用語解説

ミュータブルサイン

ミュータブルサイン
Mutable sign (ミュータブルサイン)

12星座を3つの要素(カーディナル・フィックスド・ミュータブル)に分けて分類したうちの1つ。ミュータブルの星座は双子、乙女、射手、魚であり、気まぐれ、融通性、受動的などの意味を持ちます。

ミューチュアルレセプション

ミューチュアルレセプション
Mutual reception (ミューチュアルレセプション)

アストロロジーで使う場合、2つの天体が相互にお互いの支配星座に入居すること。例えば天王星は水瓶座を支配し、海王星は魚座を支配する。この両星がそれぞれの支配星座に入居した場合をいいます。

メジャーアスペクト

メジャーアスペクト
Major aspect (メジャーアスペクト)

アストロロジーで使用する場合では2つ以上の惑星の重要な角度を言います。主に0度、90度、120度、180度。

メジャーサイクル

メジャーサイクル
Major cycle (メジャーサイクル)

プライマリーサイクルを構成するサブサイクル。安値から安値まで4〜6週間隔で到来します。通常PCが3〜4つのMCで構成されるケースがあります。短期トレーダーが指標とし、ポジションは1〜2週間程度保持します。 詳しくはメリマンサイクル分析の基本 短期サイクル1参照

メジャリングギャップ

メジャリングギャップ目標値
メジャリングギャップもくひょうち

Measuring gap(メジャリングギャップ)

Measuring gap target (メジャリングギャップターゲット)

相場ではギャップを開けたところは重要な意味を持つ場合があります。価格が飛んだところですが、ギャップアップなら、ここを起点として、高値目標値を算出したり、あるいはギャップダウンが起こったりした場合は、そこを中心として安値目標値を算出します。ここでは、単に、ギャップから計測した相場の目標値と解釈されたほうが良いでしょう。

メジャリングギャップとは通常トレンド下で生じ、このギャップが発生するとその後まだ強いトレンドが続く可能性が高いことを意味します。