要するに買い方不在の相場でも、売り込み過ぎると相場は人為の及ばざるものとなる。

前から言っているが今回の小豆暴騰劇は売り屋がつくっているもので、こんな相場見たことない。

大凶作というのに三万二千円を叩こうというのだから、どう考えても判らなかった。しかし相場が明解に答を出している。

定期と現物値段がかけ離れている以上、定期に渡す現物は採算無視の、いわゆる“現物による煎れ”である。買い屋に骨のある受け手がいないから当限を潰せば地合いが変わろうという肉を斬らせて骨を断つという作戦も成り立つが、あくまでもテクニカルなもので、小豆のファンダメンタルズからいえば、安ければ売り方の親引け見えている。ホクレンにしても同じ。

11限、12限までこれから一体なにを渡すのかと言いたいが、弱気は逆に、誰が受けるのかというわけだ。しかし大衆のピン受け作戦拡大すれば蟻が象を倒すこともできる。大衆とていつまでも愚ではない。

●編集部註
 先般、「蟻の一穴」という言葉を使った。蟻が空けた穴が崩落の原因につながるという意味だが、今回の本文では蟻が象を倒す話が登場。因みに、インドネシアのじゃんけんは人と象と蟻である。
 実際、この時の相場は「蟻の一穴」が現実のものになったが、今現在は同じように盤石の体制が脆くも崩壊するかも知れない場面を芸能界のあらゆる場面で目の当たりにしているような気がする。
 先日、京都で起こった放火事件もこの類であったかも知れない。アニメに関する知識に疎い自分でさえもよく知っている会社だ。まさかガソリン抱えて来社するとは夢にも思わなかったろう。

昭和の風林史(昭和五八年七月二一日掲載分)

2019年08月05日

今年の秋はとりわけ早い

土用過ぎれば秋風吹くという。今年の秋はとりわけ早いようだ。小豆まだ五合目。

『土用の入り六日の内に丑(うし)の日あれば秋風早く立つ故、作悪しきなり』(本間宗久伝)。

今年は五日目(24日)が土用の丑。

『(土用に)入る日より五日目雨降れば見た目よくとも取り実不足なり。三日目雨あるを土用三郎という。この年(相場)高下著じるし』(同)。

20日が土用の入り。帯広週間天気予報では21日と24日雨。気温23日までやや低め―とある。

小豆の弱気は中間地帯の反収120㎏(二俵)をいうが、とてもそんな数字は出ない。一枚か二枚、ほかとは違って非常によい畑もあるが、去年だって反収六俵という場所があったのだから、中間地帯で70㎏収穫の畑が今年一枚や二枚あってもおかしくない。

問題は二等検が幾ら穫れるかである。

北海道全収穫50万俵と見て二等検三割なら(頭が)15万俵しかないわけだ。

昭和39年は反収48㎏だった。31年56㎏。29年が50㎏。(大正二年26㎏)。

農家の話では39年より悪いという。

昭和39年の相場は七月1日・六九九〇円。そして八月八千円。九月九千円。十月19日一〇五九〇円と大暴騰した。結局この相場は、次の年の四月一二五五〇円で上値制限。あと立会停止になるのだ。

さてホクレンなどの売り崩し作戦が失敗して、これが四千円カイ?(先限)とくれば、修羅八荒の生き地獄になる。だから売り方も息を殺している。

いずれは四千円カイ、五千円吹き抜けの場面がくるのだが、相場はタイミング。時間がくれば勝手に走りだすものだ。

そして本当に怖いのは来月に入ってからの四万円に向かって暴走する場面である。その時は大幅臨増しという規制が初めて出る。

●編集部註
 何事も、お天道さまにはかなわない。
 奇しくもこの頃の悪天候と今現在の悪天候が重なっている。米国では洪水等で作付けが遅れ、それが原因でシカゴ相場が高騰している。
 折しもこの頃、山陰地方では集中豪雨が発生。119人の死者を出した。 50%を割り込んだ稀に見る低投票率を叩き出した参議院選挙があった頃、九州福岡は筑後地方で集中豪雨が発生。一部地域では一時間で110ミリ、24時間で335ミリ降ったのだという。これは、平年の1カ月分を上回る雨量だとか。
 作物被害やら何やらでとても投票どころではなかった事だろう。

昭和の風林史(昭和五八年七月十九日掲載分)

2019年08月02日

中段のモミを上放れよう

ホクレンや農協は農家の味方と思っていたが、相場に曲がると生産者を裏切るようだ。

小豆相場は一呼吸入れて再び奔騰態勢である。

作付け面積が大幅にふえていた(四万三千㌶)という農協筋の風説に力を得て売り方が相場をぶっ叩いたが、大冷害時に作付け面積の(相場における)ウエイトは低い。

要するにホクレン等が安値で売り玉が捕まったままで、これを救出したいのである。

だから期近を叩いたりして相場を潰しにかかる。

また、農家の手持ち(約二十万俵)を早く売らせようとする。

しかし作柄の悪さは農家が身をもって知っているし、来年と再来年の種子を確保しなければならず、少なくとも10万俵は保存されるだろう。

ホクレンや農協は農家の味方と思っていたが、定期相場のポジションが大曲がりすると、安値の売り玉可愛いくて、生産者をも裏切る行為に出る。

ホクレンは期近を叩いて相場が崩れた時点で売り玉手仕舞うべきを、相場観の違いか、更に売り追撃に出るなど、ますます窮地にのめり込んでいる。

また、市場の大手売り方(玄人筋)も相場を潰して安値売り玉を救出したいし、ドテン買いに回る場所を求めている。

しかしこの相場は潰れない。なによりも現物価格がそれを物語っている。

弱気は次期枠の早期超大型発券を騒ぐが、今の値段では役所もあわてようがないし、九月彼岸頃の作柄発表を見てからの作業である。

ともかく売り方は政治的、心理的、物理的に相場を崩したい一心だが、ことごとくそれらの行為が買い方に味方するように動いていくのが皮肉である。

相場は売るから高いし、人為の及ぶところにあらずである。

このような流れを見ていると11限あたり(あるいは12限も)三万四千円カイとくる日が近いように思える。そして五千円抜けは約束されているのでないか。

いうなれば申し分ない中段のモミを終わって再上昇段階の小豆相場である。

●編集部註
 官製相場のあるある、とでも言おうか。〝定期相場のポジションが大曲がりすると、安値の売り玉可愛いくて、生産者をも裏切る行為に出る〟という記述に成程と膝を打つ。
 勝手な妄想だが、ジョージ・ソロスと対峙していたイングランド銀行の現場責任者もこんな感じだったのではないか。
 官製相場に逆らうなと言われる反面、蟻の一穴という言葉もある訳で…。