昭和の風林史(昭和五八年二月一日掲載分)

2019年02月15日

小豆は売りのままでよい

小豆は総強気・マバラ大衆売り上がり。相場は買うほどに反動安がきつくなろう。

値段を上げた割りに小豆の出来高が大きくならない。

また取り組みも増大しない。

これは限られた資金しか小豆市場に参加していないからで、パワーというものが感じられない事と、ボリウムの威圧がない。

電力でもそうだが、電圧(ボルト)メーターばかり高くても電流(アンペア)メーターが上がらなければ動力にならない。

この逆の、電流ばかり上がっても電圧が低くては機械は作動しない。

今の大豆はボルト・メーターばかり上がっている格好。反して小豆はアンペアメーターのみ上がる。

小豆は先限サヤを買って生まれて、八千五百円の七月限を期待している人が多い。否、強気になりきった人は、九千円台→三万円を夢見る。

主催・ホクレン。協援・農水省。協賛・高値?みグループ。しかし動員される観衆はマバラ。

そのような姿の小豆だ。

入りが悪いなあーと企画者は首をかしげる。

もう一段高に上げようと思えば上がるだろうが、息切れしそうな相場を無理押しすると反動がくる。

もう一ツ。これは天の理というか人の道というか、去年、場を止めて、あれだけ大きな迷惑を業界にもたらせた人が、一年まだ喪も明けぬうちから、やたら表面に出てきては、商売の道、相場の道。そんなものでない。謹慎中の身が、相場で大儲けできたら、この世は闇だ。そんな資力があるなら業界に返せの声高い。

輸入大豆は、東京七百七十。大阪八百円。これを先限引き継ぎで買うわけだが、売り方だってマンホールのフタがふっ飛ぶようなガス充満を警戒している。
ボリウムガ日増しに増大しているのだから、マッチ一本大爆発。それが怖いのである。

●編集部註
 言わずもがな、風林火山はこの時、大阪の中心部、キタとミナミの本当に真ん中付近にある事務所で原稿を書いている。
 マッチ一本で大火事に至る実例を10年前に間近に見ているはずだ。
 それは相場の比喩表現ではなく本物の大火事、千日前デパートの火災がそれである。むしろ、この火災があったからこそ相場の比喩表現に火事を用いたとも言える。
 煙草に火をつけた後のマッチを一本、ポイと捨てて死者118名である。
 そういえば、82年のホテルニュージャパンの火災も宿泊客の煙草の不始末が原因であった。

昭和の風林史(昭和五八年一月三一日掲載分)

2019年02月14日

小豆の売りは踏む事勿れ

小豆は気の抜けたような崩れがくるだろう。大豆は安値陽線三本強力上昇暗示。

小豆は総強気になった。なかでも玄人中の玄人が強い。

売ってくるのはマバラ大衆である。

玄人筋は八千五百円ないし九千円をみている。

ホクレン陽動相場だ。

農水省支援相場でもある。

それで果たして相場が思うように高くなるだろうか。

三晶が買っているという事も、心理的に買い方を心丈夫にしているが、三晶が売ろうと買おうと気にする事はない。

小豆の線型はほれぼれする買い線に違いない。

ゆくゆくは三万円という声になるのも当然だ。

しかし出来高と取り組みがそこまで支援するだろうか。

小豆はたしかに腐ってもタイであるけれども、今の相場の主流は輸入大豆である。

売りあき気分と底入れ人気、そしてなんとなく希望の持てそうなムード、これが今の小豆をつつんでいる空気であるが、まるでお祭りのようにあたり一面浮かれた強気ばかりみているとこの小豆、そんな手に乗せられてたまるか―という気になる。

小豆の売りは踏む事勿れ。どこまでも食いついて凧の糸と相場の資金はきれる事なく売り上がれば苦労した分報われよう。

輸入大豆はこれはもう、黒板が変わっている。

三百円棒が立つのを、いまかいまかと待つ姿。

安値の陽線三本は将来の大相場展開を暗示している事を知るべきだ。
●編集部註
 1983年、国内大豆が週足で美しい逆三尊パターンの形成に動き出した時、東京小豆は美しいダブルボトムの線形を形成し始めていた。
 罪なチャートパターンである。いや、むしろ先物相場らしい線形と言って差支えないかも知れない。陽線が続けば買いが入ってくる。そこを容赦なく下落が襲い、1月安値を割り込んで、買い方の心根を折る。大豆はコツンと安値で音がしたが、小豆は買い方の心にポキリという音を鳴らした。
 そこからの上げはエゲツない。ザラバではなく、板寄せ取引、しかも手振りであったので当時の取引現場は騒然としていたのではないか。
 電子取引では味わえない、怒号が飛び交うダイナミックな現場であったと想像する。
 話は変わるが、198 3年1月はインターネット元年。元々軍事目的で研究が進められていたコンピューター・ネットワークが、インターネット・プロトコル(IP)に切り替わったのがこの年の1月であった。ファミコン誕生もこの年である。

昭和の風林史(昭和五八年一月二九日掲載分)

2019年02月13日

小豆・八千円前後好売り場

小豆は材料一巡買うと高値?みになる。みじめな場面がくるだろう。輸大問答無用。

輸入大豆は全艦発進せよの線になった。

特に東京当限にまわる二月限の買い転換は注目に値する。

大阪二月限、三月限の一代足は安値、両足同値の二点底。

そして六月限は10日→17日の上げ幅のキッチリ半値押し。八百円抜けから逆注買いの理想型。

大阪先限半値押しだったが東京先限は三分の二押しだった。東京七百八十円から上伸力が強化する。

シカゴ期近は六㌦突破のための足ならしをしている。新年に入って27㌣を一気に立て、押し目を入れて20㌣の引き継ぎ足での上昇。まさしく線の理に叶った上げ波動そのものだ。

一方、円相場は難かしい動きをしているが、ひとまず11月1日から1月11日までの棒立ち火柱高で上げエネルギーを燃焼した。

穀取輸大は安値圏でのオーバー・ヘッジが上げの強力エネルギーになっている。安値買い玉は回転が利き、高値買い玉は薄紙はがすが如く追証がほどけて、一陽来福、これからがわが世の春の四千円奪回だ。

幸いなことに玄人という玄人は皆弱気。神戸の七色K先生も『倉庫の荷は二枚、二枚という崩しかたで、これでは強気できん。と思って売ったら高い。私が売るとなぜ高いのだ』。

星の流れと相場の線は、なんでも知っている。

時に旧暦満月。相場は一方に動きが片寄るところ。週明け→月替わり期待。

一方、小豆相場は、雑豆全般堅調のムードに支援され八千円指呼の間に買われた。

小豆も強気せんと、いかんのじゃないですか?とアドバイスが盛んにくるが、そうじゃない。一巡買われたあとの、みじめさが見えているような気がする。

一本足の大底はないという信念で高いほど糸をのばして売り上がろう。

●編集部註
 コツンと音がする―という表現をチャート分析で使う事がある。この時の大豆相場は、まさにコツンと音がしていた事がチャートを見ると判る。
 罫線に淫するなかれといわれるが、当時の週足を見ると、このコツンの安値を頭にチャートの教科書に掲載されてもおかしくない程に美しい逆三尊パターンが出来ている。
 買わない相場は強いもので、買い始めると急落する。これに懲りて買わないとまた上がり、今度こそはと買い参入するとまた下がる。曲がりやにはそんな線形である。

昭和の風林史(昭和五八年一月二八日掲載分)

2019年02月12日

輸大・棒立ち前夜の鳴動?

小豆は売り。ストトンと落ちるだろう。輸大は叩き屋が宙に舞う秒読み段階。

小豆の57年度下期輸入枠二七〇万㌦が発表された(発券17日頃)。

すでにこの数字は言われていたから織り込みである。

小豆はここにきて人気が強い。自己玉を見ても判るように取引員ポジションは買いになっている。

常識的強気は先二本の二万八千円台乗せを予測し、狂信的強気は二万八千七百円から九千円を期待し、アジテーター的強気は三万円を叫ぶけれど、そのような相場に成長していくには、エネルギーが足りない。

遅ければ二月新ポ、早ければ週末から月末にかけて、強気にさせた分をストトンと消す。あっけない相場になりそうだ。

確かに相場の姿(線型)としては颯爽、水もしたたるような若武者ぶりだが、これにだまされる。

人々が強くなるほどに売り上がっていけば千円以上の逆落としを苦もなく手にすることができよう。

輸入大豆は変な場癖がついて一文上下で売りハナ、買いハナ睨みあって出来申さずになる。

手数料の三文抜けが計算にあるためか。それとも売り屋は腹一杯売ってハナ落としができない。買い屋も今一ツ打たれた疲労が抜けていない。新規の大衆玉は店の懐で食いあう。

三市場十七万三千八百枚の取り組み。

年初来一万八千枚の増加。

これが無気味だ。まして名古屋М社のお客みたいに、銭の持って行き場がないから45枚ぐらいなら受けてみるべえーと、バナナでも買う気やすさで素人が受ける。

このような人が、50枚カイ、50枚カイと、朝鮮動乱当時の人民義友軍もどきの人海戦術で市場参入だから、ヘッジャーが投機家に食われる前夜の様相だ。

ヘッジャーといっても、オーバー・ヘッジの叩き屋だからすぐ舞い上がろう。

●編集部註
 これに関しては以前も触れたが、その昔、平成の真ん中ごろあたりまではその日の取引が丸見えであった。
 前場〇節にどの会社がどの銘柄を何枚買ったか売ったかが、翌日には全て印刷されて公開される。 当日も取引の様子は生中継され「協栄〇〇枚カイィ、豊〇〇枚ウリィ…」と独特の抑揚のついた声が各店のフロアに鳴り響く。お客さんから「場を通してくれ」という電話があり、ヤリカイを実況中継。それを聞き、お客さんの「○○枚買い」の一声で営業マンが「○○枚買い!」と叫ぶ―。
 何とも言えない格好良さが昔の取引にはあった。

昭和の風林史(昭和五八年一月二七日掲載分)

2019年02月08日

輸大・奔騰まさに接近せり

輸大は安値取り組みだけに怖い。売り屋の天下も終わりつつある。奔騰まさに近し。

輸入大豆は納会前節で悪目を出しきった感じだった。

軍略兵法に「大軍に兵略なし」という。

崩れても崩れても新手の買いが現われては、いかな売り方現物背景とはいえ、危険を背負ったオーバー・ヘッジだけに心もとなく、しかも売りの水準が低く、低くなることは戦いの場所が不利になるということだ。

世の中、ものには相場というものがある。

時に、その相場を踏みはずすこともあるが、時間の経過、即ち日柄によって、行き過ぎは訂正される。

この、時間というものは、情報の伝達速度といってもよい。大豆や投機に関心ある人たちが、そんなに安いのなら買ってみようと、関心が集まるのも、一種の情報伝達による、考えかたの変化、これを人の気、即ち人気という。

輸大取り組み三市場合計十七万枚オーバー。

根強い大衆買いである。

それが安値取り組みであるのが怖い。

納会前夜は悲観の極であったが、予測と現実は裏腹に世の中動いていく。

これで、わが党も愁眉を開く段階。

恐らく早ければ、この月末、遅くとも二月新甫→節分にかけて奔然と上昇する場面を迎えるだろう。

信は力なりといった陸続と新手の強力買い玉が参入しつつある。

大軍にまさしく兵略なしでよい。買い玉引かされ呻吟の者、しばしここ両日忍の一字。投げるべからず。

小豆は大阪高納会。だからどうというものでない。相場は先のほうの限月七千円台は有り難い売り場である。

いかにも出直りの格好で強気に期待を持たせる線型なれど、これが、ストトンと抜け落ちるから、月末、新甫を、よくよく用心しなければならないのだ。
●編集部註
 この記事が書かれた当時、大阪の投資日報社はキタとミナミの間、船場のあたりにあった。この付近は関西の商品先物取引会社の支店が幾つもある。引っ越しの手伝いで蔵書庫に入った事がある。
 風林火山は和漢の教養のある人物であると共に映画ヲタクでミリタリーヲタクでもあった
 故に〝兵略〟〝兵站〟といった用語が文中に良く出て来る。〝兵略〟とは軍事上の戦略を指す。
 「大軍に兵略なし」というが、我々はその代表的な例を最近目の当たりにしている。「ミセスワタナベ」「キモノ・トレーダー」がそれだ。高慢ちきな玄人がつけた揶揄だが、恐怖の裏返しでもあった。

昭和の風林史(昭和五七年十二月二八日掲載分)

2019年02月07日

値頃観御無用の時代です

小豆は一月中旬に大底が入るだろう。あと五、七百円の安値が見える。

最後の最後まで悪いものは悪いという相場を見て、中途半端な妥協や気やすめが通用しない厳しさの時代を痛感するのだ。それは、体力がない、資力がない、ゆとりがないギリギリのところに、なにもかもきているから、震動を緩和するスプリングがない。ダイレクトに影響する。

それが今の世相である。

相場の世界で「値頃観無用」というのがある。

大納会前日に、よもやS安が入る小豆とは思っていなかっただろうが、それがあるのが相場である。

本年を通じて、たびたび書いてきたが、世の中すべてが、去年までとは違っている。相場も変化した。

不況のドン底、物は売れない。余分な在庫を持つゆとりがない。

業界は体力極度に消耗している。仕手系取引員の惨憺。しかも軍律急に厳しくなにもかもギスギスしている。だから頭の切り替えができていないと、なんの相場でもそうだが、あり得なかったような斬られかたをする。

斬られた側は、なぜ斬られたか判らない。

そのような、この一年のなにかにつけての相場だった。生糸・乾繭然り。ゴム、砂糖然り。小豆、輸大また然り。

それが新年明けて早々と片がつくのか。それとも、あと長々と尾を引くのか。これは休み中の宿題である。

暖冬も大きな影響だ。神の与え給う試練と受けるか、庶民のためにせめてものプレゼントと受けるか。

いやはや、本日大納会。この一年の御愛読を鳴(めい)謝、深謝。

虚子は「遠山に日の当りたる枯野かな」と。

来春は、この句のような相場だと思う。遠い山に当っている日は朝の日か、夕の日か。足元は枯野だが。

●編集部註
 風林火山のこの箴言は、平成最後の年にかろうじて商品先物業界の片隅に生き残る事が今も出来ていている人間からするとぐっと胸に刺さるものがある。
 とある放送業界の方と懇談した際、心に残ったのは、放送業界はバカほど出世が早いのだとか。似たような人間が跳梁跋扈する世界を少し前に見ていたのでよくわかる。
 枕頭の書にマルクスアウレリウスの「自省録」を掲げるような偉い人が業界にたくさんいれば、世界は変わっていたかも知れない。
 もっとも、現実世界でそんな奴は絶対に出世しない。押しが強く声デカく、シンプル頭が持てはやされた時代であった。

昭和の風林史(昭和五七年十二月二七日掲載分)

2019年02月06日

この小豆二万七千円割る

この小豆、へたするとへたする。音もなく二万七千円割れがありそうに思えた。

あす28日は今年の納め相場。あっという間の一年だった。

年末相場は一年の総決済のように、生糸も乾繭も精糖もゴムも小豆もガタガタときた。悪いものは最後まで悪いということである。

小豆は農産物六品目の中に雑豆があり、これが輸入枠の拡大ということで相場の買い妙味を失った。

悪くすると来春の小豆は二万七千円割れ、二万六千円台という場面を考えなければならないかもしれない。

要するに、今年の相場がそうであったように、今までの常識が通用しない。

常識を破るということは一種の革命である。

北海道小豆の荷圧迫と輸入枠の拡大(それが、いんげん、えんどうの枠拡大であろうと雑豆全般の価格低落に拍車をかける)。

景気が上向きとか、市場の投機家が元気なときとか、商品取引員が繁栄している時期ならともかく、雑豆問屋業界も弱りきっている。仮需要による相場上昇は期待すべくもない。

来春は、小豆の値段がすべらなければ超薄商いということになろう。

手亡の二の舞いになるといわれていた小豆だ。そうなってほしくないが、世の移り変わりは無常である。

スーッと二万七千円を割って八千円台の買い玉総投げという、うかうかお正月もしておれない相場にならねばよいがと、近鉄電車の広告じゃないが、お願い乗せて夢乗せて買い方さんは苦しい越年。

●編集部註
 行間から、というよりは当時の新聞をローソクか何かの火で炙ると〝諦念〟の二文字が浮き上がってくるのではないか、とさえ感じる文章である。
 「ハイハイ、終わり終わり、もう帰ろ」という感じであろうか。何も大納会直前まで相場に苦しめられなくても―という怒りと虚しさと寂しさがないまぜになった感覚が混ざり合うと、諦念という答えになるのかも知れぬ。
 この手の閑散市場の隙間を蹂躙する手合いを〝急ぎ働き〟という。相場用語ではない。池波正太郎の「鬼平犯科帳」からの転用だ。盗みの定法を守らずに乱暴狼藉を働くので「畜生働き」ともいう。
 改めて思うと、池波正太郎は小説家であると同時に超一級のワードセンスの持ち主であった。
 そもそも〝犯科帳〟は長崎奉行の判決記録なので鬼平とは何のゆかりもない。
 また、彼の造語である「狗」「密偵」「仕掛人」は、彼が亡くなった後も独り歩きして、後世様々な文章に用いられている。

昭和の風林史(昭和五七年十二月二五日掲載分)

2019年02月05日

泣く子と為替には勝てん

泣く子と為替に勝てないというような輸入大豆。小豆は輸入枠拡大には勝てない。

なんとも暖かい歳末で、あわただしさというものを感じないのは、不景気だからしょうがないと諦めた人が多いからであろうか。それは終電車が出たあとの感じで、終電車というものは間に合うか、合わんかのところが一番あせるものだ。出てしまったとなると、なんとなくほっとする。

相場でも逆境で追証、追証の苦しみから、煎れ投げした時の解放感は、そのあとにくる苦しみはまず置いておくとして、まずは、ほっとする。

輸入大豆は円高分を売られて9日の安値を割ってしまった。

あの値段は大底と見ていたのだが、世の中厳しい。

しかし、(1)大出来高、(2)夜放れ新安値、(3)弱人気支配、(4)下げ日柄(11月1日から)を考えると、下げ過ぎのように思えた。

輸入大豆相場の底は
52年…12月6日大底。
53年…12月25日大底。
54年…次の年の1月9日。
55年…次の年の1月26日。
56年…12月18日大底。
57年…12月24日?
と12月か、明けて1月に最安値を付けている。

弱気のいう下値目標三千五、六百円なら、たとえ瞬間的に付けたとしても売り玉利食いできるものでない。まして三千六百円などという安値は世界一安い大豆になる。そのような相場はあり得ないだろう。

問題は円相場だ。このほうは、やや人気の過熱化が感じられる。だけに、反落寸前と見るべきでなかろうか。

小豆のほうは輸入枠拡大という材料を、どのように消化していくのか。

生産者農家は、農業政策に従って増産したのに、価格は崩れるは、輸入枠は拡大されるは―では、踏んだり蹴ったりで小豆は再び大幅減反の道を歩むことになるかもしれない。

●編集部註
 1982年12月のドル/円相場は、週足で見ると12月最終週まで10週連続の陰線。差し詰めプロレスなら、トップロープからの雪崩式パイルドライバー、もしくは垂直落下式リーマンショックがきれいに決まった感じであろうか。あとは、フォールされて終了―というところまで来ている。
 当時はテレビ朝日が金曜8時のゴールデンタイムで新日本プロレスの試合が放映されていた頃だ。
 この年はハルク・ホーガンがアックス・ボンバーを決め、佐山サトルが初代タイガーマスクとして空中殺法を極めてWWFジュニアのベルトを巻き、それらの模様を古舘伊知郎が実況していた。

2019年2月5日

2019年02月05日

保合い

昭和の風林史(昭和五七年十二月二四日掲載分)

2019年02月04日

輸大の安値はまた買い場

円高で売られる輸入大豆の安いところを買うのが判りやすい。小豆は閑散低迷か。

小豆の期近限月は二万八千円と九千円の千円幅圏内の高低で底練りしている。

先のほうの四月限、五月限は八千二百円中心の上下五百円で、これまた底練りだ。

相場は底入れしてはいるのだが、出直っていくだけのエネルギーがない。

それは需給事情にもよるが、結局のところ投機筋に力がないからだ。

力のない投機筋に対して現物の圧迫が解消されない。だから二万九千円以上は、すかさず売られる。

このようにしておいて横に横にと這って三カ月という相場を一枚がまだ40俵以前の一枚が20俵時代に随分経験してきた。当時の限月は今と違って三本だから穀取は閑古鳥の巣になったものだ。

あわただしい歳末、なにより有り難いのは、この暖かさである。しかし、物が売れない。タクシーの運転手も、こんな活気のない年末、見たことない―と。

世の中すべてがそうであるように相場また元気が出なくて当然か。

長い人生、正月の一度や二度しなくても、どうということないや―と早く達観したものが勝。不景気のドン底、どんなにあがいてみてもしれている。

小豆の一月相場は、戻した頭(22・23日)から千円ないし千三百円ほど安いところがあると見て、そのあたりまた買えばよい。

さて輸大のほうだが円高分が安い。

弱気の目標値は神戸納会三千五百三十円で出しきった。これは強姦したようなものである。

ちょっと下げると、強気していながらすぐにふらつく。そんな事では駄目だ。百万人といえど我れ行かん。周囲に弱気が多いほど相場の前途洋々と思わねば厳しい相場社会で勝つことはできない。安ければ買っていくだけだ。

●編集部註
 行間から殺伐とした歳末が匂ってくる文章である。今は古典落語の世界でしかほとんどお目にかからないが、この時期に商人は各家のツケを生産してまわる。
 そのあたりの悲喜こもごもが落語の「芝浜」に昇華されるのだが、それはまた別の話。
 思えば、昔の商習慣が廃れて久しい。筆者が子供の頃はまだ御用聞きが頻繁に出入りしていた記憶がある。酒はコンビニではなくケースで酒屋さんが届けてくれた。卵もスーパーではなく、卵屋さんが売りに来ていた。
 便利にはなったかもしれないが、風情もへったくれもない時代になった。