メリマンインフォメーション

2015.10.05

2015年10月05日

10月05日付 メリマンコラム 《短期見通し》

今週から新たに種々のジオコスミック活動が重なる時間帯が始まる。期間は10月6日から11月2日。この間金融市場の反転に関連性のあるジオコスミックサインが13も出現。これらのサインは相互に6暦日と離れていない。またこれらの期間中は幾つかのジオコスミックサインが集積する時間帯に分かれ、そこでは2つのアスペクトの間隔が4日と離れていない。そのうちの1つが10月6~17日に発生。この時間帯の中には水星順行(10月9日)、金星・土星スクエア(90度:10月11日)、更に太陽・天王星オポジション(180度)と前後して木星・冥王星トライン(120度)が起こる(ともに10月11~12日)。この期間の始まりは太陽・冥王星スクエアから始まる(10月6日)。即ち上記の太陽・天王星・冥王星の関係は10月6~11日にかけて広義のT字スクエアの関係(太陽トランスレーション)になる。この期間中の自然現象としては火山の噴火、洪水、地震、ハリケーン、竜巻、そして強風と関連性を優位している。一方、金融面としては相場の(更なる)突発的な反転、(更なる)大きな相場変動と関連性が高い。また10月6~17日のなかの11日間、(原油の支配星である)木星と海王星のアスペクトがぎっしり詰まっているので、原油相場が再び突発的な急変動に見舞われる可能性が示されている。

テクニカル指標、並びにチャートパターンの観点では、多くの株式指標がまた良い感じになってきているように見える。しかしながらジオコスミック面では、今後2週間はまだ危険が潜んでおり、状況が突如後退して再び懸念の急落が起きかねないことを示唆している。したがって私達は、ある研究では強気に転じながら、他の研究においてはいまだにさらなる急落の危機が警告されるという、興味深い時期に入りつつある。

*《回顧と展望》は先週末の雇用統計と水星逆行に関しての記述につき割愛させていただきます。
*今週も《長期見通し》はお休みさせていただきます。

2015.09.29

2015年09月29日

9月28日付 メリマンコラム  《短期見通し》その2

(東部時間で)9月28~29日が過ぎると、事案が雲散霧消してつかの間の休息の時間が訪れるやも知れない。とはいえ、自ら首を突っ込もうとする者は誰もおらず、皆往々にして現実から目をそらし、ただただ霧の晴れるのを願うばかりだ。

水星逆行は中間点を過ぎた事で、順行日(10月9日)に向け逆行速度が日を追って低下していくので、誰もが次はこうなると睨んだ展開ほどには、ボラタイルな動きはないかもしれない。まだまだいうべき言葉は幾らもあるだろう。何故なら、水星はまだ天秤座に入居中であるからだ。まさに、言葉は決定的なものではないのだ。それは言葉(トーク)ばかりで行動は伴われない。マーケットにとって、この期間は一辺倒で事を進めるのは褒められたものではない。その後に真逆の考えから別の物事の進行を遅らせる。それは恐らく螺旋のような存在といえる。エネルギーは建設に建設を重ねていく反面、まだまだ爆発レベルまでには全く至っていない状態である。10月、並びに都合3回、2014年12月3日、2015年5月4日と続き、10月22日(日本時間23日)に発生する土星・天王星セスクィクォードレート(225度)の最終回に向けて十二分に活動するまでの間は。

2015.09.28

2015年09月28日

本日はコラムの《短期見通し》のみを掲載します。

9月28日付 メリマンコラム  《短期見通し》その1

今回の水星逆行(9月17日~10月9日)のピークは、恐らく9月28日に出現するのではないだろうか。
我々のルールは以下の通りである:水星逆行開始日付近で最低でもメジャーサイクル(MC)レベルの天底をつけなかった如何なる相場も、逆行中間点で(天底をつけて)反転する傾向が有る。
NYダウ並びに通貨市場(ユーロドル)は逆行開始日である17日付近でMCの天井をつけたとみられるが、金銀相場はまだつけている様子がない。
しかし、水星逆行中間点付近にそうとうするこの時間帯は、(相場の節目として)強化される可能性が高い。その理由として挙げられるのが27日日曜夜(米国東部時間)に牡羊座-天秤座の初期度数で発生する強力な皆既月食(満月)の存在である。
数年前に行った研究発表の席で、太陽の天秤座入居中の新月もしくは満月発生時、実際に発生した“10月効果”による“大きな下げ場面”が如何なるものかを私は実証した。
月食とは即ち満月である。その月明かりが地球の影に隠れてしまう状態である。米国であれば日曜の夜、欧州ならば月曜の早朝に見る事ができる(日本時間では28日午前11時52分に満月が発生)。先述の10月ではないが、この時太陽は天秤座、月は牡羊座にあってオポジション(180度)の関係、即ち満月となる。ここでは平和と外交(天秤座)、戦闘と紛争の脅威(牡羊座)、これら二つのサインが結合していくように見える。
また、この日に米露首脳会談が行われるというのも興味深い。オバマもプーチンも共に牡羊座生まれである。傍目にはピースフルで快適に見えるかもしれない。その反面、行間を読む必要性、あるいは間もなく何が起こるかをつぶさに観察しておく必要があるかもしれない。結局の所、ここは“トリックスター”である水星逆行のピークでもあるのだと思う。

2015.07.19

2015年07月19日

《お知らせ》
いつもメリマンインフォメーションをご覧戴き、誠にありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、諸般の事情により、しばらくメリマンインフォメーションの掲載をお休みさせていただきます。

なお、通常のMMAレポートは臨時で刊行されるスペシャルレポートも含めて、通常通り発行させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

2015.07.07

2015年07月07日

*今週も都合により《短期見通し》のみの掲載とさせていただきます。

7月06日付 メリマンコラム  《短期見通し》

目下、金星と木星のソフトで調和の取れたアスペクトが去ろうとしている。そして、その後は太陽と火星が天王星・冥王星ペアと形成するハードにして試練のアスペクトがやってくる。前回のコラムでは次の通り述べた“7月初めの数日後、天界のバランスは急速に変化する。太陽系の3つの吉星(太陽、金星、木星)による調和的なアスペクトを経て、太陽と火星が7月6~25日に天王星・冥王星のペアとのTスクエア形成に入っていくにつれて、不満声の騒音と闘いのドラムが鳴り響き始める。まるで天気に恵まれた気持ちの良い日にピクニックに出かけたら突然黒雲がムクムクと湧いて風が起こり、あたり一面が猛烈な嵐に見舞われるようなものだ。【註:太陽と天王星・冥王星ペアのT字スクエアは7月6日に太陽・冥王星がオポジションを形成し、7月13日の火星・天王星スクエアをもって完成する】目下、金星(7月25日)、そして天王星(7月26日)の逆行開始期に向けたレースが展開中である。また、それと同時に、天王星・冥王星・火星のT字スクエアの最終局面が起きるのだ【註:火星と天王星・冥王星ペアのT字スクエアは7月15日に火星・冥王星がオポジションを形成し、7月25日の火星・天王星スクエアをもって完成する】”。

 7月6~12日にかけて太陽は天王星・冥王星ペアサイクルとトランスレーションする。この天体位相は、多くの金融市場において、世界の指導者からの突然かつ予想だにしなかったアナウンスメントに絡んだ大きな価格の上下変動を示唆する。あるいは、それは自然界においては、たとえば地震や熱波、強風や電気関連の障害など、突然かつ予想だにしなかった現象をも示唆する。更にその後、7月15~25日の火星トランスレーションへと連なる。締めくくりは7月25~26日の金星と天王星の逆行。これは即ち、その後の何らかの政治的な終わりを示すものの、それは同時に金融面での一大事が吹き上がる可能性があるという事をも示唆する。先週世界が経験した出来事よりも、なおいっそう破壊的で波乱を含む何かが巻き起こるかもしれないとでも言わんばかりの破壊や混乱が、今月の残りの期間中に起こる可能性を、このジオコスミックサインは有している。

2015.06.30

2015年06月30日

*今週は《短期見通し》のみの掲載とさせていただきます。

6月29日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》

皮肉なものである。2つの重要なデッドライン、即ちギリシャの(IMFへの)債務返済(もしくは債務不履行)とイランの核開発を巡る(米国を含む)6カ国協議の期日が6月30日にやって来る。交渉担当者にとって、これ以上良い星回りは望むべくもなかったろう。それでも、これらの期日が守られると楽観視する人々は非常に少ない。マンデーン(そして伝統的な)アストロロジーにおいて、金星は合意の原理を象徴する。そして月曜には金星が天王星に調和的なトラインを形成し、水曜にはアストロロジーの宇宙において最も寛大な惑星、木星にコンジャンクション(0度)となる。その上、太陽もまた7月1日には平和愛好者の海王星に調和的なトライン(120度)を形成する。もし世界の金融界、及び政界の指導者達が、天空のもたらすこのような韻律の下で合意に達することが出来なかったなら、この同じ韻律は大いなる失望の象徴と化し、宇宙がもたらした絶好の機会をまたもや損失することになる。そうなれば、一部の関係者が抱く水面下の真の動機を疑う必要があるだろう。だがそれはいったい誰だろう?

金融市場の観点からすれば、これらのジオコスミック・サインは株価の上昇に寄与するが、貴金属にとっては必ずしも良いとは言えないかもしれない(またも木星絡みだ)。だがこれら全ての状況はすぐに変わる可能性がある ー 貴金属と株式の両方において、そして人類にとっての “地球の平和と善意” への機会においてもまた同様だ。

7月初めの数日後、天界のバランスは急速に変化する。太陽系の3つの吉星(太陽、金星、木星)による調和的なアスペクトを経て、太陽と火星が7月6~25日に天王星・冥王星のペアとのTスクエア形成に入っていくにつれて、不満声の騒音と闘いのドラムが鳴り響き始める。まるで天気に恵まれた気持ちの良い日にピクニックに出かけたら突然黒雲がムクムクと湧いて風が起こり、あたり一面が猛烈な嵐に見舞われるようなものだ。【註:太陽と天王星・冥王星ペアのT字スクエアは7月6日に太陽・冥王星がオポジションを形成し、7月13日の火星・天王星スクエアをもって完成する】

目下、金星(7月25日)、そして天王星(7月26日)の逆行開始期に向けたレースが展開中である。また、それと同時に、天王星・冥王星・火星のT字スクエアの最終局面が起きるのだ【註:火星と天王星・冥王星ペアのT字スクエアは7月15日に火星・冥王星がオポジションを形成し、7月25日の火星・天王星スクエアをもって完成する】。

2015.06.22

2015年06月22日

今週のコラムですが、メリマン氏が講演のためお休みとさせていただきます。

2015.06.17

2015年06月17日

6月15日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》3/3

その上で、2015年後半から2016年までにかけて(都合3回)形成される土星・海王星ワクシングスクエア(90度)に焦点が当たり始める。この天体位相は、重要な長期サイクルと最も関連性が高い傾向と長期的な投資ストラテジーの必要性を持っている。更に重要な金利とも相関性が高い。とはいえ、今のところは6月20日~7月1日の調和の取れたジオコスミック環境が巨大な多国籍企業ならびに財務保障における主要な合意を生成して行くだろうという希望を投影していこうではないか。

2015.06.16

2015年06月16日

6月15日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》2/3

実際、最近のECB(欧州中央銀行)総裁、マリオドラギの動きは「投資家はボラティリティになれるのが賢明だ」といわんばかりである。またこれは、来月7月以降のジオコスミックサインからも同じ事が言える。事実、ひょっとすると我々は、8月6日まで全編を通して金融界に吹き荒れる結構な乱気流に巻き込まれているのかもしれない。何故なら、矢継ぎ早に主要天体位相が形成されていく強力なジオコスミックサインのシリーズは6月29日~8月6日であるからだ。
(金融アストロロジーを知る)投資家にとって目下の関心時は6月14日(日本時間15日)の太陽・火星コンジャンクション(0度)である。このアスペクトは前後8度のオーブ(許容範囲)、即ち前後1カ月のエリアで10%以上の相場の反転と非常に高い歴史的相関性を有している。ここで問題となるのは、(米国株式)相場の反転下落がもう既に始まっているのかどうかトイウ点。あるいは、もし相場が7月中旬までに今一度(史上最)高値を指向した場合は、そこから反転下落しよう。
 来週になると、木星は天王星と都合3回形成されるトライン(120度)の3回目(最終回)が控えている(6月22日)。このアスペクトは前後8営業日のオーブでPC以上のサイクルと85%強の相関性を有しており、実際今回のトラインでも過去2回相場の天井と関連していた。このトラインの初回は14年9月26日、2回目は3月3日。NYダウは14年9月19日ならびに3月3日に重要な天井を付けている。さて、今回のトラインはどう相場に反応するだろうか? 仮にここで株式の天井が形成された場合は、(買いポジションは)幾許かを利食いし、その上でドテン売りに転じても良いかも知れない。

2015.06.15

2015年06月15日

*今週も、都合により《回顧と展望》は割愛し、《短期及び長期見通し》のみの掲載とさせていただきます。
なお、この掲載は3回を予定としています。

6月15日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》 1/3

多くの重要な期限が6月30日にやってくることが示されている。債務問題に喘ぐギリシャが直面するデフォルト(債務不履行)の期限は6月30日。核開発を巡るイランとの6各国協議の期限は刻々と変わって行ったが、現時点では6月30日に前倒しされている。これは実際のところ、エレクショナル・アストロロジー【註:簡単に言うと何かを行う日時や場所の吉凶を占う手法】の観点ではポジティブといえる。何故なら、6月30日付近の天体位相とこれらの事象とを照らし合わせると非常に良好な状態であるからだ。例えば、6月22日の時点で木星は天王星と調和の取れたトライン(120度)の関係になっている。これは突然かつ刺激的なブレイクスルーのシンボルとなっている。金星も6月29日~7月1日にかけて木星とコンジャンクション(0度)の関係に(7月1日)なると共に、天王星とトライン(120度)の関係になる(6月29日)。これらの天体位相は合意の可能性を強化する。仮にそうなった場合、世界の株式市場は暴騰するかもしれない。

しかしながら、ここで合意に失敗すると、ジオコスミックでは太陽と火星が冥王星とオポジション(180度)、天王星とスクエア(90度)という、より不協和音(discordant)なアスペクトの時間帯に入ってしまうという点にも触れておく必要はあるだろう。7月6~15日の太陽/冥王星と火星/冥王星のオポジション(180度)の時間帯は特に厄介な時間帯かも知れない。何故なら、これらは世界規模の安全保障問題、ならびに金融セキュリティに関してサボタージュ、敵方の力をそぎ落とす秘密のプロット、そして新たな懸念のサインとなり得るからだ。