用語解説

8週ルール

はっしゅうルール
8-week rule (エイトウイーク ルール)

サイクル位相の強弱を判断する一つのシグナル。サイクルは強気型と弱気型、及びニュートラル型に区別されます(詳しくはメリマンサイクル分析の基本を参照)。このルールは主にプライマリーサイクルクラス(PC)に適用され、8週以上、相場が上昇トレンドを形成し、PCの天井が8週目以降に出現すればそのサイクルは強気型の1つの条件を満たすと判断されます。メリマン氏はPCがスタートして9週目の、何故か火曜日以降に高値が出現すれば強気型と判断しています。 なお、PCはボトムを付けた日の次の週から1週目とカウントします。

パッツ・コンボ

パッツ・コンボ
Pat’s combo (パッツ・コンボ)

アリゾナ、スコットデールの故パトリック・ショーネシーに因んでつけられたインディケーターの一つである。週足ベースで前週の高値更新、安値は更新しないで重要なサポートをブレイクして引けると「パッツ・コンボ・ダウン」といってダウントレンドが始まる。また、前週の安値更新、高値は更新せずに重要な上値抵抗線を抜けると「パッツ・コンボ・アップ」といって相場は上げ基調となる。このフォーメーションは通常、非常にシャープな動きを伴い、その状態が1〜6週間続く。

フィクストサイン

フィクストサイン
Fexed (フィクストサイン)

12星座を3つの要素(カーディナル・フィックスド・ミュータブル)に分けて分類したうちの1つ。フィックスドの星座は牡牛、獅子、蠍、水瓶であり、保守的、頑固、冷静沈着などの意味を持つ。

ブレイク

ブレイク
Break (ブレイク)

チャート用語で文字通り“破る”という意味ですが、重要な上値抵抗線や下値支持線が破られたときに使われます。「上値抵抗線をブレイクした」など。

プライマリーサイクル

プライマリーサイクル
Primary cycle (プライマリーサイクル)

安値から安値まで13〜19週間隔で到来するサイクル。3ヶ月程度の期間を要することから中期トレーダーが主に利用します。サイクルで、ポジションは5週〜8週間程度保持します。 詳しくはメリマンサイクル分析の基本 中期サイクル1参照

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダー
Head and shoulder (ヘッドアンドショルダー)

天井をつけるときのチャートの形で3つの山を形成し、真ん中の山が最も高く、頭に見立てられ、両端の山を肩に見立てられています。仏像が3体並んでいるようにも見えるので、日本では「三尊」ともいわれています。

ホロスコープ

ホロスコープ
Holoscope (ホロスコープ)

天体の配置図。惑星、及び惑星群の織り成す角度、12の星座、12のハウスなどで構成されています。

ボトム

ボトム
Bottom (ボトム)

相場の底や安値を意味します。大底とか目先底など、時間により底のレベルが変わります。