昭和の風林史(昭和五七年十二月十日掲載分)

2019年01月18日

玉整理済めば輸大急反騰

白昼の虐殺場面だが玉整理が進めばこの輸入大豆は手の平を返したように買われる。

横神両生糸取引所の今回の取引員処分は釈然としないものを残した。

役所側は国会対策として穀取関係、砂糖取関係すべて申し開きができるよう、火のついたようにせきたてた。取引所の自主性よりも行政側の手落ちを糊塗するためのものである。

流れとしてはT社関係玉の総排除機運で、もとよりこれは役所→取引所の圧力である。

これによってT社の輸入大豆買い玉がどうなるのか。10月末→11月上旬の高値水準で買っただけに追証に攻められ一部これを投げていたようだが、取引員の自己玉がT社買いに向かっている分も多く、T社の投げ即ち自己玉の利食いという格好になり出来高が弾んだ。

T社買い玉は全部清算されるのか、それとも残せるものは残しておくのか。

新規受託のドアは固く閉ざされ建玉のオペレーションは不可能になる。

要するに受けるだけ受け、取り組むだけ取り組ませておいて手足をしばり、棍棒で殴りつけるようなものだ。

商取業界における白昼の虐殺とでもいおうか。

ところで相場のほうだが、一巡玉整理(買い玉投げさせる)が済み、誰も彼も人気が弱く売り込んでしまうと、手の平を返したような様変わりの場面を迎えるだろう。

この相場は大相場の土台づくりのようなものと思う。

値頃観でいうわけではないが、四月10日五千十円高値(東京先限)から千二百二十円下げ。先限としては53年12月25日三千六百円以来の安値である。

このような相場を売ってなんとするのだろうか。

T社問題の片がつけば、大反騰に転ずると思う。

小豆相場は強気したままでよい。7日に立てた強力陽線が支配している。

いまここはグズグズ弱気がふえたほうがよい。

●編集部註
 浅田次郎は小説家であると同時に、競馬に関するエッセイが面白い事で知られている。そこで繰り広げられる勝負論は、競馬だけでなく全ての勝負事に通じる。無論、商品相場にも応用が利く。
 浅田は自分が勝負師として〝燻っている〟か否かに敏感になるという。自分が燻っていた場合、何をやっても絶対に勝てないとまで言い切る。また周囲に燻っている人間がいないかどうかにも気を配る。得てして燻りは感染するのだとか。燻った人間に近付かないのも勝負のうちだという。
 ここで登場するT社の玉は、言ってみれば燻りの集合体と言えるだろう。 なまじポジションが大きく、提灯もついていたと思われ、本尊の燻りが二次感染、三次感染したのだとも言えよう。

昭和の風林史(昭和五七年十二月九日掲載分)

2019年01月17日

輸大ピンで50万円取れる

輸入大豆の師走底を買えばピンで50万円取れるだろう。輸大買いが本命中の本命。

農産物6品目の輸入枠拡大は、本来なら小豆相場、夜放れS安である。

しかし相場水準が下げ続けたあとの底値圏だけに、悪材出尽くしと受けとる見方が支配する。

輸入枠拡大→相場下落→83年産北海小豆の作付け大幅減反→(減反の年は凶作になりやすいから)天候不順→相場高騰というサイクルも考えられる。

あと残っている軟材料は実収高発表で、これが百二十万俵説もあるが、これとて知ったらしまい。

過去、不景気の年は年末底が多い。小豆も輸大も生糸も乾繭も、底を打った感じである。

市場人気は一発で強気がふえた。これは余り面白くない。

が、6品目の枠拡大ということで相場が伸び悩めば、戻り売り人気にまたなるかもしれない。

そのほうが強弱に起伏があってよいだろう。

来春は二万七千五百円の一割高が目標になる。春高相場は、だいたいそうしたものである。

目先的にはどうか。安いところを買う。これは底の入った相場は、いかなることがあっても運鈍根の買いひと筋であるからだ。

輸入大豆のほうも年末底である。52年は12月6日底。53年12月25日底。55年1月9日底。56年12月18日―。これは輸大の相場癖である。

目下のところT社玉絡みで内部要因も、また外部要因も不透明であるが、T社玉が投げてきても懐で食い合っているからS安一発分瞬間安で終わるだろう。

T社が投げるか投げんかは判らない。

人気面は弱気支配である。中豆圧迫が盛んにいわれるが三千七百円→六百円などという値段は、どんな無理しても買い場だ。この買いは来春ピンで50万円取れる玉になる。

●編集部註
 大納会の手前あたりから大発会にかけては往々にして相場の端境期となりやすい。それは多分に日本の市場と米国市場との時間差から来る所もあるのだが、突飛な値をつける事も少なくない。
 平穏な大納会を迎えた相場が、大発会でストップ安で始まり、新年早々お客様のお家に追証を貰いに伺った経験がある。
 故になかなか勝負の踏ん切りがつかない。そして、動けない相場は良く動くものなのである。
 所詮は運だが、萩本欽一によると運には「運がある」「運になる」「運が来る」の3種類あるのだとか。生まれついた運は別にして、日ごろの所業が己が運を育てるという。

昭和の風林史(昭和五七年十二月八日掲載分)

2019年01月16日

輸入大豆の買い場考える

輸入大豆は年末に大底を打つ相場癖がある。三千七百円、六百円は素一の買い場。

輸入大豆の先のほうの限月で三千六百円あたりがあれば、絶好の買い場になるだろう。

輸大の相場癖は年末底になりやすい。

人気面からいうと、もっともっと、まっ暗闇の弱人気になれば判りやすい。

おそらくT社の買い玉は投げるだろうとか、中国大豆の入荷が増大する。物の売れ行きが悪い等々、悲観材料に事欠かず、それを声高に唱えられるわけだ。

もっともT社大量の買い玉が投げに入れば、もう少し安いかもしれないが、多分その時は瞬間的な下げに終わるだろう。

三千六百円あたりなら強気したいというのは、中国大豆の圧迫を過大視しているふしがある。

IOM離れというが、中豆20万㌧では、日本の食品大豆の需要は賄いきれない。

シカゴと逆ザヤで商社がIOMの手当てをおこたれば、もし仮りに南半球(ブラジル)の作柄にキズがついたり、シカゴ相場が底入れ観で大直り6㌦台に買われたら、これは穀取輸大相場は大暴騰だ。

そういう時は円相場が買われるだけ買われたあとの反動で崩れてきたりするものである。

相場は人気と日柄である。もちろん需給にまさる強弱なしだが、需給は気をつけていたら誰でも判るが、日柄と人気は、知らず知らず〔買いつき型〕か〔売り込み型〕になるものだ。

いまの場合、見渡せば野も山も弱気ばかりとまではいかないが、これとて時間をかければ安値おぼえになるものだ。

先のほうの三千六百円台があるかどうかは判らんし、もしあって、それを買ってすぐ儲かるかどうかも判らんが、なあに来年二月、三月頃まで待てばという考えなら、案外年内利食いできたりするのが相場の皮肉性である。

●編集部註
 〝野も山も弱気〟となれば、慄きつつも目をつぶって買わなければならないのが相場師としての矜持であるといえよう。ただこの時、そこまでには至っていないと分析している。
 ここ最近の日米株式の一般紙での弱気な論調が存外〝野も山も弱気〟の状態に近いかも知れない。テクニカルやサイクルを中心に相場を見ていると、今回の下げは日柄的にも値幅的にも、そして星の動きからも、起こるべくして起こった下げである。 「大衆は全て間違っている」という一見高踏的な相場格言は実の所そんなに間違っていない。存外、こおいう時に仕込んでおくと騰がるのが相場だ。

昭和の風林史(昭和五七年十二月七日掲載分)

2019年01月15日

一筆啓上小豆買い場待ち

小豆の六千円台がもし買えたら当たりクジである。人気が弱くなるほど先が楽しみ。

小豆に対する人気が、玄人筋ほど弱い。

二万九千五、七百円のあたりでカンカンの強気だった人達が掴まって辛抱している組と、投げてドテン売りに転換した組とがある。

二万七千円台を弱気する以上は少なくとも千丁下を考えての事であろう。

そのような値段があるかないかは判らない。

あっても自然だし、なくても自然である。

だから、あればあったでよしとする構え。なければないで、これまたよしとする陣構えでよいと思う。

相場というものは、迷いだしたらきりがない。

ああでもない、こうでもないと深い迷いの淵に沈む。

このような時のことを『秘伝気を転ずべし』と本間宗久は記した。

普通小豆相場のパターンは夏天井→秋底である。

今年はこのパターンが崩れている。やはり七月の解け合いが今もって災いしている。それと戦後最悪の不況も影響している。

秋底がズレ込んで波動論でいえば師走底なのか、明けて大寒あたりになるのか、今のところ、それは未開の波動である。

先週金曜日は久々の東西一万枚を越える出来高だった。か なり灰汁は抜けているのだが、なにせ打たれているのが玄人だから、ねばり腰がある。

これで先物七千二百円あたり以下に転げ落ちる下げが、もう一発くれば筆者のトレンドは申し分ない買い場になるわけだが、そのような下げは、いかな玄人といえど失神相場だ。

そのような時がきたら、これはもう大地を打つ槌(つち)は、はずれようとこの買いは金の延べ棒。絶対のチャンスである。

それまで“待つは仁”。弱気の嵩が一刻一刻とふえていくのを、ゆとりをもってみていること。だいたいそれでよいと思う。

●編集部註
 「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」
 日本語で書かれた最も短い手紙と知られるこの文章は、本多重次が長篠の戦いの陣中でしたためたものとして知られる。
 常在戦場という言葉があるが、相場もまた戦場の一つである。そういった意味でもこのタイミングで〝一筆啓上〟と始まるところに、今回の文章の深みがある。
 余談だがこの猛将本多〝鬼作左〟重次、徳川水軍の主力にと武田の旧臣、向井正綱をスカウトした人物でもある。その件は、隆慶一郎の未完の小説「見知らぬ海へ」の中で詳しく書かれている。

昭和の風林史(昭和五七年十二月六日掲載分)

2019年01月11日

01.11(日刊版12月25日付)

小豆いよいよ買い場接近

小豆の七千二、三百円以下あれば絶好の買い場になる。安値叩くと摑まる相場だ。

T社の生糸売り受託店の処分(八日横神両取理事会)が六社・八社と具体的社名が流れ喧々ごうごう。

処分の線引きをどのようにしたのか。この店が入って、なぜあの店はまぬがれたのか―。

また、T社生糸売りの玉を抜け解け合いでほどいたのは役所→生糸取引所の切なる懇願によるもので、あの場合はああするしかなかったという解釈。だから処分の対象にしないという条件もついたようだ。

もしこの処分が決定すればさまざまな問題が発生しよう。

その一ツに輸入大豆のT社玉受託はどうなるのか。

この場合、四十数社が営業停止処分となれば、前代未聞。協会、取引所の役員、理事に残る人がいなくなる。

T社問題は相場強弱にも絡んでくる。

そしてこれがまた取引員経営上の種々問題に波及する。そんなこんなで今年は年の瀬ぎりぎりまで、なにが起こるか判らない。

小豆は、七千円割れがあればなお結構の段取りで安場を買いはじめてもよいと思う。在庫増、実収高発表、輸入枠問題等の悪材料に対しての免疫ができてくるところだ。

ここで一気に叩かれると、九千七、八百円あたりを摑んだ因果玉が投げてくる。この投げが出たら灰汁抜けできる。

辛抱できる人は頑張ってナンピンかけるべきだ。

トレンドからいうと、七千二百円以下成り行き買いになるし、日柄も12月10日~15日あたり急所。

輸入大豆はT社がらみと取引所の出方。それによって玉次第というところ。

今週は処分問題にからんで騒然となる週だ。

●編集部註
 ほんの十数年前まで、各社の手口は公開されていた。しかも今と違って、ここで登場する大豆や小豆相場はザラ場ではなく板寄せである。前場の何節で、何処の会社が何枚の注文を出したかが判るようになっており、翌日にはその一覧が各社に届く。そのため、T社がどんな取引をしていたかは、白日の下に晒される。
 前日の記事で、T社の取引をインパール作戦になぞらえていたが、戦中派にしてミリタリー関連にも造詣が深い風林火山がこの作戦を引き合いに出したという点に意味がある。
 恐らく、過去の経験則から壮大な負け戦の匂いを感じ取ったのではないか。もしこのT社が、数年後に社会問題化するあの会社であったのなら、負け戦どころか、殺人事件が起きている。

昭和の風林史(昭和五七年十二月三日掲載分)

2019年01月10日

ガリバー的T社輸大買い

非常に危険な輸大市場である。相場強弱だけでなく業界存続の問題を含んだ危機だ。

輸入大豆市場が緊張している。

例のT社買いが継続され、一説には三万枚近い買い玉が、はまっているという。

三市場15万枚の取り組み(片建三万枚弱)のうち、これだけの買い玉が一本の筋となると、市場規模の大きい輸大市場であっても、影響は大きい。

伝え聞くところT社N社長は、買い玉五万枚目標。相場六千円。百億、二百億は取れるだろう―とスケール大きい計画を語っているそうで、商取業界は、敵地だから、敵の陣の中で戦う以上は負けない―とも。

15軍牟田口将軍のインパール作戦はジンギスカンの『敵地に糧を求める』故事にならった作戦だったが大敗した。

T社は商取界のカードを読んでいる。

中国大豆の20万㌧入荷は一度に入るものでない。

シカゴ逆ザヤではIOMの輸入契約も進まず、まして商社の穀取離れは当分続くとすれば、六市場の受け渡し玉が枯れるし、輸入中国大豆は実需向けに確保される。

また、10月、11月納会受けた仕手筋の買い玉をタンクする資力のパイプが太ければ、大きな市場も小さな市場。定期は売り方の玉負けで煎れ続ける。

取り組みは太り大衆は値頃感で売る。

六千円相場も夢でない―と思うわけだ。

されど、T社の思惑が成功すれば取引員自己玉大量売りの現在、業界は資金を吸い上げられ立ち枯れる。逆に、ふくらませるだけふくらんだT社玉を相場暴落が襲った時は、六本木小豆の二の舞いになりかねない。違約店の三、四社はあるだろう。

このように危険をはらんだ今の輸大相場である。

業界は、この事についてまだ震撼していない。恐るべきはT社の存在だ。
●編集部註
 戦争で最も大事なのは、戦力ではなく兵站(ロジスティックス)である。
 腹が減っては戦は出来ぬ―という単純な話ではない。それはパゴニスという人が書いた「山・動く」という本を読むと判る。
湾岸戦争の時、砂漠の地
に何万もの兵隊を、その兵隊が使う武器や車両、更には物量にして億単位の食料をどうやって届け、撤退となった時にどのように米国に持ち帰ったかが書かれている。
 牟田口廉也は全く兵站を考えていなかった。現地で牛を調達し、荷物を運ばせて、その後に食料にするという作戦を立案するが日本の牛と扱いが違い。輸送手段にも食料にもならなかったという。

昭和の風林史(昭和五七年十二月二日掲載分)

2019年01月09日

小豆の買い場徐々接近中

小豆は大底を入れたがっている。買い場接近中だから、買い場をゆっくり狙うところ。

スーパージャスコ、ダイエーに納入している雑豆問屋筋は前年同期比黒豆五割減。小豆等四割減。金時三割減という落ち込みという。

暖冬と、柿、ミカンの安値などから和菓子類も売れ行き悪い。

お寺の坊さんが言うのに今年はほどまんべんなく、どの檀家をまわって聞くことも、先の見通しの立たない景気の悪さで、いままで経験したことがない―と。

小豆市場は、本来なら活発な思惑に出る穀取市場の侍たちが、買い玉高値に張りついて身動きつかない格好。

戦況を展開させるだけの兵力は尽き、気力また萎(な)えて、取り組み表の建玉数字が凍(い)て付いている。要するに強気筋は忍の一字である。

それらの玉が天運ここにきわまれりで投げたり切られたりするのが二万七千四、五百円。

しかし、そんな値があるかどうか。辛抱する木に花が咲くという。待てば海路の日和かな。失意の時すべからく泰然たれ。

筆者は二万七千円割れに崩れる相場があってほしいと思うが、ないように思う。あれば判りやすくなるが、これだけ人気がまっ暗闇の弱さでは、そんな下げは相場にできない。

思うのだが12月の15日前後が今年の大底でないか。そのあたり値段にかかわりなく強気してみたい。

それまでに下げて二万七千二、三百円があれば灰汁抜けとみるべきだ。

相場と悲観材料とは別々のものになる。分離するのだ。材料という材料は悪い悪いの総弱材料でも、相場は知ったらしまい。もっと先を予見して出直る。

そして日柄の薬がなによりの特効薬である。

だから相場は難かしい。難かしいから面白い。面白いから苦労する。

●編集部註
 現在ジャスコはイオンと名前を変え、地方の心臓部にがっちりと食い込み、その地方の商店街をシャッター通りにした挙句、最近は採算が取れないという理由で閉店するという問題が発生する。
 ダイエーに至っては、もう店自体がない。東京は碑文谷にあるダイエーは何かと政治的なデモンストレーションに使われた記憶がある。
 「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」という佐野眞一の本がある。現在、集英社で上下2冊に文庫化されている。
 そこにダイエー躍進のからくりが書かれている。それは、このスーパーが神戸で始まったという点と密接につながっている。

昭和の風林史(昭和五七年十二月一日掲載分)

2019年01月08日

悪材料徐々に織り込み中

本筋としては底入れ近し、大底待ちの小豆でなかろうか。玄人筋は総弱気傾向。

大阪小豆の自己玉売り買いグラフが七カ月ぶりにクロスして売り建てが買いを上まわった。この事は客筋が下げ波動もこのあたりとみて、ドテン買いにまわってきたことを物語る。

市場人気は玄人ほど弱くなった。輸入枠はでることは確かだ。現物は暖冬のせいもあって、さっぱり売れない。ホクレンあたり一体なぜ売れないのか?と不思議に思っているそうだ。

不景気だから売れないのである。

また主だった投機家はお金を失って仮需の手が出せない。

すべて理くつ通りである。

ならば収穫百二十万俵発表を先まわりして当面の戻りを売ればよいのか?

そこのところが難解だ。『底が入った』とみる人も多ければ、『底値百日七千円割れポトン』とみる人もふえた。

一ツの指標として三晶の買い玉が投げ終われば大底という見得(けんとく)もできるが、日柄で2月10日天井から10カ月の12月10日前後が本当の買い場になるような気がする。

三万六千二百円春天井から気分的に一万円下げということかもしれないが、こだわることはない。

今の玄人の人気だと二万四、五千円もあるような総悲観の現実だが、相場はその現実を徐々に織り込みつつある。

従って、目先千丁戻し(そんな戻りはないと誰もがいうが)を気分的にやって、もう一度売られ、さあこれから大崩れだという人気になったところが12月の10日前後になるのでなかろうか。

判りやすい買い場というものがあるとすれば先日の26日安値から下千丁の七千円割れあたりほしいが、そうはいかないのが相場である。目先戻り待ちの売りもよいが、本筋は大底待ち。

●編集部註
 行間から、市場の、投機家達の憤懣やる方ない感じがにじみ出ている。
 終わり良ければ総て良しというが、終わりが全然よろしくなければどうなってしまうのか。究極はあきらめの境地へと辿りつくのだろう。
 60年代や70年代ほどの勢いはないが、それでも80年代は今に比べると映画業界に勢いがあった。年末からお正月にかけて、大作や話題作、人気作が続々公開される時期だ。ETやランボーの第一作はこの頃公開されている。明けて新年になると「男はつらいよ」の新作が公開されるのも恒例だった。
 米国ではこの時期からアカデミー賞狙いの作品が次々と公開され始める。これは今も変わらない。

昭和の風林史(昭和五七年十一月三十日掲載分)

2018年12月28日

腕組んで小豆底入れ待つ

気を抜いたようなところだった。小豆の底入れを腕組みして待てばよいだろう。

納会済んで緊張がほぐれ、なんとなく空漠とした小豆、大豆の市場だった。

そして眼前に早や師走。

市場の多くの人は小豆で、輸大で、はたまた生糸で大きな傷を受けている。

そして今、大きな問題になっているT社の輸大市場における大量の買い建玉。

これがどうなるのか。業界空漠の中に、なんともいえない複雑性を持つ。

1日大砂協会大成閣、10日神糸取金龍閣、13日東ゴム・パレスホテル30周年記念。そして早手まわしに明けて一月20日大砂取新年祝賀パーティの御案内。

忘年会の席は、なんとなく華やかではあるが、お酒を飲んでも足もとを冷めたい風が吹き抜けるような、業界見通し暗い年のそれはかれこれ三、四年続いた。

司馬遼太郎は『人間吐く息、吸う息が細くなると気が萎(な)えてしまう』というが、確かに商取業界、昨今の息を殺して吐く息、吸う息の細さは、顔の色まで黒くしてしまう。

相場に打たれて苦境が続くと不思議に顔のツヤが消え、どす黒くなる。

あの色の白い美男の小川文夫氏にしても、伊藤忠雄氏にしても、近くは板崎、栗田の両氏にしても、逆境の心労は顔を黒くした。
いかな大相場師といえど気が萎えると光が失せる。業界人また心すべきことである。

相場のほうは小豆の底入れ待ちでよいと思う。

実勢悪には違いないが、実勢悪が相場に織り込まれた時が大底である。

それは人の気によって大底が入るといってもよい。

政策は、そのあたりから効力を発揮する。

その間の機微を教えたのが「孫子兵法」である。
利して誘い、乱して取り、実なら備え、強ければ避け、怒らして乱し、親しめば離し、その備えなきを攻む―。

●編集部註
 なにやら、自分に言い聞かせて、鼓舞している感が否めない。
 一様に相場師は孤独なものである。中にはご陽気で朗らか明るいタイプの相場師がいるじゃないかという人がいるかも知れない。それは違う。単に明るいキャラクターを演じているだけに過ぎぬ。
 経験則上、ニコニコ笑っている相場師ほど怖いものはない。
 艱難辛苦の苦境を何度も体験して、百戦錬磨の相場師は、功利主義的に笑顔という名の仮面を手に入れたのだと思う。

昭和の風林史(昭和五七年十一月二九日掲載分)

2018年12月27日

小豆は大底待ちの姿勢で

小豆は大底待ちの段階だと思う。実勢はまだ悪いが、人気が弱くなり過ぎている。

T社の輸入大豆買い玉が二万枚にもなろうかという増大ぶりである。

この買いっぷりが更にエスカレートして四万とか五万枚にもなれば、まずは第一巻の終りになろう。

しかし、ここで手を緩め、仮りに三千八百円以下という安値がでた時に、強烈ナンピン買いを入れれば、その時の事情にもよろうが内部要因面からだけでも千丁ほどふっ飛ぶ相場になるだろう。

歌手は一年、総理は二年。話題の相場師三年もたない。

これが世の常である。T社はこの春にゴムと砂糖と生糸で敗れたが、小豆と生糸の売りで大勝した。

そして今は輸大の大量買い建が注目されている。

中豆市場になれば三千六百円もあると弱気は言うが、そのような値があれば絶好の買い場になろう。

小豆相場は、まだまだこれから(安い)というが、どうだろう。

実勢は確かに悪いが、因果玉の投げもみられた。

また日柄といい、値幅といい、底値に接近していることは確かである。

二万七千円割れが、あるかもしれないが、ないかもしれない。

このような時は、あれば大底、だから買う―という待ちの姿勢がよいと思う。

戻りはどうか、人気が弱い証拠に、戻り売りを言う人がふえた。

もう一ツ怖いのは政策がモノをいう段階にくることだ。それは日柄であり、軽視した人気であり、そして抵抗の出る値頃である。

●編集部註
 夜明け前が一番暗い―よく使われる言葉である。
 その反面、この言葉が出て来る時はまだ〝一番〟暗い部分には至ってはいないとも言える。その点、「もう」は「まだ」なりに通じる所がある。
 1996年12月、当時のFRB議長は「根拠なき熱狂が資産価値を不当につり上げている時期を一体どうやって判断すればいいのか?」と発言。当時の株価上昇をけん制した。しかし、ダウ平均は翌年も上がり続け、1 998年に一度急落したものの再度反発。最終的に高値から下降局面に入ったのは2000年1月からであった。
 古今東西、分野、銘柄を問わず、この手の事例は枚挙に暇がない。そしてこの時の小豆相場がそうであった。
 歴史は繰り返される。存外、現在の株式市場はあの〝根拠なき熱狂〟という言葉が出て来たからしばらく経った時に何となく似ている。「まだ」が囁かれだしたら、そこは既に「もう」なのだろう。