メリマンインフォメーション

2015.03.31

2015年03月31日

3月30日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その2

航空機事故、地震、強風あるいはテロ活動など、人類の営みを危険に晒すもの全てに関連性を持っている(冥王星)ため、この手の天体パターンにとって、天災ないし人災の類は未知のものではない。つまり、尋常ならぬリスクに我が身の安全が守られる時間帯ではないという事である。しかしながら、この天体パターンは困難な問題に対する尋常ならざる鮮やかなアイデア、もしくは解決策(あるいはその両方)とも相関性を有している。世界の大国間での交渉の面では、突破口からの解決か、あるいは完全な破綻のどちらかを示す。核問題を巡るイランと米国を中心とした6カ国協議の“締結期限”は3月31日である。この協議は無事合意に達する事が出来るだろうか? それとも暗礁に乗り上げるか? 誰もが期待したようには上手くコトは運ばない、と惑星アスペクトは示唆している。とはいえ、何処の誰が一体何を期待しているのか、私にはわからない。通常、天王星は予期しないサプライズを伴っている。今回の組み合わせは、結婚やパートナーシップよりもなお別離や離婚、そして新たな恋の享受とより関連性が高いアスペクトとなる。これがイスラエルにとって良い前兆であると私は思っていない。ただその後、恐らく再び驚かされる事になるのではないか ― ここ最近、ちょっとの事では驚かないこの私であっても。
金融市場において、これら2つの天体サイン(太陽・木星トラインと木星順行+皆既月食時の天王星・冥王星とのT字スクエア)は相場を同一方向に導く。それは(通常)より多くの希望と相場の反騰と合致する、ただその反面、トレンドの突然の反転、即ち新たな(弱気の)トレンドに向けて完全な崩落相場とも合致するのだ。根本的に物事は変容する。以下の点にご留意願いたい。それは、一般的に株式市場は木星が好きで、金相場は木星が好きではないという事だ。ただしかし、金相場は活性化された皆既月食と天王星・冥王星ペアのような動きになる。何故ならこの天体位相はカオスを示唆しているからだ。冥王星が裏で糸を引いている場合を除き、金相場はカオスの中で栄えるのだ。
従って、33カ月に及ぶ天王星・冥王星のエグザクトリ・スクエアの期間は3月17日をもって終了したものの、今週の月食はこのテーマを今一度蒸し返す事になろう。ただ、これは一種の二番煎じのようなものになるのではないか。年月の経過と共に、その影響力は衰退していくものと思われる。つまり、天王星の影響力がゆっくりと薄れていくに従って、マーケットサイクルがよりこれまでのパターンへと回帰していくのではないかと私は思っている。実際、(相場)サイクルの正常化はもう既に始まっていると私自身は考えているのだ。3月2日の相場を思い出していただきたい。この日にNYダウ及びS&P500は現時点での史上最高値をつけている。この日は2014年9月26日(第一回)から2015年6月22日(第三回)までの間に都合3回形成される木星・天王星トライン(120度)の2回目が形成される前の日でもあったのだ。その一方で株式に関しては次回のMMAサイクルズレポートで特別レポートを掲載する予定だ。

2015.03.30

2015年03月30日

*都合により、今回は《短期及び長期見通し》のみの掲載とし、《回顧と展望》は割愛させていただきます。

3月30日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その1

非常に興味深い幾つかのジオコスミックシグナルが関与する期間に、現在我々は突入している。強気サイドでは4月2日(日本時間4月3日)の太陽・木星トラインと8日の木星順行(逆行の終了)がこれにあたる。大抵の場合、株式市場は(常時というわけではないものの)これらの天体サインに向けて反騰するケースが多い。通常、木星の性質は陽気。この星は楽観的で寛大である。しかしながら、木星本来が進むべき道を辿らない場合、この星はパニックと損失を拡大させる。

また同時期、牡羊座にいる太陽は今月17日にエグザクトリスクエアを解消したものの、ほぼスクエアの状態である天王星・冥王星ペアをトランスレーションする。即ち5日(日本時間6日)に(山羊座の)冥王星とスクエアを形成し、6日に(牡羊座の)天王星とコンジャンクション(0度)を形成するのだ。この天体イベントは強力である。何故ならこれは4月4日の皆既月食(太陽と月のオポジション)とも関連性があるからだ。この時、月は天秤座に位置しているので、これはカーディナルサイン(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)のうち3つのサイン内でT字スクエアが形成されるという事になる。

更に、これらの天体位相が全て今週末のイースターホリデー前後にかけて発生するという事は、近々主要マーケットで反転場面がある可能性がある反面、別の相場では相場の流れが急加速して非常に危険な状態に追い込む可能性も示唆するという事も意味する。
 そしてこの天空の集いのよる“影響力”はもう既に伝播し始めているようで、これは先週フランスはアルプスに激突したドイツ旅客機を操縦していた副操縦士による悲劇的な自殺行為と合致する。ただ、このアスペクトはまだ展開している最中で、その影響力はここから向こう10日間は続く。オーブ(許容範囲)も終わっていない。

2015.03.24

2015年03月24日

《おしらせ》今週のメリマンコラムは週末の大阪セミナーの準備等でお休みさせていただきます。

2015.03.19

2015年03月19日

3月16日付 メリマンコラム  《回顧と展望》 その2

しかしながら、中央銀行がECBのような量的緩和策による操作を行っていない英国にとってははかばかしくない。ロンドンのFTSEは先週下落し続け、木星・天王星トライン形成のちょうど前日である3月2日につけた記録的な高値のはるか下方に沈んでいる。
一方、日本の中央銀行(BOJ)もまた、似たような拡張的貨幣政策を採り入れており、金曜にはドイツやオランダのように、株式指数(日経)が数年ぶりの新高値まで舞い上がった。実に2000年4月以来初めて19,335に達したのだ。しかしながら、先週下落した他のアジアないし環太平洋地域の株式市場に対して同じ事は言えない。 “お金で愛は買えない” と言ったのは何処の誰だ? あるいは、“票” を。
だが、昨今のマネーとは一体何を指すのだろう? それは確実に金でも銀でもプラチナでもない。これらは先週下げ続けていた。金は今から2カ月前にも満たない1月22日、水星が逆行に転じた時につけた高値1308から、今や160ドル/オンスあまりも下げている。またそれは確実にユーロ通貨でもない。ECBによる *“Money ain’t for nothing(あぶく銭)政策” がユーロ通貨を拳で殴りつけ、2003年1月以来の安値水準へとダウンさせた。ユーロは先週、一時的に1.0500を1ポイント割り込んだのだ。以前このコラムで述べたように、ユーロはドルに対して等価(どころかもっと安値)になる道を進んでいる。昨今のキングは米ドルであり、そしてこれが最近開催したウェビナーの主要なテーマでもあった。

2015.03.18

2015年03月18日

* 今回は先に《短期見通し》から訳しました

3月16日付 メリマンコラム  《回顧と展望》 その1

ジオコスミック研究が示唆していたように、先週はまたまたワイルドな週となった。米国では株式市場が、弱気なテクニカルとジオコスミックの反転シグナルに対し、税金シーズンで退職金口座に流れ込む膨大なマネーの奔流が米国と世界の株式市場に噴出口を求めるという強気が真っ向から綱引きする闘技場となった。現在、私達は7回目にして最後の天王星・冥王星ワクシングスクエアの終焉に近付いているが、先週は牡羊座で火星が天王星とコンジャンション、冥王星とスクエアを形成し、それと同時にこの戦争の神(火星)が太っ腹で名高い木星にトラインを形成するのを目撃した。これは「恐怖」と「貪欲」、「怒り」と「陽気さ」の完全なるブレンド状態を作り出し、世界は「ムカつく気分」対「真実の誇張」との間で上に下に、行きつ戻りつしていた。
先週、市場がいかにロックンロールしていたかを理解してもらうために例を挙げよう。ダウ工業平均は月曜に140ポイント騰がり、火曜には333ポイント下落、水曜にはたった27ポイントの下げに留まったかと思うと木曜には260ポイント騰がった。だがその後、金曜にはまた145ポイント下げている。こういった動きは私達の日計り取引にとってはもってこいなのだが、市場の崩壊を心配する人々や、何故世界の他の株式市場のように史上新高値に届かないのかと疑問に思う人々にとっては気が滅入る状況だった。

これら「世界の他の株式市場」というのは、その殆どがヨーロッパだった。ドイツのDAXは引き続き国際投資家達のお気に入りで、金曜にまたもや新たな史上最高値をつけ、12,000に迫っている。オランダのAEXもまた、2008年1月以来初めて500近くまで騰がって数年ぶりの高値をつけた。これは全て金利をマイナス領域まで下げるというECBの決定を受けての動きだ。したがって、去年10月まで米国で見られた状況と同様に、投資家達は実質的にユーロ圏の株式市場に向けて追い立てられている。米国ではそれが上手く行った。そして今、欧州連合の各国でも上手く行っている。

2015.03.17

2015年03月17日

3月16日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その2

一方、金融市場及び現行の(世界)の経済及び政治情勢を探る上で、今週はジオコスミック上、2つの重要なイベントが起きる。一つ目は2012年6月以来我々の頭上に滞在し続けてきた天王星・冥王星スクエア最終局面を迎える【註:2012年から都合7回形成された正確な90度(エグザクトリスクエア)が今週7回目を迎える】。これは世界の何処に住んでいるかによって16日から17日にかけて発生する事になる(日本時間で17日の午前11:55ごろ)。この天体位相が終焉を迎えるにあたり、わたし自身は『ハレルヤ!』と叫びたい気分だ。多分これまでの日々を懐かしむようになるとは思えないが、ともかくも過ぎ越してこられたことを嬉しく思っている。社会の中でこの時期ほど激しい両極性と軋轢が生じるのを目にしたことは無かった。おそらく1960年代半ばを除いては…。
二番目の主要なイベントは春分(ジオコスミックにおける春の出発点であり、牡羊座に太陽がサインチェンジする日)と同時期に起きる(皆既)日食である。日食は3月20日に魚座の29度27分で発生、その数時間後に太陽は牡羊座の0度に達する。これほど春分と近接して起きる日食は非常に珍しい。【註:日本時間では20日18時37分に新月、即ち太陽と月がコンジャンクション(0度)を形成し、太陽は21日の午前7時46分に牡羊座入りする】

この二つのイベントは金融市場に影響するだろうか? おそらく影響するのではないか。しかしながら、歴史的に見て、これらは3月3日(オーブ±12取引日)に起きた木星・天王星トラインほどには、主要な相場の反転に強く関与していない。今までのところ、木星・天王星のシグナルはNYダウ、FTSE(英)、そして24時間の内にインドとオーストラリアに示現した高値など、世界の多くの株式市場に見られた史上最高値や数年ぶりの高値と合致している。

これらは今週のMMAサイクルズ・リポートで詳説するつもりのテーマだ。私はそれを書くのを楽しみにしている。何故なら依然として、世界の多くの市場において重要なリバーサルがすでにスタートしている、という可能性は非常に高いからだ。

215.03.16

2015年03月16日

3月16日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その1

先週の天王星・冥王星スクエアにおける火星トランスレーション(日本時間12日に発生した火星・天王星コンジャンクションと火星・冥王星スクエアの組み合わせ)の影響下の下、よく知られた高い暴力性を持つ新たなやり取りに関する我々の懸念が現実化した。
幼い子供達(5歳くらいか)が、テロリストグループISISの処刑執行人に仕立てられた画像がネットに投稿されたのだ。それに加え、ミズーリ州ファーガソンでは2人の警官が待ち伏せされて撃たれた。米国司法省によりファーガソン市警内部の人種差別についての報告書が発表されたこと、そして警察署長が辞職したことを受けて、人種間の敵対意識が高まるさなかの出来事だった。これは、大陪審が武器を持たない黒人少年を白人警官が射殺した事件について不起訴とした後に出された報告だった。不起訴理由は「人種偏見に基づく行為の証拠は・・・」まぁ、後はおわかりだろう。こうした出来事が作り出す混沌に対して、もし何か組織的に企図された内密の計画があるとすれば、それもまた天王星・(山羊座の)冥王星スクエアがもたらすテーマの範疇に入る問題ではないか。

このアメリカにおいて、憎しみは生きている。いや、憎しみは逃げ去りつつある。どう見えるかは、あなたが誰の声を聞き、何を読み取るかによって変わる。それは全て、これら2つの惑星―革命的/改革主義者達が、1965~1966年のコンジャンクション(オーブ±2年)によって非常に長いサイクルを新しくスタートさせた1960年代半ば以来ずっと続いてきた、天王星・冥王星が織りなす物語の一部なのだ。

今、我々はこの超長期の惑星ペアサイクルの1/4フェーズである2002~2015年の最後の節目に辿り着いた。1960年代のテーマは市民権であり、これが「憎悪と暴力」 対 「平和と普遍的な愛」という二重の力学と共に戻って来ている。この事自体、アストロロジー、あるいはジオコズミック研究がいかに有効かを明らかにするものだ。ジオコズミック・サイクルを理解した上で歴史を眺める行為は、そうでない時より遙かに深みをもたらすのだ。

2015.03.14

2015年03月14日

3月9日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その3

逆行運動が展開し始めるにつれて、彼は自分が欲する物事を実現することが困難になるかもしれない。彼のプロジェクトに歓迎されざる遅延が起きたり、過去の決定や行動(もしくは不実行)への説明責任を追求されたり、また未来に向けてのプランに対する批判が起きる可能性がある。土星が強調される時は、どんな事も簡単には行かない。通常は望むものを手に入れるためにかなりの苦闘を要する。大統領にとって、この期間は数週間続く。おそらくイランとの合意を確実なものにし、そして(または)議会の承認を得ようとする彼の取り組みは、多大なフラストレーションや遅延を生み出すことになりそうだ。

もし世界の株式市場がこうした話題に焦点を当ててくるとすれば、先週6日の動きは単にもっと深刻な何かの始まりに過ぎないのかもしれない。それでも、そろそろ税金シーズンの到来であり、今や莫大な額のドルが退職金口座に注ぎ込まれ、その資金が世界の株式市場に活路を求めそうな状況を考えれば、株式がここから真っ直ぐに下落していくとは想像しにくい。いやひょっとすると、下落する市場から儲けを出すようなファンドに資金が集まるのかもしれない。だがそうなるとすれば、それはあまりにも “米国らしからぬ” ことではないか。

2015.03.13

2015年03月13日

3月9日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その2

3月10日(火曜日)、火星(好戦的、攻撃的、リーダーシップ)が木星に調和的な火のトライン(120度)を形成する。つまり両方共に火のサイン(これもまた攻撃的でリーダー気質を持つ)に在泊しているということだ。水曜には火星が天王星にコンジャンクトし、同時に冥王星にスクエアを形成する。これは先週チリで見られたような、火山噴火を象徴するアスペクトだ。だが、今週はまた別の噴火と同期するかもしれない。これは特に米国とロシアの両方を巻き込む可能性がある。何故なら、この潜在的爆発力のある組み合わせは米国始原図の太陽・土星スクエア、そしてウラジミール・プーチンの出生図の太陽・天王星スクエアを刺激し活発化させるからだ。

またこれは陰惨な出来事、例えば人々を斬首したり、火あぶりにするといった、今や中東とアフリカにおけるテロリストのトレードマークと化したような行為をも象徴するアスペクトだ。こうした行為は2014年11月以来、最後の2回となる天王星・冥王星スクエアの下でエスカレートしているように見える。そしてこの天王星・冥王星スクエアの最終形成は、オバマとハメネイによる いわゆる “イラン核合意” のデッドラインに向かい、着々と積み上げられるエネルギーの一部となっている。

この週末には、土星が逆行に転じる。この宇宙イベントの近辺でも、しばしば金融市場の反転が起きることがある。何故ならこれは、拙著 “The Ultimnate Book on Stock Market Timing, Volume 3: Geocosmic Correlations to Trading Cycles” で述べた私達の研究に基づく、レベル1のジオコスミック・サインだからだ。しかしながら、土星の逆行はオバマ大統領に関する懸念に同期する可能性もある。土星は彼の出生図の月とはオポジションになり(人気に繋がることはめったに無いアスペクトだ)、冥王星とはスクエアになるのだ(力対力による試練)。

2015.03.12

2015年03月12日

3月9日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 その1

 
“人はこう聞くかもしれない。『この、盲目的信仰に近い協定について信頼を得るに値するようなことを、何かこの大統領はしただろうか?』と。それに、名前だけの「交渉人」ジョン・ケリーやイランの外相ジャヴァード・ザリーフのことなど忘れていい。これはたった2人の頭の中に存在する軍縮合意なのだ。その2人とはバラク・オバマと、そしてイランを統治する人物、最高指導者アリ・ハメネイだ。”

ー ダニエル・ヘニンガー
 “Obama’s Iran Entitlement(オバマとイラン交渉の資格)”
 ウォールストリートジャーナル紙 2015年3月5日付

“政府当局者達はこう言っています。もし交渉が決裂すれば、それはイランに何の制約も無く核利用を推進するための統制力を与えることになる。もしイランが核兵器の保持を決定するなら、それを止めるための軍事行動を取る他に道は無いと。”

ー ネタニヤフ首相スピーチ
 『賛美とフラストレーションを引き起こすイラン』より
 アソシエイテッド・プレス・アンド・TNS 2015年3月4日

マンデーン・アストロロジーは、私達が金融(金星)戦争から軍事(火星)戦争へとテーマを移しつつあることを示唆している。今週、金星は天王星・冥王星スクエアを離れ、火星がそれに取って代わるのだ。

数種のジオコスミック・サインが展開していくに従って、天空からはなお多くの試練がもたらされる。それが終わるのは7回目にして最後の天王星・冥王星スクエアが終了する3月16~17日だ。だがその後でさえ、過去3年〜7年に行われてきたことの結果を体験する日々が2020年初頭まで続いていく。これは単に、天王星・冥王星スクエアが乖離すると共に “カーディナル・クライマックス” として知られる惑星パターンが溶解し始め、そしてこの無法者達―2天体が、2046~2048年に予定されるオポジションへと向かう行程を開始するということに過ぎない。