昭和の風林史(昭和五七年三月二五日掲載分)

2018年04月09日

小豆は崩れたがっている

下げるしかない小豆だ。横にはって時間を稼ぐかもしれないが、よけい悪くなる。

23日、東京金取引所の初立会前に報道関係者のため模擬立会いを行なったが、テレビ各社と報道各社カメラマンで東繊ビル金市場の廊下は立錐の余地もない。

御祝儀商いのうち三分の一ぐらいを占めたのではないかという山梨商事の霜村社長はホテルオ―クラのパーティの会場でNTVのインタビューのライトを浴びていた。『私は今の金の値段は買い下がるつもりなら、まったく心配ないと思う』―と。

霜村氏は、これからは金の時代だ。商取業界の夜明けだ―と希望に満ちていた。

金フィーバーに当てられたのか、この日の他商品市場の商いは薄い。

確かに金と為替が波乱を展開すれば、小豆にしても桑名が買ったとか、大阪は渡し物がないなどという話が、いかにもくすんで見える。しかし小豆には小豆の世界がある。

二月10日→三月17日の下げ幅の三分の一を、やっとの思いで戻した小豆。

もう少し横にはって、ストトンと落ちてくるチャートになった。

今度安いと三千二百円があるだろう。

23日、東穀立会見学場に、なにか薄黒い影のかたまりのような一団があった。中国のミッションだそうで、あのおばさんが冷女史だというが麗という感じとはほど遠い印象だった。

さて、強気の人が多い小豆である。六本木が買った。桑名が買った―と。

他人はどうでもよい。自分はどうなのかである。

小生は暴落必至の信念である。先限引値が四千円を割ったら、下げのホイッスルが鳴ったと思えばよい。信ずる者は売ったままだ。

●編集部註
 〝いかにもくすんで見える〟という表現は、何かを暗示していたと考えてしまうのは筆者だけであろうか。東京穀物取引所は既になく、跡地には、瀟洒さのかけらもない見方によってはいかにもエエここは高いですけど何かとでも言いそうな圧迫感の強いマンションがデデンとそびえ立っている。
 夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡 芭蕉
 円安は、円建て金価格を押し上げる効果がある。 この時、ドル/円相場のトレンド基調は円安街道まっしぐら。そんな中での金先物取引の開始は業界の念願であった。
 ましてやこの時、モグリの金市場関係者、金に絡んだ悪徳商法関係者が跳梁跋扈していた。世間のイメージは悪い。
 その中の一つが、あの豊田商事である。

昭和の風林史(昭和五七年三月二四日掲載分)

2018年04月06日

小豆も相場なら崩壊必至

小豆も相場であるから野中の一本杉で、高値を維持しておれなくなる時が必ずくる。

ヨーロッパの人達が日本を見る場合、アメリカを太陽。日本はお月さんと仮定する。月は太陽光線を反射して輝くもので、月だけの輝きはない。
いま太陽が光を失っている時に、月の輝きはあり得ない。日本は残映による光芒を放っているに過ぎん。
日本経済は、世界経済からみれば、まず順調であるが、いずれ世界不況のウズの中に巻き込まれよう。
国際商品は金も砂糖もゴムも大豆も皆安い。
日本は円安で価格に歯止めがかかるが、景気に敏感な株式相場が、なにかを暗示している。
証券会社の決算が終わるか終わらんうちに株はまた、ドカ安がくるかもしれん。
世間様は物が売れないという。大衆の買う力が弱っている。節約時代でフルーツもお菓子も売れ行きが悪い。まず売れなくなったのが住宅で、次に車。そして衣料ときて食にまで波及している。前にも書いたが学習塾も子供が減った。
昭和初期の不況とは比較にならない大規模な大不況が忍び寄っているのだが、規模が大き過ぎるから鋭角的に伝わらない。
このような事を考えると、小豆村の小豆狂達は小豆の事だけしか目に映らないから極楽トンボ。小豆の三万三千円や四千円は、実に虚的、宙に浮いた値であることが、数カ月を出ずして判るはずだ。
日本経済を太陽、小豆相場を月というふうに置き変えれば判る話である。
小豆だけが野中の一本杉で高値が続くわけがない。
これは小豆のファンダメンタルズの問題ではなく、小豆も相場だからの問題。

●編集部註
通貨は相対評価である。ドル/円相場は1981年1月に一時的に1㌦=200円を割り込んだ後反転。同年8月に245円まで円安/ドル高が進む。その3カ月後に1㌦=213円を記録した相場はそこから82年11月3日に277・46円まで円安/ドル高になった。以降、ドル/円相場は95年4月に80円を割れるまで円高/ドル安の基調が続く。この間85年にプラザ合意があり、時の首相である中曽根康弘が内需拡大をテレビで訴えていた。
では、絶対評価はどうだろう。ドル指数は78年からどんどん上昇し、85年に天井を形成。そこから90年台前半までは下降局面に入っている。

昭和の風林史(昭和五七年三月十九日掲載分)

2018年04月05日

戻してくれたほうがよい

弱気は、戻してくれたほうがよいと思っている。戻せば一層悪くなるからだ。

三月17日瞬間的安値。あれは底打ちですと強気信念組はいう。
底が入ったか入らんかは判らん。しかし一応止まるところだし、戻すところである。
底が入ったと見る側は“出直り”という言葉を使うが、底でないと思う側は“戻り”と表現する。
戻して四千八百円あたり。五千円台に買う力は相場にできていない。
今の段階は五千円台の上の買い玉と、四千円以下の下の売り玉と、この綱引きである。
罫線は三千円を割った二千八百円があってもよい姿。
それと逆ザヤの当限が落ちたあとの展開を考えてみるところ。
次期枠に絡んでの強弱は当然であるが、現物の売れ行き不振。経済環境の低迷など、やはり相場を考えるうえでのファクターだ。
強力買い方が下値を支えるから、四千円以下はないという論法は、相場が若ければ通用しようが、去年の11月底打ちから三カ月上げた相場が一カ月の垂れ込みで済むはずがない。
次期枠の絞り込み。需給面の窮屈。強力買い方。天候不順予想。作付け面積増加せずの予想。
それでは、この三、四月どこまで上げるのか?
七千円という人もあるが、六千円は無理だと強気でも思っている。せいぜい買って五千円乗せ。
という事は、すべての材料織り込み済み。
新鮮さがない。買い方の力を期待しているが、買い方は提灯筋に儲けさせるのが目的でない。
この相場は、戻すと悪くなる。商いも薄い。戻してもたいした事はないが、戻ったほうがよい。

●編集部註
 買い方は、前年の春頃から重要性が高くなっている3万4000円の下値支持線を信じている。
 売り方は、今月が78年1月の安値から50カ月目で、既に買いの日柄が終わったという信念がある。
 どちらも間違っていない。問題は、取引にどれだけの時間をかけるかだ。売り方である風林火山が〝戻した方がよい〟と思うのにはもう一つチャートパターン上の理由がある。
 仮に、上げの日柄が既に満ちているとしよう。その場合、相場は前年8月の高値を超える事はおろか、2月10日につけたこの時の年間高値を超える事は出来ないという事になる。大きく戻しても2月高値に迫る程度、即ちダブルトップになると見ているのだ。
 2月高値超えが出来ず反落した場合、高値切り下がりの線形が出現する。下値支持線は先述の通り3万4000円。つまりこれはディセンディング・トライアングルと呼ばれる弱気のチャートパターンが形成される事になる。

昭和の風林史(昭和五七年三月十八日掲載分)

2018年04月04日

予想外に悪い相場だった

劇的な下げが先に行って出現しそうな気がしてしょうがない。戻す場所で戻せぬ悪さ。

小豆の現物ザラ場は、先のほうなど売りにいって値が付かない。北海小豆も売りに出せば五万円台なんて宙に浮いた値で四万円以下で買えた―と。
六本木が頼りの強気陣営だが、相場なんてそんなものでない。六本木が支えようと、崩れる時は崩れる。これが逆に六本木が弾切れで投げ出してきたら、買い方抱き合い心中。
誰かが、いまの世の中高いのは、ドルとトルコと小豆だけ―といった。
金が安い。円が安い。株が安い。そのような時に野中の一本杉の小豆にヘッジ売りをかける金持ちもいる。また、証拠金として納入している株の値崩れで定期建玉も影響される。
取り組みは減らない。これはマバラ大衆の利食いに自己玉買いが食われたが、玄人大手筋(例えば六本木などの買いに対する山種の売り)で、むしろふえ気味でさえある。
この、下げながら取り組みが太る現象こそよくないのだ。
一般に三千四、五百円あたりで止まらねば二千七、八百円があるという見方だ。これは、確かに急所を衝いた見方と思う。
では二千七、八百円あたりで買い大手が投げてくればどうなる? これは新たな展開になろう。
強気は彼岸底を期待している。
今週末から来週前半に大下げがあって、出来高急増なら、あるいは彼岸底かもしれない。
そうではなく戻したり、チンタラ安の薄商いでいくようだと、パニックは先に伸びる。
線型は先週の週間棒が支配して、黒い糸がいかにも垂れそうだった。

●編集部註
 小説『赤いダイヤ』でも、山種がモデルになっている敵役は小豆の売り本尊であった。この時の小豆相場でも山種が売りに回っている。兎角玄人には売り屋が多い。
 売りに至るロジックは色々あると思う。その一つに日柄的な要因がある。
 この当時、小豆相場にはどうも5年サイクルが存在しているのではないかという仮定が出来た。
 1962年6月を起点に、1967年12月安値までは65カ月。そこから1972年9月安値までは56カ月。更にそこから1978年1月安値まで64カ月。つまり、全て5年(60カ月)前後の周期で安値が出現している。
 1981年8月の高値は78年1月安値から43カ月目であり、この時(19
82年3月)は50か月目。仮に5年サイクルが有効であれば、とっくに買いの日柄が満ちてしまっているという見方になる。下げ相場にもそれ相応の日柄が必要なのだ。
 ちなみに、78年1月起点の相場は64カ月後の83年5月に安値をつける。

昭和の風林史(昭和五七年三月十七日掲載分)

2018年04月03日

下げるために日柄を稼ぐ

目先は戻しそうに見えても、盛りのよいところは売られて来週は、また安いと思う。

小豆相場は、ここで戻せば判りやすい。
どれだけ戻せるかである。
強弱のほうは六本木筋がどうだ、こうだと、まるで六本木筋が相場を支配しているふうだ。
小豆市場は、これだから小さいと言われ敬遠されるわけだが、これが現実。
次期枠の予測に思惑が絡む。ひと頃は、通常に発券されるかどうかが強弱の焦点だったが、通常で大型というところまできている。大型といっても常識的には二千二百五十万㌦見当でなかろうか。
取引員自己玉は買いが減った。これは売られていた取り組みが急落で利食いされたことを物語る。
あと、ドテン買い人気になれば当然自己玉は売り建て増となる。
目先の相場としては一ツの抵抗トレンドにぶつかっているから、このあたりでジグザグするかもしれない。また四千円割れ買いという指値の抵抗もある。
買い方にすれば、ここから千円下はないという見方でないと玉は維持できない。
罫線の横の目盛りから数えると今週一杯は強含みの横ばいだろうと思う。
そして彼岸の三連休を迎えて、来週から新たな展開を求める。
その時四千円を踏みはずして、もう千丁安いか、今週の横ばいを土台に五千円近くまで戻すかだろう。
本当いうと、ここ両日は来週に下げるための日柄稼ぎである。
弱気側にすれば、ここは買うだけ買ってくれて、またドスンとくるのを期待する。強気は、売り込んでほしいと願うだろう。

●編集部註
 1981年の春頃から1982年の春頃にかけての小豆相場の値動きを俯瞰すると、どうも3万 4000円の値位置に一本の線を引く事が出来る。
 81年の春から初夏にかけて、この線は上値抵抗線に、同年6月に突破して以降同年10月までは下値支持線になっていた。
 この線を割り込んだ相場は81年12月から82年1月末にかけて何度か突破を試みるが失敗。しかし下値は切り上がり、俗にいう「アセンディング・トライアングル」を形成。これは目先の上昇を示唆する線形であった。実際、この線を突破した相場は2000円上昇する。
 この文章が掲載されている頃、3万4000円の値位置は重要なサポートラインになっていた。恐らく買い方は、前年6~10月の相場パターンを想像していたと思われる。

昭和の風林史(昭和五七年三月十六日掲載分)

2018年04月02日

利食い戻しは好売り場に

自由化論の次は次期ヒアリングをめぐる思惑。これが実に難解、目先の戻りは売り直されよう。

週末は吉次さんのお葬式に福岡まで行った。月曜日は、京丹社長の板崎さんの御母堂のお葬式だった。

相場のほうは戻り売りのように思う。

自由化論はひとまず“お預け”で、次は次期枠ヒアリングをめぐっての思惑となる。

どの程度になるか、おぼろげなりとも、その感触が掴めないと、積極的に手を出せない。―と考えるのが常識だが、委細構わずに買う筋があるので、人気はエスカレートする。

崩れたりとはいえ、期近はまだまだ強気の支配下、納会で意外に荷を呼び、どう転ぶか判らないにしろ、今は売り込むのは少し怖い。

この点、期先二本は売り勢力が圧倒している。

それに先限となると、次期枠引き当てのヘッジの重みが加わってくる。三万四千円どころというと、高値から二千円押し、三万五千円台で時間をかけ取り組んだ地点からでも千五百円押し、やきもきした売り玉だけに、マバラ筋は一応利を入れるところ。

「この辺り、よいところ」というのは、こうした市場人気を言っているもので、では、Vの字型の切り返しがあるか―というと強気でも首をひねる向きが多い。

それにしても、役所は次期枠を決めるのにさぞ頭を悩ますことだろう。

予想より多過ぎてもいけないし、少ないのも駄目。一般にいわれる予想は、上が三千万㌦から、下は二千二、三百万㌦と幅広い。五百万㌦も違えば大変なことで、その兼合いが実に難しい。

まあ、それは横に置いて相場を眺めると、先限の三万四千四、五百円どころは、相当な戻り売りの圧力が加わりそうだ。

●編集部註
 お葬式と言えば、この年の3月に米国のSF作家、フィリップ・K・ディックが亡くなっている。
 『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』『高い城の男』などは小説だけでなく映画やドラマでも現在観る事が出来るが、世界で最も知られている彼の作品は1968年に発表された『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』かも知れない。リドリー・スコット監督作品『ブレードランナー』の原作としてである。 
 この映画は彼がこの世を去ってから3カ月後の82年6月に全米で公開され、その1週間後に日本公開されている。 
 独占企業の暴走、独裁政治、全体主義…。彼の作品には、よくディストピア的な世界が登場する。発表当初はどれも荒唐無稽な話に思われていたが、徐々に時代が作品に追いついて来た感がある。

昭和の風林史(昭和五七年三月十三日掲載分)

2018年03月30日

戻せば下値が深くなる!!

行ってしまうなら二千七百円彼岸底。目先戻せば再度売り。六本木が投げるまで安い。

彼岸の小豆手当てはとうの昔に終わって、先高予想だったので節句の分も手当て済みと現物流通に精通している人は言う。

小豆というものは、五月五日を過ぎると、バッタリ売れ行きが止まり九月十日まで商売にならんのですという。今年はまた特に消費の落ち込みがきつい―と。

天気と相場は西から崩れる。大阪は六本木がないから常に安場になる。

六本木筋は買うだけ買ったほうがよろしい。このあと第二陣として「晴れた日には伊勢湾が見える」の桑名筋が縁側に敷いた熊の毛皮の頭を叩きながら買い出動してくればなおよろしいが、六本木がこのように買ってくる時、手助けするのも面白くない。

六本木は買い方の強力な味方ではなく、買い方の邪魔ものの存在になる。

となれば六本木が投げたところを買おうというのが人情である。

取り組みは下げながらふえる傾向。このような時は下げの序の口と見る。

自己玉は、マバラ売り玉の利食い先行で自己の買いは急減。このあと自己が売りになれば、買い方は取引員と対戦の格好。

強気は大台三ツ変わりの四千円割れはあとあって五百丁。その下には半値押しの抵抗ラインあり―と。

また、役所が安すぎるなどと価格に介入するかもしれないね。今安いと次期枠を絞り込むかもしれない。

だから売り方も、いま大下げしてほしくないわけだ。とは申せ、相場は彼岸底づくりに先を急ぐ。

今週の週間棒はひどい悪さだ。呼吸からいうと三、五百円の戻りを入れるかもしれないが戻せば再び叩かれるのは見えている。

●編集部註
 相場師はゲンを担ぐ。
 〝縁側に敷いた熊の毛皮の頭を叩きながら買い出動〟という記述に、ついニヤリとしてしまう。1962年に刊行された梶山季之の小説「赤いダイヤ」で登場する小豆相場の買い本尊である大相場師、森玄一郎が全く同じ事をしているのだ。
 この小説が洛陽の紙価を貴むに至ってから、この時20年が経過していた。ひょっとすると、桑名筋は森玄の行動にあやかったのかも知れない。この小説はそれだけ人口に膾炙していたと言える。映画にもドラマにもなった。
 一方。売り方はどんなゲンを担いでいたか。
 茶室であったか和室であったか。香を焚き、床の間に源平合戦は一ノ谷の戦いで源義経が行った「鵯越の逆落し」の掛け軸をかけて祈ったと、何かの本で読んだ事がある。

昭和の風林史(昭和五七年三月十一日掲載分)

2018年03月29日

前門に虎、後門に狼の図

時間は食ったが頭のまるい春天井を確認。押しでなく崩れに移れば足が早くなる。

動かぬ相場は動くのである。ペナント(三角旗)の離れたほうにつけで小豆は三角保合いを下に放れた。

それは時間の重味に耐えられなくなったからだ。

現物の北海道小豆も、買い物なしで値崩れしだした。手亡がひと足お先に悪さを知らせていた。

どなた様が買おうと相場は人為の及ぶところにあらずで、下がる時は下げるのである。

長かった高値保合いだけに、売り玉やれやれの利食いが出る。このあと値頃観で買ってくると取引員自己玉買いが売りに変化していく。

それとも、一度は利食いして、もう一度売り直してくるか。

大阪四千四百円(先限)は半値押し地点。これ以下は買いだというが。

いやいやどうして、三千八百円。三分の二押し、彼岸底でなかろうか?とも。

テクニカル面では買い目がない。ファンダメンタルズも次期枠の大型通常発券で、先行き需給は緩みだす。作付け面積もふえそうだ。輸入通関実績は毎月五千㌧平均で半年過ぎようとする。彼岸用の手当てはとうの昔に終わって節句の分も手当て済み。

仮りに自由化が阻止できても輸入枠は大幅にふやさなければならず、強気するのは前門に虎、後門に狼。

さすが東京自己玉は売り増だったが、関西自己玉は打たれた。

強気は本年の天候も凶作型と期待。だが、それを買うのは春天井した相場が底を打ってからである。

相場とは人気の裏を行く。誰も彼も皆強気で売り方マバラの烏合の衆だが、衆は愚にして賢という。

軟が硬に勝ち、愚が賢に勝つのが相場社会。

この下げは押し目なのか崩れなのか。崩れだとすれば足が早くなる。

●編集部註
 1982年の年表を幾つか見ると、「惑星直列」という文言がこの時期に登場する。そういえば、この頃に特番が組まれていた事を思い出す。天変地異の発生を危ぶむ内容であったと思う。もっともこの頃はノストラダムスの大予言や、川口浩探検隊シリーズがゴールデンタイムで流れていた。全体的な内容は推して知るべしといえよう。
 惑星が一列に並んだから何かが起こる、と考えるのはナンセンスだ。逆に何かが起こった時にどんな天体配置であったかを調べるのが筋であろう。実際、金融アストロロジーはそういうものである。
 金融アストロロジーはサイクル分析の一環であると筆者は考えている。予言でもなければ、占いでもない。

昭和の風林史(昭和五七年三月九日掲載分)

2018年03月28日

寸を進めずして尺を退く

敢えて寸を進めずして尺を退くのが兵家の奥義。買い方はこのことを知っていない。

動かぬ相場の強弱も三日、四日は書けてもそれ以上になると、それも芸の内とはいえ、しんどい。

相場とはよくしたもので閑散の極点を過ぎると動きだす。

先週末は東京金取引所の取引員が決定した。

相場が閑なのは、経営者の関心が金取引所のほうに集中しているからだ―と冗談がいわれていたが、それならメンバー決定で、今週から相場も動くはず。

『国敗れて山河あり城春にして草木深し』と、金取引員に落ちたところの社長がいった。新卒採用が企業の命のところは、まさしく戦い破れる。

だが、第二次取引員募集は諸般の事情で、かなり早い目に作業されるようだから絶望することはない。

それよりも、金取引所の取引員でないところのほうが多いのである。そちらのほうを忘れてはならない。金取引員はセールス17名という制限がある。

金取引所は、これこそ本当の金看板だが、営業面での手数料収入は、さほど期待できそうにない。

やはり輸大は輸大だし、小豆は小豆だ。

閑な市場で相場が安くなりかけると買い方が買いもせぬのに買いの手をふる。買い方にすれば気が持てんのかもしれない。

そんな事をやっても相場というものは、下がる時には下がる。

二月10日に春の天井を打っているのだから、五千円の抵抗というものは、時間の経過で弱くなる。

強気は強気。弱気は弱気。それぞれ信念。

春風は賞するに堪えたり、また恨むに堪えたり―という。相場また賞すべし、恨むべし。

●編集部註
 この頃の金曜の夜、19時30分からテレビ朝日系列で「宇宙刑事ギャバン」が始まった。同時刻、日本テレビ系列では「カックラキン大放送」をやっていた事を思い出す。
 20時になるとテレビ朝日では「ワールドプロレスリング」が放送されていおり、アントニオ猪木がリングに上がっていた。同時刻には「太陽にほえろ」と「三年B組金八先生」が視聴率を争っていた。
 少し前から校内暴力が社会問題になっており、テレビドラマの題材になっていた事を思い出す。
 今と比べて、家族が揃って食事をとり、テレビを見ていたような気がする。
 スマホやタブレット、PCで好きな時に番組を見る事が出来る現在、昔は家族でチャンネル争奪戦が繰り広げられていたと言っても、信じてもらえないかも知れない。

昭和の風林史(昭和五七年三月八日掲載分)

2018年03月27日

黙して語るところなしか

待てば海路に日和ありという。閑も相場か。罫線も発言しなくなった。待つだけ。

株式市場のご機嫌が良くない。ロンドン金相場も続落。

日本国内も景気の冷え込みが浸透していく。

親たちの財布のひもが締まるから学習塾の子供が減ったり、お習字などは、先生たべていけないほど子供が急減して、墨硯筆屋さんも売れ行きガタ落ち―と世の中厳しい。

売れてる、売れてると小豆の街は言うけれど、仮需が先行して、実需はそれほどでもないと思う。

ジャスコやダイエーのスーパーでさえ売り上げが落ち込んでいる時に、小豆だけ好調の売れ行きなどあり得ない。それが証拠にザラ場は売りものばかり―と。

誰も見送っている閑な市場で目立つ買い手口を入れると値は締まるように見えるが買いの声だけで玉は抜けているから、次の日に連動しない動きになる。

大阪穀取と協会は来週末13日、兵庫突堤の上組大豆撰別工場の見学会を取引員及びお客さんに呼びかけている。

これは輸入大豆市場振興策の一環である。行ける人は一度みておくとよい。

大豆の市場振興策もよいけれど、これでは小豆の市場振興策もやって欲しいという。これは毎年いま時分になると閑になることは決まっていて、毎年、三越の屋上に鯉幟が立つ頃までの辛抱よ―と書くのである。あれは四月中頃から鯉幟を出すのでなかろうか。

などと話していると、大穀前常務の吉次さんが亡くなったと悲しい知らせを受けた。まだこれからのご活躍を期待されていただけに氏を知る人は愕然。謹んでご冥福を祈る。

相場のほうは春眠をむさぼっている。これも相場のうちと思うようになる。

●編集部註
 当時の物価はどんなものであったか。週刊朝日編「戦後値段史年表」(朝日文庫)を見てみる。
 文部省幼稚園課の調べによるこの年の幼稚園の保育料は、年額で4万3200円。東大の受験料は1万7000円、早大は2万円。早大文科系の年間授業料は34万円、理工系で54万円。大学予備校、研数学館の年間授業料は19万7000円。
 まだ日本に金先物市場は出来ていないが、この年の徳力本店の年間最高小売価格は1㌘=4220円。東京の地下鉄の初乗り運賃は100円で、もう20円足すと山手線の初乗り運賃になった。
 日経平均株価は下り坂。しかし、7000円を割り込むと買いが入る。
 この相場が一転上昇トレンドに変わるのは10月に入ってから。以後8年弱上げ続ける事になる。