昭和の風林史(昭和五七年九月八日掲載分)

2018年10月03日

生糸相場の雲行き怪し

小豆の安いところを叩くと?まった時はひどいことになる。輸大は時間調整。

生糸市場のほうが、なにか騒然としている。今月納会締める、締めると前宣伝は、つつがなくゆき渡っているが、渡し物も日毎にふえて、これが買い方二本の柱が、この納会受けざれば七月小豆の二の舞い必至―と、融資を懇願すれど、案外、中ちゃんという人、クールな人生観の持ち主だし、六本木崩しのきっかけとなった話題もあるから人生意気に感じて敢えて資金援助するかどうかは彼の胸先三寸にある。

まして、仕手に資金援助しての買い占め、玉締めは取引員モラルの問題とされているから、出来んだろう。

小豆のほうは、これはどうなんだろう。

ひょっとすると、目先戻すとみたのは、曲がりになったかもしれない。

提灯が随分ついているようで、なにが怖いといってこの提灯ほど怖いものはない。松尾芭蕉は、鶏頭や雁の来る時なをあかし―と。風林や提灯つくころなを曲がりとなるかもしれない。

このような時は、当てようと思うと曲がる。

相場は薄商い。人気は三万円傘(笠)。戻りを売っておけばよいという。

確かにそうかもしれないが、あまり売り込むと、下がらんのが相場。

まして東西取り組みがふえつつある。戻す時は一発高になりそうだ。

輸入大豆は前二本のファンダメンタルズが強気有利に展開しているから、月の中旬頃から目の醒める動きになるだろう。

期近二本はシカゴも豊作も、為替変動も関係ないところの相場である。

まあ、のんびりと力をためておけばよいだろう。

●編集部註
 生糸・乾繭市場も平成の御代にはない。昔は一人の実業家をのめり込ませた挙句に商品取引員まで買収せしめる程であったのに、いまではキーボードで直ぐに変換されない。AIによる予測変換機能全盛の中、〝きいと〟は「生糸」と一発で出て来るが、〝かんけん〟は「官憲」「漢検」となり、候補にも入っていないという悲しさ。
 老兵は死なず、ただ、消え去るのみ―。
 相場とは関係ないが、この頃一人の老俳優が人気時代劇の主役を降りた。
 その人の名は東野英治郎(ちゃんと予測変換で名前が出る)。テレビの水戸黄門役と言えば筆者の頃は東野英治郎だった。
 この問いへの回答には世代間ギャップが生じる。
二世代前なら月形龍之介、一世代後なら里見浩太朗、二世代後は、水戸黄門自体を知らぬ可能性が…。

昭和の風林史(昭和五七年九月七日掲載分)

2018年10月02日

小豆はこのまま崩れない

小豆は、このまま崩れるには少し早や過ぎる。安値叩くと強烈斬り返しがこよう。

小豆は自由化問題という山より大きな猪(しし)が出るかもしれないという警戒感がある。

これだけは、誰にも判らないから困る。

生産者は、農業政策に協調して小豆の増反に踏み切ったが、増反したは、自由化になったは―では、踏んだり蹴ったり、政府を信頼できなくなる。

週明け小豆相場は在庫が思ったほど減らなかったことと、台風15号が産地に関係なかったこと、作柄は申し分ない―などで売られた。

戻りが鈍かったり、三万一千円台の買い玉が整理されていないことなど、ズボーッときた。

しかし、これを売ると?まるように思う。

いまの時期としては九千円割れに落ち込むのは少し早い。

ここのところは逆張りでなかろうか。

産地はこれから早霜の不安におびえる。豊作人気で売り込むと、あと早霜一発で強烈斬り返しになる。

筆者は、目先的に反発するところとみていたが、一段安に叩いて、その反動で反発するのかもしれない。

大局的には売り相場であっても、目先的には安値売り(追撃売り)危険とみる。

輸入大豆のほうは日柄待ちに入った。

穀取輸大は先限と期近は相場の性格が違うものになっているが、東京先限引き継ぎで二百三十円を反発して、半値を押していない。

期近限月になると大阪当限九百円強をV型に上げて、今の水準は六月中と同じところだ。

ドラマチックに下げたから、ドラマチックに戻しただけで、これからが相場という段階である。

●編集部註
 ここで採り上げられている自由化の問題しかり、その36年後にやって来た築地の豊洲への移転問題しかり、政府は日本の市場を現物先物を問わず殺そうとしているのではないかと思う時がある。日々の商いを見ていると一部の商品を除いて穀物市場の大半が死んでいる。
 ご近所という事もあって築地で働く人との交流があるのだが、水産系で豊洲の良い話をした者は誰一人いない。「行きたがってるのは馬鹿と禿」だとか。因みに後者は〝お偉いさん〟の事を指す。
 短いながらもここまでの穀物相場を見て来た者から見て、恐らく豊洲はゆっくり死んでいくのだろう。真っ先に死んでいくのは仲卸の筈である。
 山田清機の「東京湾岸畸人伝」というノンフィクションを読むと〝馬鹿と禿〟が殺したい人達が浮かび上がってくる。

昭和の風林史(昭和五七年九月六日掲載分)

2018年10月01日

輸大期近の基調ゆるまん

小豆は弱気がふえすぎて下げられんが今週高いところ売り。輸大は、さりげなく。

小豆の畑を見てきた人がいうには、悪い畑を探すのに骨が折れる―と。

作柄は好天に恵まれ、豊作人気だけに、相場に対しても弱気支配。

戻ったら売ろう、戻ったら売ろうの市場である。

このように人気が弱いのに、相場は意外と底堅い。要するに売るから下がらん相場になっている。

筆者のトレンドは今週、どうしても強いところを見せそうに思えてしょうがない。

それが、どのような材料で高くなるかは、その時になってみない事には判らん。

すくなくとも先日の安値から千円ぐらいは反発出来る力を持っている。

ただしその戻り頭は売らねばならん。

そう思っていて、その場になると、つい買わされてしまうのが相場の魔性。

ひょっとすると月末の三万円割れの安値を叩いた玉が、踏まされるのでなかろうか。

踏んじゃならぬと言い言い踏んで、目んない千鳥のやるせなさ。

輸入大豆のほうはゴールド暴騰、ドル安で小甘いけれど、下げるという相場ではない。

一気に期近七百丁を駈け登っただけに、一と息入れる階段でいう踊り場だ。

ここで息をととのえ今月中旬の山場に挑戦だが、世間様がスクイズを警戒するように持っていってはならない。

前三本は、さりげなく強気して、よい球(たま)くるのを待てばよい。

ある事情通、声をおとして、11限が本命―と。

別のある人、10限に狙いをつけておいたほうがよいよ―と。思いは同じ、若い相場だもの。

●編集部註
 本文中で登場するNY金は82年9月8日に50 9㌦で年間高値をつけ、そこから修正局面に入る。 〝有事の金〟という言葉が本格的に有名無実化されている、という事は、湾岸戦争の勃発まで待たなければならないが、この時期の金相場は、その萌芽が見え隠れして来ている。その一因として挙げられるのが東西冷戦をめぐる各国のやり取りではないかと筆者は考える。 鳥瞰的にこの時期、特に1982年を振り返ると、国際的に東西の緊張は未だ継続中ではある反面、米ソ間では6月から戦略兵器削減交渉(START)が始まっている。
 また国内外では反核・平和の世論が高まりだしていた。この時期は中東にその波が訪れ、この動きは少なからず〝有事の金〟に影響を与えたように思われる。

昭和の風林史(昭和五七年九月三日掲載分)

2018年09月28日

来週は穀取市場活気づく

小豆は高くなる。輸入大豆期近三本も高くなる。来週は市場が活気づきそうだ。

小豆相場はトレンドに忠実な足取りである。目下のところ31日の安値から千円ほど反発するコースに乗っている。

材料のほうは決め手がない。

作柄を模索し、収穫前の天候を心配し、次期枠や自由化問題を臆測し、ともかく、この材料というものだけは、あとからでてきて、知ったらしまいになる。

内部要因や市場人気は、これまた、はっきりしない。

いえることは総体に人気は弱いということ。

だから週明けにかけて買われる場面が来そうだ。

相場の人気というものは、これほど急変するものもない。きのう強気、きょう弱気なんてものでない。

場が立って、セリを聞いている最中に強弱が変化する。それでよいと思う。

相場には国境も思想も節操もない。だから、相場は孤独なもので、人と組んだり、連合したりするものでない。故郷はなれてはるばる千里、なんで思いがとどこうぞ、遠きあの空つくづく眺め、男泣きする宵もある―。これが相場である。

輸入大豆のほうは期近三本が力をためては寸退尺進。材料を克明に詮索するが、白日山に依りて尽き、黄河海に入りて流る―だ。

千里の目を窮(きわ)めんと欲し、更に上る一層の楼。

行きますよ、走りますよと相場様が言っている。来週は、かなり熱くなるだろう。

思うのだが相場は一に儲けにあり、二に強弱垂れるためにあり、三に辛労するためにある。強弱垂れの相場知らず。即ち理路整然と曲るファンダメンタリスト。三の辛労は、これは一種の道楽みたいなもの。

期近三本黙って強気しておればよい。

そして利食いは器量ということあり。随意、お気のむくまま、お気にめすまま。

●編集部註
 82年9月の小豆相場は、それまでの阿鼻叫喚の地獄絵図が嘘のような凪の相場となる。相場記者を殺すのに刃物はいらぬ。上下に左程動かぬ相場さえあればそれで良い。
 あれこれ書いても、肝心の相場が動かぬのだからしょうがない。自然と文章に漢籍が出て来てもしょうがない。むしろ、オールドファンはこうした一見無駄な文化的教養のある文章がお好みであったりする。
 相場とは関係ないが、戦後史年表で1982年9月の項目を見ると、この日大阪駅前に待ち時間が表示される信号が日本で初めて設置されたとの事。あの頃の大阪駅は地下も地上も今と違い混沌猥雑として面白かった。

昭和の風林史(昭和五七年九月二日掲載分)

2018年09月27日

輸大期近、大相場の様相

輸大期近三本限月はここから千丁高しても当然という大相場だ。小豆は上値あり。

市場で話題になるような筋の玉が煎れたり投げたりすると、相場はひとまず区切りをつける。

静岡筋の小豆買い玉が投げ終ったから灰汁抜け観。それと二万九千五百円以下は、なんぼなんでも殺生な値ということになる。

市場は豊作ムードが高まり総弱気。ところが九月の天気予報をみると、心配させるところがあるし、台風15号も目を離せない。

そんなこんなで大台回復。これで31日安値は底を入れたという見方と、あくまで単なる戻りに過ぎず、三万五百円から七、八百円あたりは再び売り場。筆者は後者の見方である。

多分、来週明け早々に北海道のお天気か台風15号関係の買わせる材料、強気にさせる材料出現で、目標値を出しきるだろう。

きのうも言うように、今の小豆買いは強気して買うのではない。売らんがための買いで、いわば行きがけの駄賃である。

多分三万五、六百円で買う気にさせる。これは相場の魔性である。買ったが最後、泣かされる。そこは売るところであるからだ。

輸入大豆のほうは期近限月火柱高の様相。

利食い千人力で早々と利食うのは、この大きな相場がみえないからだ。

いまの足取りからすれば、とんでもない大相場である。

一般はどうしても先のほうの限月を買うけれど、間違いのないのは前三本9・10・11限。これは完全な組み上げ相場に発展するから、まだまだ七百丁ぐらいはゆっくり上値を残す。

とはいえど、理くつがつくから素直に買えない。

この、素直に買えないところが相場の妙で、辛抱たまらず遂に買ったところが天井ということになる。

理くつの多い人、わだかまりの多い人、あきません。
●編集部註
 段々とではあるが、筆致や記述のスタンスが平成の風林火山とシンクロしている印象を覚えるのは筆者だけであろうか。
 平成の御代からこの文章を見ていると、なかなかどうして昭和の風林火山はよりラディカルで、よりロジカルである。わだかまりは多くはないものの、理くつは多い人であるという印象は強い。
 そこは、人間力と教養の高さなのだなと思う。
 本来相場は、ある意味不確定性原理に基づいて動いている。ロジックでどうこうという問題ではない。その矛盾とどう折り合うかが問題なのだ。

昭和の風林史(昭和五七年九月一日掲載分)

2018年09月26日

小豆は急反発するところ

小豆は目先急反騰するところ。輸入大豆の前二本は今から買っても十分間に合う。

小豆は急速に人気が冷え込んで、買い方の投げもあり、このあたりから目先的に反撃に転ずるところだ。

線では三万円割れのところの空間窓は案外、飛んで三万五百円、六百円あたりまでは急反騰、買わさぬうちに戻る相場でなかろうか。

あれだけ人気が強かったのに、今の変わりようはどうだろう。

相場というものは、このような時に反転、身をひるがえして、人間様の愚かさをあざ笑う。

台風14号と15号の影響も、これから段段判ってくるだろう。

人気が弱過ぎて売り込めば、あっという反発に足もとをすくわれそうな気がしてしょうがない。

ただし言っておくが、今度の反発は、売らんがための売り場つくり。目先狙いで買うのはよいが、強気になってはいけない。

基本姿勢は三万五、六百円の売り場待ち。相場はそのあたりまでは反発できる。

従って行きがけの駄賃でノコギリ引こうというわけ。

輸入大豆のほうは前二本が特急列車で、今からこれに乗りかえて十分間に合う。

12限・1限も期近限月高に引っ張られて上げんということもないが、しんきくさい鈍行各停だから、手数損などかまわずに前二本に乗りかえたほうがよい。

輸大9限、10限のV反騰は、ここまでくるともう買えない気分が一杯。

しかし、ここまで急伸した相場は、もうその倍、即ちもうあと七百丁高は十分に可能である。

そんな馬鹿な、と笑わば笑え、大相場である。

●編集部註
 この当時のヒットチャ ートを見ていると、あみんの「待つわ」が一位を獲得している。この年の7月に発売された曲であ った。2人組の女性デュエットグループだが、そのうちの一人が、今も活躍する岡村孝子である。
 相場の世界で待つは仁、
向かうは勇、利乗せは智の徳というが、曲がった相場トレンドが再び復活するまで〝待つわ~待つわ~〟と頑張っても、所詮死を待つだけである。
 82年9月の小豆相場は日足で見ると気持ちの良いほどの保合い相場の線形。その後相場はここから一段安になるので典型的な踊り場なのだが、当時の買い方がそれを知る由もなく、待ってみたら何とかなるのではないかという夢を持ってしまう線形であったといえる。 見切り千両とも、無欲万両、損切り万両とも言うが、相場で曲がった時に夢と希望とすけべ心を持つと大概は負ける。

昭和の風林史(昭和五七年八月三一日掲載分)

2018年09月25日

輸大期近二本火柱高前夜

小豆は売られるために戻すところ。強気する手はない。輸大は前二本の火柱高絶対。

小豆は月初め反発する波動に入った。

下げ幅二千丁の半値戻しは無理かもしれないが、三分の一の三万五百円あたりは、とりに行くところ。

しかし、この戻りは次の下げに弾みをつけるための戻りで、売られるために戻すのである。

目先巧者なら、行きがけの駄賃で買うのもよいが、決して強気しての買いでなく、売らんがための買いであることを忘れぬよう。

それよりも三万四百円、五百円、六百円と引きつけておいて売るのが判り易い手である。

この売玉は、おそらく三千丁の下げがとれる。

七月19日、二万八千なにがしの安値はアッケラカンと割ってしまうだろう。あの安値は大底ではないからだ。

仕手崩れによる夏の安値は昭和52年の時も、八月反騰を見せ、あと戻した幅の倍以上を崩している。

今年も十月秋底をとりに二万八千円を割るパターンである。

人気のほうは九月上旬余程しっかりした方針を持っていないとフラフラにさせられよう。

百万人と雖も吾行かんという信念を持ち、他人様がどうあろうと関係ない。三万五百円、六百円、七百円をとにかく売る。

輸入大豆の方は、前二本が特急列車だ。

12限、1限の鈍行列車から9限・10限の特急に乗り換えるのがここまできたらご正解。

とくに当限など9月納会、びっくりするような値になっているかもしれない。

要するに、場勘攻めの踏み上げと天下泰平油断していて渡し物不足。

東京輸大も、大阪輸大も前二本、ここから千丁高という、恐ろしい結末になりそうだ。線が暗示している。

●編集部註
 本文中の〝百万人と雖も吾行かん〟とは孟子の〝もじり〟。「千万人と雖も吾往かん」という記述がある。これは「自ら省みて正しければ、敵対者や反対者がどんなに多くとも、恐れることなく自分の信ずる道を進もう」という意味であると、三省堂の大辞林に載っていた。
 孟母三遷でおなじみの孟子は、性善説の人で知られ、仁義による王道政治を目指したという。
 王道の反対は覇道であり、この2つは少し前に公開された「シンゴジラ」にもセリフで出て来る。
 一方、性善説の反対は性悪説。これを説いた荀子は孟子と生きた時代が重なる。リアルに性善説に異を唱える理論として誕生。こちらは本来の保守主義の政治思想に通底するものとして知られる。

昭和の風林史(昭和五七年八月三十日掲載分)

2018年09月21日

げにうらぶれて大台割る

さようならも言わないで―という歌の文句があった。ビオロンのため息の小豆だ。

小豆は三本揃って三万円。さようなら。この週間棒が話にならぬ悪さだった。こうなると三万円台の買い玉が、大きなシコリになって、夢も希望も遠のいた。

小豆12限一代足で半値下げ地点。これが三分の二下げは九千二百円。

人気は自己玉推移でも判るように、玄人筋が打たれた。

これで月替り新甫から二、三日下値抵抗見せて買われるかもしれない。

天気が崩れるとか、なにか気を持たせる材料がそのあたり出現して、下げの反動見せてくれよう―と勢いのある反撃場面なしとしないが、戻して九月上旬せいぜい七百丁程度の力。

これを買うもよしだが、買わぬがよろしい。戻りを一杯引きつけておいて今度の売りは秋底取りの二万七千円台つるべ落とし、ビオロンのためいきだ。

という事は三本限月三万五百円以上の買い玉は辛抱するほど嫌というほど思い知らされるわけだ。

まあ、そんなふうに思うが、見方によっては九月上旬そんなに戻せず、アヤ戻し程度があって、豊作相場に、のめりこんでいくだろうと見る人もいる。

どっちにしろ、七月19日の安値は取りに行く相場である。

輸大のほうは先を買った人は「前とうしろを間違えた」となげく。

確かに九月限は下げ幅の八割近くを戻した。まさにV型反騰七百丁高は大きい。

しかし先限にしてもトレンドは底入れ後の上昇帯に乗っている。

悪材料はすべて織り込み、あとから出てくる好材料待ちなのだ。しんきくさいかもしれぬが待つは仁。

●編集部註
 秋風がチャート上にも吹いている。
 それは小豆相場冬の知らせを告げる風である。
 旧暦では8月後半に七夕が来る。新暦の七夕は雨が降りがちだが、天の川を眺めるなら旧暦の七夕に限ると誰かが言っていたのを思い出す。昭和、平成を問わず、この頃は星空が極めて美しい。
 北海道で地震があった。大停電で、はからずも目の前に現れた美しい星空を、不謹慎と思いつつカメラに収め、ネット上に挙げる人達が多くいる。
 どうせ腐らせるのならと、ホームセンターで炭や七輪などを買い込み、冷蔵庫や冷凍庫の食材で星空の下、ご近所総出で野外ジンギスカンに興じる人達も出て来たという。
 停電も解消されつつある中、36時間後に電気が復旧したスーパーで唯一、井村屋のあずきバーのみが冷凍食品売り場で生き残ったとか。こおいうたくましい話が大好きだ。

昭和の風林史(昭和五七年八月二八日掲載分)

2018年09月20日

輸大結局踏んだめんたる

小豆は「金屋」の踏みと13号台風買いだが、あとが悪くなる。輸大は踏んだめんたる。

「金屋筋」が砂糖を受けると前宣伝が利き過ぎたが、役所も取引所も神経を逆立てているから、受けようにも受けられなかったのか、もともと受ける気がなかったのか。

「金屋」は、あこぎな現物まがいのほうの商売が、金相場の大暴騰で、本職のほうの背中に火がつきカチカチ山の泥舟だ。

本来、人を泣かせて怨を買うような商売は長続きしない。遠からず定期市場からも姿を消す運命にある。

小豆は三万円大台の抵抗だった。

手亡相場のほうが、お先に失礼とばかり暴落納会した。手亡は小豆の先行きを暗示している。

各地の読者からの電話は、かなり風林に提灯がついていることを知らしめる。提灯がつきすぎると、用心しなければならない。

しかし小豆は売りのままでよいと思う。

来月になれば二月限という重しが先にぶらさがる。

トレンドは、一時的に強く見せても結局は安いですよ―といっている。

輸入大豆の各地納会は暴騰だった。渡しものが薄い。

輸大納会を見て、つくづくと〝相場は誰にも判らない〟ことを思い知る。

朝まだ明けぬ夜中の一時、二時、シカゴを聞いたり、穀取相場に張りついて、大豆本職プロ中のプロも、五百丁棒戻しするなど考えもしなかった。

『ファンダメンタルズに暴騰は、なかったのだが』と負けおしみを言っても現実に、この納会を見ては、あなたはほんに〝フンダめんたる〟。

期近が締って逆ザヤならば先のほうも上がるしかない。そのうち産地に早霜被害拡大などというテレックスでも入れば、底した相場は天井するまで高いだろう。いい球くるのを待ってホームラン。

●編集部註
 相場における〝仕手〟は、能における〝シテ〟から来ている。今のような電子決済、ネット注文中心ではない、人海戦術による取引の中で、金の力にものを言わせて買っていく様は、能舞台に颯爽と現れるシテ方のような存在であったのだろう。
 仕手はグループごとに「〇〇筋」で呼ばれていた。では「金屋筋」は誰か?
 〝あこぎな現物まがい〟〝金相場〟でピンと来た人も居るのではないか。永野一男の事を指している。
 後に暴漢に刺殺された豊田商事創設者だ。彼は81年4月に会社を設立。82年に豊田商事と名を変えたので、1年弱で悪名が轟いていた事が判る。
 何故、金上昇で背中に火がついたかは、恐らく判る人には判るであろう。

昭和の風林史(昭和五七年八月二七日掲載分)

2018年09月19日

いい球くるのを待つ気持

三万円の抵抗とはいえ、相場の流れは下降トレンドに乗ったままの小豆である。

台風13号の進路を気にした小豆相場だった。しかし、相場そのものはぬるい。俗にいう「金屋筋」が小豆の売り玉を手仕舞っていたが、その割りに値が締まらない。

ひところは大量売りの「金屋筋」を締めあげるのだ―と強気筋は狙いをつけていたが、敵前悠々の手仕舞いは、買い方がなめられているというよりは、相場環境が、よくよく悪い。

〝七色のパッチ〟神戸のK氏と麦酒を飲んでいて『北海道は一日好天即ち二万俵増収。五日続いて十万俵ふえる。九分作がいわれていたが、十一分作を通り過ぎて十三分作』と。Kさんの手は、とにかく早い。だから、その強弱変身はデジタル時計の秒刻みで玉虫色に輝き千丁動く相場を七回変身するから、なかなかついていけない。

トレンドとしては台風13号にかかわらず下降帯に乗っている。仮りに台風の影響で買われたとしても、基調を転換する力はない。

輸入大豆のほうは、阪神の藤田平が「いい球を待てるようになった」という言葉が口から出るようになってから、外角は流し、内角は引っ張り、フォームが実に綺麗になった。要するに無理がない。なにげない動作がファインプレーにつながる。この無理のなさが今の輸大の強気に必要な要素である。

いい球を待てるということは、それだけ力がつかなければならない。

新規売りも出れば利食いも入る。目先押したからといって基調が変化したわけでない。

輸大は底打ち出直りの緒についたばかりだ。

いい球がくるのを待つ気持である。

●編集部註
 当欄を担当していると、昭和57年の記述と平成30年の出来事が奇妙にリンクしていると感じる時が多々ある。
 昭和57年のこの頃も異常気象、特に台風などによる雨に悩まされた。平成30年9月4~5日にかけて、過去最大級とされた台風21号は、徳島に上陸し、神戸に再上陸し、その間に関西国際空港を水没させ、日本海に抜けた後は北海道にも甚大な被害をもたらした。
 北海道はその直後に地震にも見舞われる。一刻も早い回復を祈念したい。
 SNS全盛の現代では雨風の猛威がいち早くタイムライン上に乗る。
 少しだけ心が安らいだのは神戸市長田区の動画。
この地区ゆかりの漫画家、横山光輝の功績を記念し同区の公園に設置されていた全長18㍍の鉄人28号像に猛烈な台風が襲った。
 しかし像は倒れる事無く、台風一過でピカピカに磨き上げられていた。