メリマンインフォメーション

2015.03.11

2015年03月11日

3月9日付 メリマンコラム  《回顧と展望》 その2

過去数日をふり返ってみると、3月2日(月曜)にダウ平均は18,288の史上最高値をつけている。同日、ナスダック総合は2000年以来初めて5000以上で引けた。だがそれは続くようなものではなかった。3月2日は木星が天王星に対して2度目のトラインを形成する前日だった(天王星はテクノロジーを、木星は楽天的見通しを支配し、トラインは調和的なエネルギーを意味する)。これは2惑星の最初のトライン形成時(2014年9月25日)の様相に似ている。その日から3取引日前、ダウ平均はやはり史上新高値をつけたが、その後1カ月にわたる厳しい下落が始まり、10月中旬まで続いた。現在のケースを見ると、先週のS&Pは新高値をつけていない。新高値をつけたのは1週間前の2月25日だ。これによって、まさに私達が起きると予期していた設定、ジオコズミックな重要変化ゾーンにおける異市場間弱気ダイバージェンスが成立したことになる。

通貨市場と貴金属市場では、雇用統計後の修羅場はもっと凄まじかった。金4月限は1160近辺に向かって急落し、銀は15.75に下落、そしてユーロ通貨は数年ぶりの新安値である1.0840をつけた。急成長する雇用状況は、2月21日に開催したウェビナーでこの時期(そして今後)の流れとして予測した通りに米ドルを再び王座に返り咲かせた。

これらは皆、天王星・冥王星スクエアの最後の形成と、それに伴う金星と火星による天王星とのコンジャンクション、及び木星へのトライン形成に合致する事象だ。火星、木星、天王星の全てが時を同じくして互いにアスペクトを形成する時、金融市場がこのように大きく動く確率は90%はあるように見える。この組み合わせはそれほど爆発的な力を持っている。

このエネルギーはまだ過ぎ去っていない。終わるまでにもうあと1週間を残している。そしてその後徐々に、私達は “ニューノーマル” に合わせて心身を調整していく。とはいえ、それに慣れるまでにはもう後5年はかかるかもしれない。

2015.03.09

2015年03月09日

3月9日付 メリマンコラム  《回顧と展望》 その1

2月22日〜3月17日まで効力を発揮している強力なジオコスミック・サインのコンビネーションは、予測された道筋に確実に沿って働いている。先週は世界の多くの株式市場に史上新高値または数年ぶりの高値が示現し、その後ミュータブル・フルムーン(ミュータブル・サインで起きる満月)の直後となる6日(米国時間)には急激に反転している。
これは(現地時間)6日に発表になった2月の米雇用統計で非農業雇用者数(NFP)が前月比29.5万人増と、市場予想(24万人前後の増加)を大幅に上回る数字を出した後の成り行きとしては非常に興味深い。この爆発的な数字が米国株式に対する大きな需要を生み出すと考えたかもしれない。だが実際は反対に、これほど大きく改善した数字が出れば、FRBがすぐにでも金利を上げることになるのではないかという懸念が高まり、NYダウこの日に300近くも下落したのであった。これはもしかすると、株式市場のみならず、いわゆる “グレート・エコノミー” の頂点を意味するのではないか?という疑問が生じてくる。株式市場の急落は実際にFRBによる差し迫った利上げ議論を終わらせるか遅らせる可能性がある。勿論もし株式市場の大幅下落が続けばだが、これら発効中のジオコスミック・サインが示す歴史を顧みれば、それは大いにあり得ることだ。先週火曜に起きたチリのビジャリカ火山の噴火だけがこの時期に起きた唯一の “爆発” という訳ではなかった可能性がある。

2015年02月27日

2015年02月27日

レンジ幅次第に縮小傾向

2015.02.21

2015年02月21日

*来週のコラムはメリマン氏がセミナーを開催するとの事でお休みになります。
2月16日付 メリマンコラム  《長期見通し》  その3

誰もが米国の経済は強く、しかも上向いていると考える一方で、ヨーロッパ、中国そしてロシアは弱まり、これが続いていくだろうと考えている。インフレーションを生み出すという各国中央銀行の誓いにもかかわらず、デフレーションが世界を支配すると誰もが考えている。中央銀行がこのゴールに到達出来ないと考える理由は何だろう? 彼らは望む物は何でも手に入れる。もしインフレを望むなら、彼らはそれが手に入るまで止まろうとはしない。

しかし、土星(損失)が射手座(自由)を運行する下で、彼らは自分達が望む時にそれを止められるのか? 止まる事は止まるかもしれない。だが、彼らが “望んだ時” にそれが止まるとは思わない。一旦 “力” が働いてしまえば、何か新しい規則が支配的になるまで、それを止めるのは困難だ。そして、新しいルールが大衆(集合体)の振る舞いに変化をもたらすには時間を要する。もっと衝撃的な事は、誰もが予測する以上のスピードで政府(土星)が大きくなる(射手座)につれて進行する自由(射手座)の浸蝕(土星)かもしれない。それに加え、2015年中盤までに、木星(増大)が土星(収縮)に対し困難なスクエアを形成し、こうした原理をダブルで強調していく。もうおわかりのように、これは生易しい事ではない。

では経済の現状に戻ろう。2008~2014年にかけての政府の大型化にもかかわらず、金利が低いままだったことから、株式市場は反騰した。だが経済政策もまた今、移行期に入っている。FRBはQE(量的緩和)に基づいた毎月の国債購入プログラムを停止した。そしてそのZIRP(ゼロ金利政策)は終了しようとしていると一般に信じられている(果たして本当か? 私はまだ信じていない)。米国でこれが起きると共に、ヨーロッパと日本は彼ら自身の経済高揚のために、新たな大規模緩和策に乗り出した。この新しいトレンドがスタートするにつれて、米ドルは強さを増し、もう危険なほど弱いとは見なされなくなっている。一方ユーロ、円、ルーブルは通貨安への流れを引き継ぎ、その方向へと急速に向かっている。これら全ては2015年に展開する変遷の一部であり、この地球と相互に然るべき角度を形成する惑星群の織りなすシンボリズムを反映しているのだ。

今は宇宙からの力が強烈な時だ。特に今現在から3月いっぱいまでは強力だ。だが今年中、そして土星が海王星にスクエアを形成する2016年も、ある程度その強烈さは続いていく。

2015.02.20

2015年02月20日

*来週のコラムはメリマン氏がセミナーを開催するとの事でお休みになります。
2月16日付 メリマンコラム  《長期見通し》  その2

この惑星トリオが33カ月に及ぶ長期のワクシングスクエアを完了する時、それは終わる。2012年6月24日〜2015年3月16日(日本時間17日)まで続く、牡羊座の天王星と山羊座の冥王星とのスクエアがその締めだ。この鉄人舞踏会の終了が7年にわたるカーディナル・クライマックスの終焉と同期するのだ。まもなく、私達はこの2つの宇宙嵐を “過ぎ越して” いく。私達は生き残った―だが今や私達はそれぞれに、この集合的なイニシエーション/参入儀式を通過する以前とは異なる者になっている。

しかしながら、もう一つ宇宙からの高圧力が私達を前にして発効し始めている。現在、土星が冥王星に対して315°のセミスクエアを形成し、天王星に対して225°のセスキコードレート形成圏に在るのだ。言葉を換えれば、2014年11月27日~2015年の大半にかけて、土星、天王星そして冥王星が今再び互いにハードアスペクトを形成することになる。また、3月16日に天王星・冥王星の正確なスクエアが終わるとしても、2015年末までは、両惑星とも互いに1°のオーブ圏内に在泊し続ける。これは何を意味するだろう? それは、私達が、2010年夏から2011年中盤にかけて経験したのと同じタイプの多くの惑星力学に再び曝されるという事なのだ。

こうした力学がもたらした現象には、EUの存在基盤を揺るがす脅威となった最初のギリシャ救済措置、誰もが終了しつつあると思っていた時に為された量的緩和策(QE2)のリセットと、それに伴って各国が自国通貨を最安値にしようと競う、通貨戦争のスタートが含まれる。またそれは、中流階層の貯蓄者達が経済困窮に陥り、それが彼らを投機的な株投資へと追いやって ETF(Exchange Traded Funds/上場投資信託)を全体に押し上げる現象の始まりでもあった。今や投資は高度な技術を要し、突如として取引スピードが ―全くもって― 投資家の命運を左右する事となった。

2015.02.19

2015年02月19日

*来週のコラムはメリマン氏がセミナーを開催するとの事でお休みになります。
2月16日付 メリマンコラム  《長期見通し》  その1

“自らの理想主義の炎がいかにして5歳という年少期に点火されたかについて、アクセルロッド氏は語った。彼は当時ニューヨークで行われたジョンF.ケネ ディの選挙集会に連れて行かれ、そこで語られた「我々の未来の主は我々自身であり、政治はそれを形作るための道具である」というメッセージを何らかの形で 自分の中に取り込んだと言う。― デヴィッド・アクセルロッド, Believer : My Forty Years in Politics”

― 書評 “The Handmaid’s Tale” より, ダニエル・ヘニンガー, ウォールストリートジャーナル Bookshelfコラム, 2015年2月10日

“ロナルド・レーガンはそれを理解していた。彼は「国民は政府が制限されない限り自由ではないという事を、人々にもう一度気付いてもらいたいと願う。世の中にはまるで物理法則のように整理され、予測可能で明解な因果の法則が存在 する。すなわち政府が大きくなれば、自由は収縮するのだ」 と述べた。”

ー スコット・カウフマン, ミズーリ州カンサスシティ “ケインズ時代の終焉”より, ウォールストリートジャーナル投稿コーナー, 2015年2月12日

あらゆるレベルの視線を通して見ても、現在の私達は壮大な過渡期に在る。ファイナンシャル及びマンデーン・アストロロジャーの観点から言えば、太陽系とその一員である地球の位置からしても、それは確固たる真実だ。2008年1月から2015年3月16(17)日にかけて土星、天王星、冥王星の全てが互いにハードアスペクトを形成し、その殆どがカーディナル・サイン同士である、いわゆる “カーディナル・クライマックス” が展開している。これが前回起きたのは1928年~1934年のことだ。したがって「七年間の艱難」(実際は7年と2カ月だが)は、あと1カ月で終焉を迎える。

2015.02.18

2015年02月18日

*来週のコラムはメリマン氏がセミナーを開催するとの事でお休みになります。
2月16日付 メリマンコラム  《回顧と展望》 その2

極東及び環太平洋地域では、ASX(豪)が13日に5850まで舞い上がった。これは2008年5月以来の最高値水準だ。日経平均株価は2月12日に瞬間18,000円の大台を越え、2014年12月に記録した7年ぶりの高値18,030を試した。中国、香港、そしてインドの株式指数は先週後半の4日間反騰し続けたが、どれも史上最高値には未だに遠い。特に香港(ハンセン指数)が一番弱かった。
南米では、ボベスパ(ブラジル)とメルバル(アルゼンチン)の両指数が共に騰がったが、年初来高値にはほど遠い。米国ではナスダック総合が2000年3月につけた史上最高値以来初の最高値水準まで舞い昇った。S&P500は史上新高値を記録したが、ダウ工業平均はわずかに足らず、異市場間弱気ダイバージェンスの可能性を示した。

先週の金と銀は、金が2月11日に1216.50(4月限)まで下落したものの、銀は前週6日の安値1654(3月限)を割る事なく推移し、異市場間強気ダイバージェンスを示唆した。13日の金曜には、銀が1743まで騰がり、金は1235を試したが、結局1230を割り込んで週の引け値は1227.10となった。原油は2週間前の1月29日に記録した安値43.58(3月限)から20%近く騰がった所に控える53~55の抵抗帯を前に、50付近での往来相場に帰結していた。

押しなべて、今年初の風のサイン内で起きた水星逆行の終わりを見た週としては悪くなかった。こうして我々は、2月22日〜3月16日に起きる今年最大の注目すべきジオコスミック・サインの集合に備えることが出来る。また3月16日(日本時間17日)は、2012年6月24日から始まった厳粛な天王星・冥王星ワクシングスクエアの終焉でもある。翻ってこれはまた、2007年1月から始まったカーディナル・クライマックスの基幹部の終わりをも意味するのだ。我々はこの事に “ハレルヤ!” と言おう。

2015.02.17

2015年02月17日

*来週のコラムはメリマン氏がセミナーを開催するとの事でお休みになります。

2月16日付 メリマンコラム  《回顧と展望》 その1

読者の皆さん全てに、ハッピー・バレンタインデー! そして米国在住の方々にはハッピー・プレジデントデー!

ロシアとウクライナからヨーロッパまで、突然革命が起きて米国海兵隊が武力解除を命じられたイエメンから、第二次世界大戦中の戦争犯罪の補償金を(またもや)ドイツに要求したギリシャから、ISILによるテロの脅威が続くシリアとイラクに加えて今やエジプトとアラビア半島まで、またイスラエルにとって脅威となる次期核開発を止めるための包括合意期限が後4週間と迫りながら難航する交渉を続行中のイランと米国まで、はたまたフランスの法廷においてセックス・パーティに自分が長年にわたって参加してきた理由は「私が激務に追われていたからで、こういったパーティはレジャー目的の集まりであり、ちょうどデコンプレッション(圧抜き)・バルブのようなものであった」と証言した前IMF(国際通貨基金)専務理事 ドミニク・ストロスカーン(2月11日付ウォールストリートジャーナル)まで…… 世界を巻き込みつつある全ての厄介事にもかかわらず、先週の市場はホリデー気分だったように見える。

そうだ。私達は皆、この目まぐるしい天王星・冥王星の日々がもたらすストレスと付き合うために、このデコンプレッション・バルブを使うことが出来る。

世界を悩ませるこれら全ての厄介事と “懸念の壁” をよそに、先週は殆どの株式指数が調子良く、いくつかの指数は数年ぶりの新高値を記録したり試したりした。

ヨーロッパでは、金曜(13日)にDAX(独)が11,000の壁を初めて越え、新たな史上新高値まで舞い上がった。AEX(蘭)は2008年6月以来の最高値水準406.06に跳ね上がった。FTSE(英)は6887まで反騰、これは2014年9月3日につけた15年ぶりの高値にはあと少しで届かなかった。後れを取ったのはSMI(スイス)で、8665まで反騰したが、これはスイス国立銀行はユーロとスイスフランのペッグ制廃止直前の1月13日につけた9292には遠く及ばなかった。MICEX(露)もまた非常に調子良く1839まで騰がったが、これは2014年1月につけた長期サイクルの底1182からは58%の値上がりとなる。しかしそれでも、2007年12月に示現した史上最高値1970には少し足りない。西側の経済沈滞を示す全ての危機をよそに、多くの資産運用会社がロシアを投資に適すると考えているのは明らかだ。こういった事象は、彼の地で―いや此処で―本当は一体何が起きているのか?という疑問を生じさせる。

2015.02.16

2015年02月16日

*今週は先に《短期見通し》からはじめます。
*プレジデンツデーで16日の米国市場は休場です。
*来週のコラムはメリマン氏がセミナーを開催するとの事でお休みになります。

2月16日付 メリマンコラム  《短期見通し》 

水星は2月11日(日本時間11日23時58分)をもって逆行運動を終了した。(金融市場に関して)大きな意味を持つジオコスミック・サインが連なる次の時間帯は2月22日~3月16日である。更に今週、注目すべきは2月19日~20日。この時、金星及び火星が共に牡羊座にサインチェンジする(このサインチェンジは火星が日本時間20日9時ごろ、金星が21日5時ごろ)。更にその後両惑星は22日(日本時間14時ごろ)にコンジャンクション(0度)を形成する。牡羊座を支配する惑星は火星である。それゆえに自己主張が強い人、さらには攻撃的な人までもがエネルギー充填という恩恵に浴するかもしれない。これは新たな戦闘、新たな軍事行動を示唆する可能性がある。

しかし、金星は牡羊座ではあまり居心地が良くない。何故なら金星は平和、愛、そして合意を好むからだ。火星と牡羊座はむしろ闘争の方を選び、自らの剛胆さや勇気を表現する機会を好む。これらが共に働く時は、平和への合意については幸先良いとは言えないのだが、軍事的に優位に立つ者にとっては都合が良い。このエネルギーは感覚としてこう言っているようなものだ。“私は私自身が望んだように行動するという合意に我々が達することを望む”。もしそうならなければ、今週末に巨大な宇宙フォースが生成される時間帯に突入すると共に、こうした態度はより攻撃的かつ戦闘的になるかもしれない。

その一方で、このアスペクトは情熱と、“デコンプレッション” すなわち “圧力の減少” や “復元” といった類いの経験については良い感じに働く。さしずめドミニク・ストロスカーンならこちらを選ぶだろう。考えてみれば、誰が圧力からの解放を嫌うだろう? 金星と火星の下で、私達は更に多くの “デコンプレッション” 的現象を目撃するだろうと私は考えている。

2015.02.14

2015年02月14日

2月2日付 メリマンコラム  《長期見通し》  その4

世界の株式市場は、この天王星・冥王星スクエアに対し、このシグナルが持つ歴史が示すようなドラマチックな反応は(まだ)見せていない。経済においては、世界の多くの地域がデフレのために不安定になっており、特にヨーロッパではこれが重大な懸念だ。 

今、世界の大多数が米国は経済的に力強く活発だと考えているが、それはもしかすると過去数ヶ月間の有望な雇用の伸びにもかかわらず、現実というより神話に近い話かもしれない。実際に起きている現実を粉飾している可能性もある。何故なら、経済がその回復途上でここまで来ている場合…失業者数が不正確か、あるいは…雇用という概念そのものが大きく変更されて(常勤とみなされる労働は週40時間から週30時間に変更された)雇用統計 が極度に誤解を招く内容にでもなっていない限り、賃金の伸びはもっと力強くあってしかるべきだからだ。さて、米国経済はアナリスト達が考えているほど強いのだろうか? あるいは世界の他の地域に足並みを揃え、今にも再び下降する瀬戸際にあるのだろうか?
これから3カ月の内に、その答が出るだろうと私は考えている。そしてまた、3月に起きる出来事や下される決定は、幾多のレベルを貫いて存在する現実とファンタジーの狭間で、私達の意志力が試されるきっかけになるだろうとも思っている。 結局のところ、土星もまた海王星に対するスクエアのオーブ範囲内にある。そしてそれは、世界の政府の中で大きな力を持つ指導者達、例えば米国大統領バラク・オバマのネイタル・チャート(出生図)にも触れているのだ。

月のノースノードがいまだにそのサイクルの成長局面にあるとしても、後に続く上昇を伴う急下降はあり得る。各星座宮を巡る月のノースノードの研究は、それが乙女座の中盤度数を運行する時、株式市場が暴落し底が示現しやすいこと示している。それは今から12カ月〜18カ月後のことだ。となれば、下落はその前にスタートするはずだ。