昭和の風林史(昭和五七年四月九日掲載分)

2018年04月23日

小戻すところ売りの急所

買い方の夢は消えた。私の四月、五月は暗かったという事になる。下値は深かろう。

小豆相場は四千円あたりまで下げてどうするかである。
本当の崩れは五月中旬以後からと日柄及び俵の重圧を読んでいる人もいる。そして六月崩しの劇的場面を予言する。
相場の現実はそれよりテンポが速く、売るのが怖けりゃお先にご免と下げ足速める。
売って引かされ、売って引かされ今の買い方には嫌というほど苦労させられたから、誰もが用心する。
しかし環境とみに買い方に離反。これは日柄のなせるわざ。まして高値に突っ張ったその反動だ。
やみくもに買えばよいというものでない。相場には波動というものがある。上げ潮に乗った時の買い方は、さながら無人の荒野を行く如くだが、引き潮に逆らえば、あたら労多くしてしかも流される。
大勢基調は明らかに三段上げ完了して例年通り春の天井をマークしている。
強気は二段上げのアタマ、二月10日の高値を三段上げ波動で抜くと見ていた。
しかし相場は実勢悪というファンダメンタルズで二段上げの頭に遠く及ばず三段上げを作法通り完了してすかさず反転してきた現実は、これは押し目などというものでない。
この下げを押し目だ、押し目だという人は相場用語を知らない人か、腹の中では崩れと思っていても、それがいえない立場にあるか、それとも本心、押し目とみているのかである。
まあ相場そのものの流れを見るより買い方大手の顔色見て強弱垂れる人が多いから、買い方反撃するだろうという他人頼りの相場観になっても仕方ない。
ともあれ悪い相場は悪い。戻したらどうなる? 戻したら更に悪くなることは確かだ。米の値段も崩れる時に小豆だけ野中の一本杉であるはずがない。夜が明けたら安い日が続こう。

●編集部註
 ゴリゴリの買い方は、往々にして下がる理由が本当に解っていない、というより、理解したくない心理が働く傾向がある。
 実際、ある銘柄に対して〝なんでこの相場がいま下がっているのかよく解らない〟と筆者に正直に吐露するトレーダがいた。相場を張るのが仕事故休むわけにもいかない。 
 ただ、このように相場と対峙して素直な気持ちが吐露出来る人は〝解る〟時にガンガン攻めの姿勢を取って儲けるので、トータルでは勝っている。人徳とでもいうのだろうか。

昭和の風林史(昭和五七年四月八日掲載分)

2018年04月20日

お先にご免と相場は安い

誰もが怖がって売らないから、それじゃお先にご免と相場はズカズカ下げていく。

小豆当限引き継ぎ足は綺麗な〝三山型〟だ。これは相場が煙ったい。上には行かんがドサっとくるよというシグナル。
逆ザヤ解消。泣く子も黙るサヤすべりだ。
しかも取り組み減少は、いつ黒い糸を長々と垂れてもよい相場であった。
パターンは先月新ポから17日までとまったく同じ格好。
商いが薄い。買い方が買い支えた。しかし、階段を踏みはずして転落するのが見え見えであった。
現物の売れ行きは非常に悪い。三月末の在庫が数字の面で減っても、相場は無反応。四月は入荷がふえる。商社のヘッジも嵩みだした。
悪い相場である。誰かがいった。酒は白雪―。相場は下行き。悪い洒落だ。
どこまで下げるか。それは判らん。二段上げの頭が抜けない三段上げを完了した。四月1日馬鹿天井で春の相場の終わりを告げたことだけは確かだ。
従って下値は六月まで深いと見たほうがよい。
前にも書いたが昭和47年型に類似している。三月甲の安回り年に出る姿。
二千五百四十万㌦に予備枠千六百二十万㌦がついた事で買い方は夢も希望もなくなったのが本当だ。
人は年を取るだけでは決して老けないという。理想を失った時に老いる。
相場師も一緒だ。追証追証の場勘が攻めても、夢と希望のある限り、どんな苦労もいとわない。
千六百二十万㌦の予備枠は頭の上に石を乗せたようなもので夢破る。
しかも買い方は無理をしてきた。流れに逆らうこと強引。そのとがめだ。
四月、五月チンタラ節。買い方にとっては切ないところだ。夜が明けたら安い。誰もが怖がって売らんから値は消えていく。どこを売っても大丈夫。
●編集部註
 げに恐ろしきはサヤすべり。金なら受ければ良いが、砂糖なら腐らないのでこれも受けて良いだろう。しかし、穀物はそうもいかない。買い方は追い込まれている。
 限月の端境期に際して、筆者の知る百戦錬磨の相場師は「大局が間違っていないという信念があるなら、目を瞑って限月を変えろ」という指導を受けた事がある。
 この〝大局が間違っていないという信念〟という文言がポイントである。
 まさに「相場読むより日柄読め」。長期相場サイクルをしっかり把握しておく必要がある。

昭和の風林史(昭和五七年四月七日掲載分)

2018年04月19日

落花帰らず春風憂いあり

四月一日馬鹿天井。あれで頭の低い三段上げを終わった。落花枝に帰らず憂い濃し。

小豆の現物問屋筋は異口同音、売れ行きが非常に悪いし、横の流通(取り引き)は、まったく止まっている。また小豆以外の雑豆は値下がりで輸入採算を割っている―と。

二千五百四十万㌦に千六百二十万㌦の予備枠という事は、定期の二万六千円など決して付けさせないぞという行政側の無言の圧力である。

自由化を阻止するためには止むを得ないという配慮かもしれない。

幾ら枠があっても円安だし、買うものがなければと強気は思うだろうが、中国には一万㌧の安徽小豆がある。これを入れたらよいじゃないかとなる。

「政策には逆らうべし・逆らうべからず」という相場金言がある。

三万五千円以上は感心しないという政策当局の心証を逆なでするような行為は、買い方自ら墓穴を掘る。

場勘の関係で下げるわけにいかない―というのであれば、これは建玉中心主義である。相場を強気するのではなく力を過信した考えで、これは邪道だ。

取り組みは減少傾向である。これは崩れる前兆とみてよい。順ザヤ。そして泣く子も黙るサヤすべり現象が始まっている。

在庫は四月末、五月末と急増カーブを描く。

売れる時期に相場を安くしてモノの消費をはかるのが本当なのに敢えて高値に突っ張って売れ行きを悪くするという事は経済原則に反する。即ち流れに逆らっているのである。

流れに逆らう事は、流れを変えることではない。それだけあとを悪くするのである。

●編集部註
 言わずもがな、投資と投機は違う。株式市場の本分は企業の資金集め。故に、資本にお金を投じると書いて投資と読む。

 一方、先物取引の本分は物価の安定。モノの価格が高くなれば生産者は嬉しいが消費者が苦しい。安くなると消費者は嬉しいが生産者が苦しい。故に相場の高下極まった機会に売買を促す事で価格は平準化する。機会にお金を投じると書いて投機と読む。

 買い方の皆さん、商品先物取引の原理原則を忘れていやしませんか、とここで風林火山は指摘していると思って戴きたい。

 原理原則は英語でプリンシプル(principle)という。今思うと、風林火山は勝ち負けは別として、相場のプリンシプルをしっかり持っていた人であった。故に広告を貰っている主務省でも取引所でも取引員でも横紙破り、怠惰、横着な姿勢を取る者は徹底的に攻撃した。

昭和の風林史(昭和五七年四月五日掲載分)

2018年04月18日

踏むなかれ大暴落が来る

凶作の翌年は三月旗四月乗せ五月崩れとしたものだが、五月待たず四月崩れも多い。

今年の小豆は去年と違うと思う。振り返ってみると五年間も上げた勘定だ。高値になれてしまった。
市場は強気の声ばかりだが、弱気だっている。ただ時節柄、ものをいわないだけだ。
次期枠二千五百万㌦なら暴騰だ―という。
筆者は暴騰せんと見る。一瞬買ったらおしまいだ。
買い玉がこの場合上値を抑えるからだ。
中国、台湾にモノがないというが、なければ中国安徽小豆が一万㌧ある。このうちの五千㌧を買ってくればよい。
また小豆の枠が足りなければ白系の枠で竹小豆を入れる。竹小豆はスソものの増量用に手当てする。
強気は格付けの手直しがあれば輸入小豆の黒板の値は四万円だという。
これは昔にもあったことで明治31年(戊戊11月甲)前年米不足で輸入米の値段暴騰。三月29日三期限月総解け合い。格付けを改正し外国米との格差七円に改め四月四日発会。
この時相場は10円80銭から16円20銭に暴騰したが、瞬間天井。あと続落。12月には9円まで売られた。
今の小豆は10年前の47円(豊作)型でないか。
夏の天気は悪くないと見る。作付けは三万一千㌶を上回る予想。最低90万俵収穫と予測。台湾、中国は増産に入るだろう。
目先、買い方の努力相場で陽動しても六千円は抜けない。政策があるからだ。相場師による買い占め、買い煽りは実需者を刺激するだけで自由化の声が高まる以外にない。
このようにみてくると、強気は、月にうそぶく虎である。
売り方は忍の一字で時間待ちが最後の勝者。今月は上に行けないし、来月は崩れる。九紫火星戌の年の特色は六月崩しでもある。
強気も信念だが烏合の衆のにぎやかさは虚である。売り方は音なしの構えで熟すのを待て。すでに五年の上げ相場、この終焉待つべきものあり。

●編集部註
 昔からのアノマリーに戦争が起こると商品価格が上がる―というものが。
 実際、第一次世界大戦で鈴木商店は大儲けした。この辺りは城山三郎の小説「鼠」や漫画「栄光なき天才たち」に詳しい。
 この時イギリスとアルゼンチンとの間でフォークランド紛争が勃発。アノマリーでは買いである
 ただ、現代の戦争は昔と違い情報の伝達スピードが速い。この紛争や湾岸戦争が勃発した時の日米の金相場を見てみるとその違いが良くわかる。

昭和の風林史(昭和五七年四月二日掲載分)

2018年04月17日

信は力なり煎れたら仕舞

売り急がずに六千円あたりから売ろうという待ちの姿勢になった。煎れたらしまい。

相場というものは材料を織り込んでしまうと、それはもう材料ではない。

輸入大豆相場が急騰した。

シカゴの五㌦50というスローガンを半年近くもかかげて、それが実現しないという事は、相場ではなく、モノの値段として大底をつくっていたのである。国内相場も去年暮の18日安値が日毎遠いものになっていたことは輸入大豆相場に関する限り相場はすべての悪材料を織り込んでいたといえる。

そこへ風潮として円安が定着し、フレートが高くなれば、輸大の万年弱気を嘲笑うように相場は身をひるがえし総煎れ場面。

このような現象を『ファンダメンタリストは理路整然と曲がる』という。

環境としては金の看板のないところは輸大に専念するしかない時だけに場が沸くと出来高は凄い。けだし相場は相場に聞くべきだ。

さて小豆相場のほうは隣の輸大に刺激を受けるが、コントラリー・オピニオン(強気指数)90は、いつ反動安がきてもおかしくないところ。

ただ、市場では買い方のパワーが仕勝っているから、ある程度の操作は出来る。安ければ強引に買いの手を入れる。小口の煎れが出る。前日より高いという図になる。

買い方は夏の天候相場の場に引っ張り込んで、そこで勝負をつける腹だ。

売り方は、なすすべがない。次期枠が予想より大きければショック安もあろうが、台湾、中国に大量供給の俵があるかどうかの問題になってくる。

まあ、このように考えてくれば、誰だって強気有利とみえる相場だが、相場というものは輸入大豆にみたごとく落とし穴、人気の裏がたえずつきまとう。

即ちそれが理外の理だ。

小豆の六千円だ七千円だと鐘や太鼓に幟を立てて囃そうが、煎れが出てしまえば、なにほど買おうが値は沈むし、高値には新手の売りが出る。相場は月にむら雲、花に風。

●編集部註
当時の大豆はどうか。
1982年の年間高値は4月10日であった。
ここから相場は翌年1月に〝コツン〟と音がするような安値をつけるまで下げ相場が続く。
穀物相場の不幸は相手が食品であるという点。それ故にデリバティブが生まれる元となったのだが、実はこの相場、戻しても数年下げが続く。

昭和の風林史(昭和五七年四月一日掲載分)

2018年04月16日

花の散る頃相場も崩れる

四月は下げる番だ。花の散る頃買い方追証がかかろう。相場は皮肉に動くものである。

小豆相場のコントラリーオピニオン(強気指数)を出すとすれば恐らく90(百人中90人が強気)になったのではなかろうか。アメリカでは指数30以下になった(弱気が70%)。商品は売ってはいけないとされ、80以上の商品は買ってはいけないとされている。相場は人気の裏を行くという原理をアメリカ人らしく数字でとらえる。
強気筋はひと呼吸入れて新ポから先限強気の陣構えである。
五千円以下聖域。売るべからずの幟を立てている。
即ち三段上げ波動に乗って六千円抜け七千円という想定だ。需給は緩まんと見て、あくまでも制空権を握っていこうという作戦。
売り方は、これは気味(あじ)尊重派や罫線筋である。
市場の噂としては11月自民党総裁公選に絡んだ政治資金が売りポジションらしいというが、これは判然としたものでない。
自由化問題が、どう転ぶか判らない時だけに憶測だけが飛ぶ。
商いのほうは小口で出来高の弾む節がない。
先般の下げ道中の四千三、四百円あたりを売った玉が五千四、五百円で追証入れるか、玉踏むか―と迫られる。
買い方が、ここを一気に攻めて、この踏みを取ったとしても五千八、九百円であろう。六千円台は、新たな売り物が待機している。
相場としては三千円と四千円圏内で実需を伸ばしたほうが先の楽しみがあるわけだが。逆ザヤ、逆ザヤで突っ張っていては実需は当用買い。大衆は敬遠する。
波動は一月上げ、二月下げ、三月上げだったから四月下げの番がくる。

●編集部註
 政治の世界と相場の世界との間には、何かしらの物語がある。
 米相場を操作しようととした徳川吉宗。
 銭相場で資金稼ぎをした長谷川平蔵。
 株式相場を有効利用した犬養毅。
 金融市場の荒波を制御し、後世に名を残した高橋是清。
 戦後の商品取引でも、あの時の選挙の資金は○○で生まれたとか、あそこの団体は◇◇が一手に資金運用を手掛けているとか、そんな噂がまことしやかに流れていた。
 このあたりのお話は、鍋島高明氏の著書で多く登場する。また、城山三郎氏の初期作品にそんなテーマが多いのは意外と知られていない。

昭和の風林史(昭和五七年三月三一日掲載分)

2018年04月13日

追い証入れるか玉踏むか

先日の安値を売った玉が?まって“追証入れるか玉踏むか”と迫られているところ。

小豆三月限納会について大穀は(1)取引員各社にお詫びの表明、(2)業務部の体制を強化、(3)関係役職者の処分(減俸)という事になった。
おとうさんまた減俸ですかと妻なげき―。
取引所側は『非常に初歩的ミスであるため弁明の余地がない』としているが、納会最終節の立会いは事務局理事、市場管理委員長が高台に位置すべきが原則である。この点、大穀は納会を、ないがしろにする所内のたるみがあった。
また市場代表者の集まりである親和会からも取引所側に高台職員の未熟さについて過去に申し入れがたびたびなされていたと聞くが、これが事務局上層部に無視されていたきらいがある。
今回の件は初歩的ミスではなく、一種の積み重ねによる慢性化の不始末だ。
この事は取引員側はよく判っている問題だが、取引所事務局上層部は不徳の至すところか判ろうとしない。
さて小豆相場のほうだが、売っている人からの電話が多くなった。
これは売り玉に追証がかかり踏むべきか、辛抱すべきか思案に迫られているわけで、ここで一発伸びきれば出来高増となる。
辛抱できないという段階がくると必らず電話がふえる。過去の例からいえば五千五百円~七百円あたりは一つの急所である。
市場ムードとしては強気の材料、強気の声、強気の人で満ちている。
花も咲いた。相場も高い。玉は回転、浮いた浮いたである。しかし相場の敵は喜怒哀楽だ。喜ぶな。悲しむな。売り方失意の時は泰然が肝要。

●編集部註
 魚は頭から腐るというが、腐った頭には腐っている自覚はない。「ベンチがアホやから野球がでけへん」と発言した野球選手は監督批判と受け取られ、野球界を追われた。
 夏目漱石の草枕の冒頭にこんな記述がある〝…閣僚の肩は数百万人の足を支えている。背中には重い天下がおぶさっている。うまい物も食わねば惜しい。少し食えば飽き足らぬ。存分食えばあとが不愉快だ…〟。倫理観と教養のない政治家なんてそんなものだろう。
 天下国家の未来より目の前のうまい物に転ぶ政治家が明治の頃からいたのか、それとも単に政治家を揶揄しただけなのかは判らない。
 先日「官房機密費の支出、9割が領収書不要」という報道があり、第2次安倍内閣発足から5年で56億、月平均で9千万支出されたと知り、柄にもなく、政治の話題で憤ってみた。

昭和の風林史(昭和五七年三月二九日掲載分)

2018年04月12日

たるみきった大穀刷新を

小豆相場は疲れている。ふらふら戻しても常に暴落を内蔵している。売りのまま。

大穀小豆三月限納会の不祥事件は公正な価格形成とはいえない値段を、まかり通らせた乱暴である。
取引所の使命を取引所が放棄したことは、先物取引業界の重大事だ。
委託者は売り方も買い方も損害である。しかも公正でない価格で決済させられる事は損害賠償問題に発展して当然である。
業界の長老は吐き捨てる如く『平井君はツキのない男だ。彼が来て53年の逆ザヤ防止による六・九パニック。輸大市場の不祥事件。55年の大穀汚職事件。57年の小豆納会事件。要するにインケツ男だ。やめてもらったらどうだろう』と。
取引所は業者に事あるごとに使用者責任を厳しく問う。この際大穀執行部役員は減俸などという責任のがれでなく、きっぱり辞任してもらいたい。使用者責任を自ら果たすべきだ。
取引所が権威と信用を失ったら、大穀市場は輸大のスクイズ市場。小豆の価格操作市場として、委託者は敬遠する。
業界の前記とは別の長老『山砲でも魚型水雷でもなんでも参加させるから、平井か宇賀の首を落とせ』と大変な怒り方だった。
それを聞いた二、三の取引員社長『バズーカ砲でもタンクでも応援するから大穀を徹底的に刷新する運動を展開してほしい』と。
大穀の体質がなぜ改善されないのか。こんなことは一目瞭然である。事務局の専務・常務が取引所の使命を忘れていることと、それと人の心が判らない人物であるからだ。
ツキのない男・平井専務は今回の件でも、一言の詫びる言葉もなかった。弁明のみである。だから農水省の伊藤課長も激怒した。前課長宇賀神氏も、その前の堤課長も在任当時、大穀には大層腹を立てていた。要するに大穀は根本から人事の刷新を必要とするのである。平井専務か宇賀常務は男なら黙って辞任せよという業界の声をお伝えする。

●編集部註
 その昔「ベンチがアホやから野球がでけへん」と発言した後に引退した野球選手がいた。
 この年、その元選手が書いた暴露本がベストセラーになった。それが「プロ野球を10倍楽しく見る方法」である。
 この作品、後に映画化される。ここで登場した日米野球選手の珍プレー・好プレー集がその後の人気コンテンツになる。
 極端な事を言えば、このコンテンツがなければ、みのもんたの人生は現在のそれとは全く違ったものになっていたかもしれないと思っている。

昭和の風林史(昭和五七年三月二七日掲載分)

2018年04月11日

大穀のチョンボ納会、騒然

山寺やつきそこないの鐘霞む。大穀やチョンボの納会、値が霞む。重大責任問題だ。

大阪穀取は小豆納会でカイはなを、ウリはなに間違えて取引所が百枚の玉を持ちにしてしまった。
東穀も名穀も六千円を付けないと配慮した納会だったのに大穀のみ六千百円と走った。
さっそく大穀に取材電話したところ、交換台は『宇賀常務まだおみえでありません』―と。
平井専務『恥かしい話で、まったく話にならないミスです。目下対策を協議中です。カイはなをウリはなに高台が間違えて百枚です。まったく話になりません』
納会だけに、売り方も買い方もフトコロを見せてしまった。
それにしても取引所が百枚も、持ちにするなど前代未聞だ。
大穀は余程未熟な高台要員を最も肝心な納会に充当したのか。それとも市場でいわれているように、職員が玉を張っていたのか、ともかくこの問題は重大な大穀の責任である。
平井専務は『なにしろ部長が病欠ですから―』というけれど、そんなことは理由にならない。
一昨年秋の大穀事件が忘れかけた時の、またまたの大穀の不祥事件は、要するに大穀の体質が改善されていない証拠で、三役の減報ぐらいで済むことでない。
まず、顧客筋が大穀に対して信用しなくなること。次に当限建玉制限の問題も出てくる。大穀は板崎氏に頼めばよいぐらいに軽く考えているかもしれないが、そんなものでない。
緊急理事会だそうだが、『もう一回納会やり直せ』という声。『専務、常務辞任して責任とれ』とも。
とにかく大穀はタルンどる。売り方は『見舞金出せ』と言う。それは出来ん事だが今回の事件は大穀汚職事件のように責任をうやむやで済ませることは出来ない。こんな事があると相場は決してよくない。

●編集部註
 お怒り、ごもっとも。 ここでキッチリとした倫理観を構築しなかったツケが、現在の日本の先物市場の低迷を招いたのだと言える。
 ラスベガスは賭博の街だが、その裏では厳格なルールが存在する。公設の取引所は、本来それ以上に厳格であるべきだ。
 魚は頭から腐るという。頭は腐ったまま、お上は厳格さを取引員に課し、倫理なき責任回避の不毛なルールが増えていく。
 不毛な書類の束をどっさり提出しなければ取引出来ないお客様はたまったものではない。
 上が誰も責任を取らず、やった者勝ち、逃げた者勝ちが横行する世界に未来などある筈がない。

昭和の風林史(昭和五七年三月二六日掲載分)

2018年04月10日

決して買える相場でない

先月と同じパターンだ。ストンと落ちる型。落ちてみてハッと気のつく悪さかな。
NHKが金取引のトラブルや香港系ブラックの被害について特集するため取材しているが、新しい取引所が開所したばかりの時に困った事だ。
小豆相場は期近から高い。商いは薄い。市場は強気する人が多い。大手買い方は姿勢を崩していない。
二月の小豆輸入通関は五千三百八十㌧と、去年10月以来毎月五千㌧台が続いている。年間六万㌧の輸入を必要とするだけにコンスタントの入荷といえる。
人はみな強気だがこの相場、落とし穴があるように思えてしょうがない。
取り組みは徐々に増加しているけれど、一部仕手筋の玉である。
全般商いの薄い中で買い方が手を出せばセリは上昇するけれど、付いた値は、なにか頼りない。
これを買い方努力相場というべきか。買い玉の多くは五千円台であるから、決して楽とはいえない。
今の相場、強気する人と、弱気する人と、これは信条の違いであるから、どちらがどうと、いうことはない。要するに各々の信念によるポジションだ。
二月10日の高値で春の相場の天井を打ったと見るのが弱気。三月17日の安値は底でないと見る。
強気は二千円強の下げを押しと見ている。
相場観の違いといえる。
需給は緩まないと信ずるのが強気。ものは売れていないと見るのが弱気。
答は相場が出すから、あわてる必要はない。
先月も17日安値から23日戻り頭まで千円棒を立てた。今月も17日安値から25日ほぼ千円棒の戻り。
トレンドからいえば戻り一杯である。買い方、賽の河原の石積みとちがうか。

●編集部註
 〝嫌儲〟というネットスラングがある。
 儲ける事が出来なかった者たちの妬みややっかみ、嫉妬といえば身も蓋もないのだが、この時の金融市場には関する報道姿勢の一部には社会問題を告発するという名の下に〝嫌儲〟のエキスが一滴か二滴入っていたような気がする。
 相場に罪はない。罪があるのは不正な相場に手を染めた人物である。
 悪貨は良貨を駆逐する。毅然と不正したものを罰し、厳格なルールだけでなく倫理を作る必要がある。日本の先物市場はこれに失敗したのだと思う。