メリマンインフォメーション

2015.01.28

2015年01月28日

1月26日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その3

ただ、今は最近の通貨戦争の話に戻りたい。1週間前の1月14日、スイスフラン/ドルは2010年9月以来の最安値水準にあった(1スイスフラン=0.9777㌦)。その翌日、スイス国立銀行(SNB)はユーロ通貨とのペッグ制の廃止という驚くべき決定を下す。それから20分も経たない内に相場は1.2282まで急騰(スイスフラン高/ドル安)、2011年9月以来の最高値水準に到達した。それはSNBがユーロと “あくまで一時的な手段”としてペッグ制をとると発表した時につけていた価格水準であった。私は主要な通貨の価値がこれほど大きく、しかも素早く変化したのを見た記憶は未だかつて無い。通貨にとって3%という価格の動きは1カ月をもってしても大きい。20分の内に25%というのは超現実的だ。
SNBの決定の裏には、欧州中央銀行(ECB)が初の量的緩和策(QE)に踏み切るという経緯があった。そんな訳で今度はヨーロッパが日本に加わり、経済的奇蹟へと導く米国製の筋書きに追随しようとしている。あるいは、そう望んでいる。1月22日に水星が逆行に転じた翌日に発表がなされた時、ユーロ通貨は急落し、23日にはユーロ/ドル相場は1ユーロ=1.1100㌦と対米ドルで2003年9月以来の最安値水準を試した。だがたった8カ月前には1.4000㌦を試していたのだ。当然ながら、米ドル(指数)は95.48ポイントと急騰し、世界の基軸通貨グループに対して最高値レベルに到達した。それは…2003年以来のことだった。
ECB、日銀、そしてFRBの全てがインフレ率の増加を望んでいる。彼らが懸念するに、今日の経済状況はデフレに偏っている。最近、一連の中央銀行は彼らが望んだものを手に入れつつある。期待通りになってきた。今日の彼らはインフレを望み、それを手に入れそうだ。しかしながら、土星が今や誇張と増大(すなわち “インフレーション”)のサイン、射手座における3年間の旅を開始している。だから彼らは自分達が考えていた以上のものを受け取る事になるかもしれない。

2015.01.27

2015年01月27日

1月26日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その2
当コラムにおける話題の中心は、その大半が世界の株式と貴金属市場である。しかしながら、昨今の金融の世界でいったい何が起きているのか、真の姿を見たいのなら真っ先に通貨市場を見なければならない。つまり、天王星・冥王星スクエアが非常にはっきりと示現しているのがこの市場だからだ。天王星はボラティリティを意味し、冥王星は負債と市場介入に関連する。これらの通貨を走らせているエンジンは世界の中央銀行であり、世界経済を統轄する(すなわち操作・操縦する)ために彼らがとる異端的な手法(すなわち実験)だ。「異端的」と「実験的」というのは天王星に関連するコンセプトだ。そんな訳で、ファイナンシャル・アストロロジャーにとって、中央銀行が新年前後の2~3週間の内に貨幣価値をリセットしようとするだろうと予測するには、大した想像力は必要ない。結局のところ、当時は天王星がその33カ月にわたる冥王星へのスクエア形成の内6回目(全7回)を形成し、その直後には金星と太陽の両方が天王星・冥王星スクエアをトランスレートするという期間だったのだ。
天王星・冥王星スクエアは、我々の人生において最も長く “ハードな” アスペクトだ。それは2012年6月に始まり、2015年3月16日に ― 7回目の正確なアスペクト形成をもって―ついに終わる。またこれは、我々の人生でほぼ間違い無く最も困難なアスペクトだ。何故なら人類の集合的体験の内で、非常に多くの領域に影響するからだ。例えば負債や金融操縦に加え、(山羊座の)冥王星は公正さと邪悪さの両方に関連している。また、権力または富を掌握したい、あるいは敵と見なす相手(これははっきりと狙いが定まってくる)から権力または富を奪い去って我が物にしたいという欲望とも関係する。こうした行いは政府内にも、あるいは斬首や誘拐という共に極端な冥王星的凶行に及ぶテロリストなど、政府と対立する側にも見て取ることが出来る。

2015.01.26

2015年01月26日

1月26日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その1

実は12月8日付「MMAカレンシーレポート」の、スイスフランに関する記述の中で私はこう記述していた「(スイスフランのみならず)全通貨に関して、私は現在、12月19~22日、もしくは1月2~5日のどちらかの近辺で大きな反転があるのではないかと睨んでいる。ひょっとすると、今後4週間以内のどこかで、通貨の評価を“リセット”するべく、中央銀行による重大にして予測不可能な発表があるかもしれない」(註:該当文章部分は他の箇所で記述されていたので、日本語版では翻訳時に該当部分をカット)

これは、お札をどんどん刷れば(通貨価値が落ちれば)、その分、物価はより上昇していこうという見立てがある。またこれ以外に、それはFRB(米連邦準備制度理事会)と喧嘩しても、勝てっこないという理屈も崩れていない。いま現在、日銀やECBなど米国以外の他の中央銀行は“成功を遂げた”米国の中央銀行(即ちFRB)に続いて同じく、量的緩和(QE)の道を歩んでいる。目的は自国経済低迷からの復活である。

それらの銀行の一つがより紙幣を刷り、流通させ、そして(または)新しく刷ったそのお金を使って歴史的な安値で国の借金(国債)を買う、と発表する度に、株価は高騰する。こうした “市場介入または操作” は投資家に囃され、彼らは見るからにリスクの無い遊具に飛び乗る。これらの政策は世界中の通貨を下落させ、世界中の株式市場をどんどん押し上げていった。ヨーロッパでは、先週ECBが新たなQEプログラムを発表すると共に、株式指数が記録的あるいは数年ぶりの高値まで跳ね上がった。

2015.01.23

2015年01月23日

*このコラムは現地時間1月16日(金曜日)の早く、週末の市場が引ける前に書いたものです。
*今回のコラムは「回顧と展望」のみの記述となります。

1月19日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その5

先週の出来事は、私達が米国人が言うところの “food for thought(思考の糧)” を与えてくれた…。ふふん。米国には聞こえの良い格言が沢山有るが、実際は何の解決にもならず、単に経験した物事を気の利いた言い回しに変えただけだ。だがそれを思えば、ヨーロッパも同じような言い換えをしている。きっと私達は、全ての文化において同じ事をしている筈だ。そして突き詰めてみれば、それは良い事だ。それが意味するのは、私達が普遍的で集合的な数多くの経験を分かち合うに至るまで、長い時を経て存在してきたということなのだ。

私達人類は、生きながらえるために創造されたのだ。1980年代と1990年代初期のルネサンスは、今や再興の準備が出来ている。それにはあともう5年を要するかもしれないが、“the tide is turning(潮目は変わりつつある)” と米国では… おっと、何を言いたいかはおわかりだろう。 これは単に、タイタニック号を操る私達の目前に政治・金融という名の氷山が立ちはだかっており、その周囲を何とか上手く航行しようとするようなものだ。私達の計器は行く先の危険を告げている。だが私達は、自分達の船がどんな障害物にも耐えられるほど頑丈だと信じ、波を掻き分けながら進み続けてきた。だが最終的に、私達は自分達がそう思いたかったほどには不屈でも無敵でもないかもしれない。

これらの転換点は、今週のMMAサイクルズ・リポートにおいて論ずべき何か重要な物事を示唆している。私達は株式指数と金について多くの事を語ることになるだろう。現在、私達は終焉が近付いていることを理解しており、同時に何か新しい物事もまた近付きつつあるのを感じ始めている ー 例えば金融市場に生まれる沢山の新たなトレンドといったものだ。

2015.01.22

2015年01月22日

*このコラムは現地時間1月16日(金曜日)の早く、週末の市場が引ける前に書いたものです。
*今回のコラムは「回顧と展望」のみの記述となります。

1月19日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その4

ユーロからのスイスフランのデペッグは、終焉にまつわる現象の鳥羽口に過ぎない。だとすれば中国はスイスの後を追って米ドルから元をデペッグするのだろうか? だがそれよりも、全ての通貨が最終的には国際基軸通貨としての米ドルからデペッグすることになるかもしれない。現況、ロシアは崩壊しつつあるルーブルを支えるために、それをやりそうな立場にある。原油価格もまた崩壊しているからだ。原油、ルーブル、ユーロ…… ドミノ倒しが始まろうとしている。

この “天空の映画” は、2008年に上映されたものと非常によく似ている。これは続編であり、同じ役者(惑星)が似たような粗筋(ハードアスペクト)を演じている。つまり、「いかにしてギリシャを救うか? いかにしてEUを救うか? 我々のお金を、銀行や政治家達からどうやって護るか? 彼らは相変わらずお金を刷り続け、その後それ以上に支出し続ける。彼らはこうした地球規模のカオスの原因となるほどの記念碑的決定を下す、大きな支配力を持っている」といった筋立てだ。

さぁ、これは怖ろしく見える。だが実際のところは、そうでもないかもしれない。これはカーディナル・クライマックスの終わりであり、始まりではない。またこれは土星・冥王星サイクルの最終局面(バルザミック・フェーズ、最後の1/8局面)だ。不確定性と疑念は弛んだ自己満足から切迫感への急変を生み出すかもしれないが、そんな不確実な時に誰が、何が、利益を得るかは誰もが知っている。すなわち金、米国債、そして今やスイス・フランがそうだ。

2015.01.21

2015年01月21日

*このコラムは現地時間1月16日(金曜日)の早く、週末の市場が引ける前に書いたものです。
*今回のコラムは「回顧と展望」のみの記述となります。

1月19日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その3

前回これが起きたのは2008年で、金融危機が進行するさなかだった。当時は水瓶座、双子座、天秤座でこれが各1回ずつ、3回起きている。2008年1月末の1回目は、FRBによる一度の引き下げ幅としては24年ぶりとなった0.75ポイントもの主要金利引き下げと同期した。それは必要な処置だった。何故なら、ヨーロッパにおいて危機が拡がりつつあり、それは元をただせば “サブプライム住宅市場危機” として知られる、米国生まれの怪しげな金融取引業務に端を発するものだったからだ。

当時一般に知られていた以上に、ヨーロッパはこの米国製のいわば混成種である金融派生商品の浸透に曝されていた。世界は壊れ始めようとしていた。それを受けてFRBは、一連の大幅な金利引き下げを開始したが、これはその後4カ月にわたって切り下げの一途を辿り ー 2008年5月〜6月に起きた、次の風性星座宮における太陽と水星逆行の組み合わせ、すなわち4つ巴の風の特質が世の中を席巻する時期まで続いた。また3回目にして最後の風性四つ巴現象 ー 風のコラージュは、2008年9月末〜10月に起きた。経済崩壊はなおも進行し、アナリストや評論家達はその見通しの中で、資本主義、民主主義、安全な公社債投信、そして…通貨そのものの終焉さえも予測したのだった。

それは恐怖の時だった。それはまた、7年にわたるカーディナル・クライマックスの始まりでもあった。そして今、カーディナル・クライマックスの終焉を迎えるにあたり、ちょうど始まった時のように現象化しつつある。すなわち、土星、天王星、冥王星間のハードアスペクト然り、そして風性の星座宮における太陽ー水星の4つ巴強調現象のパターン然りだ。

2015.01.20

2015年01月20日

*このコラムは現地時間1月16日(金曜日)の早く、週末の市場が引ける前に書いたものです。
*今回のコラムは「回顧と展望」のみの記述となります。

1月19日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その2

そして勿論、天王星は冥王星に対してタイトなスクエア(90度)形成中で、これは2015年3月16日~17日まで続く。それに加えて今、土星は海王星に対する正確なスクエアに3度以内というところに迫っている。これは “影響を及ぼす” には十分な近さだ。とりわけ先週は、火星もまた海王星とのコンジャンクションの途上にあった。つまりこれは引き金だ。いや、1月15日木曜の出来事を考えれば、金融界に堆積する爆薬に対する起爆剤と言った方が適切だろう。1月21日水曜に水星が逆行に転じることを考慮するなら、今後数日の間に他国の中央銀行からこれに対する反応がもっと出てくるかもしれない。きっとそれは、まるで十代の思春期に入った若者が吹き出るニキビにバンドエイドを貼って何とかしようとするようなものだ。

さて、土星が天王星、海王星、冥王星にハードアスペクトを形成しているという事実(そして忘れてならないのが天王星・冥王星のタイトなスクエア)に加えて、拡がっていくこの宇宙津波がもたらす次の重要ポイントがある。1月21日(日本時間22日)、水星が風のエレメントに属するサインである水瓶座で逆行に転じるのだ。この水星逆行は重要だ。何故なら2月10日(正確には日本時間では11日午後23時58分)の順行時も水星は水瓶座に在泊するからだ。太陽もまた、これら両方の期日には水瓶座(風)を運行中であることから、太陽と水星で4つ巴の風性的現象、すなわち「風」の気質が世の中を席巻する現象を創り上げる。

2015.01.19

2015年01月19日

*このコラムは現地時間1月16日(金曜日)の早く、週末の市場が引ける前に書いたものです。
*今回のコラムは「回顧と展望」のみの記述となります。

1月19日付 メリマンコラム  《回顧と展望》  その1

年に一度の講演を金曜と土曜に控え、私は水曜夕刻にスイスのチューリヒに到着した。この時間帯、居るべき場所、どちらを見てもこれ以上の選択は出来なかったろう。正しい場所に正しいタイミングで存在することにかけては、私は生来恵まれているようだ。

米国人は “All hell broke loose(地獄絵図が拡がる)” という言い回しをよく使うが、私が先週木曜の朝に目覚めた時はまさにそんな展開だった。スイス国立銀行が自国通貨のユーロとのペッグを廃止(デペッグ)。1㌦=1.20スイスフランの上限を撤廃すると発表したのだ。米国人はこんな時よくこう言う。“Something is rotten in Denmark(これは何だか怪しい…)”。この場合、鍵となるのはギリシャだ。だが、宇宙におけるサイクルと人間活動のサイクルを研究している私達にとってみれば、真の鍵はもっと大きい。それは地球だ。地球は今やまさにキリキリと締まりつつある宇宙の万力のど真ん中に挟まれており、そこでは既知の太陽系の中で最も遠い惑星達の4つ(土星、天王星、海王星、冥王星)が手を取り合って、我らが地球に対して正確な数学的関係性を結んでいる。

ファイナンシャル・アストロロジャーはこれを “ハードアスペクト・フォーメーション” と呼んでいる。それは空間的に見て、4つの惑星全てが相互にハーモニック1/8の関係性を持つということだ。これが前回いつ頃起きたかを私は知らない。具体的に言えば、土星は2014年11月27日に冥王星との45度(セミスクエア)形成過程に入り、それは2015年8月まで続く。また土星は2014年12月2日から天王星との135度(セスクィスクエア/セスクィクォードレート)形成過程に入り、それが2015年10月まで続く。

2015.01.17

2015年01月17日

1月12日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》  その3

さてこれを一つの筋道に沿って組み立てるために、カーディナル・クライマックスが2010年夏にピークを迎えた時の最も重要なポイントを考慮するなら、それは土星・天王星・冥王星間のT字スクエアであった。天王星と冥王星は今なおカーディナル・スクエアのアスペクトを形成している。では2010年当時と何か変わったかと言えば、土星がカーディナル・サインである天秤座で天王星にオポジションを、冥王星にスクエアを形成した後、そこを出たことだ。今土星は射手座の初期度数に在って、天王星にセスクィクォードレートを、冥王星にセミスクエアを形成中だ。2010年にはFRBがQE2(量的緩和策第2弾)を実施し、それを原因とする通貨戦争が始まった。またこの年はギリシャがデフォルトの淵にあることが露見し、EUの存続が危ぶまれた年でもあった。そこで今日を思い起こせば、これらと同じ役者が世界の舞台に登っていることに気付くだろう。ギリシャは再びデフォルトの淵に立ちつくし、他の中央銀行(ヨーロッパと日本)は、彼らの通貨を強制的に安値へと導く新たな金融緩和策に着手している。
アストロロジーが持つ美とは、そしてとりわけファイナンシャル及びマンデーン・アストロロジーが持つそれは、タイミングにおいて顕著に正確であるということだ。そこでの挑戦は、人類の経験の中でどの領域にその事象が起きるか、そしてそれが如何にして金融市場に影響を与えるかを断定することにある。 そしてそこに生まれる希望は、世界の指導者達、そして個としての私達がこれらの経験から学び、人類(そして私達個人)を前進させる建設的な方策を生み出していくことなのだ。 

もし私達が成功すれば、1988~1993年のカプリコーン・クライマックスで始まったテクノロジー・ルネサンスが再び始まる。 2008~2015年のカーディナル・クライマックスと、2015~2020年の土星・冥王星サイクルのバルサミック・フェーズ(最後の1/8局面)が、人類に集合的な気付きを与え、最終的にはこのルネサンスの回復に必要なリーダーシップをもたらすのではないか…というのが私の信じるところだ。

また現在、土星が観念的で哲学的・宗教的な星座宮である射手座を運行していることから、宗教的熱狂によって引き起こされるテロリズムは2020年かその後まもなくして克服されるだろうとも信じている。こうした脅威は現在ピークに達しているが、それを終わらせるための運動もまた今、始まっていくだろう。宗教と政治の指導者達は一歩前に踏み出し、この問題に対応すべく立ち上がるはずだ。

2015.01.16

2015年01月16日

1月12日付 メリマンコラム  《短期及び長期見通し》  その2

近付きつつある土星・海王星スクエアに対する火星のトランスレーションもまた非常に興味深い。まず、これはひょっとすると原油価格の崩壊と関連するかもしれない。何故なら海王星と木星は魚座と共に原油と相関性を持つからだ。またこれは、現実というものが集合体としての私達が考えていたものとは異なるという実感や認識と関わる可能性もある。もしかすると、テロリズムの危険はより重大さを増すのかもしれない。特に火星と土星がハードアスペクトを形成するケースではその可能性が高い(これは対立・対決の原型だ)。いやことによると、急激に膨らみつつある世界の負債がより重大さをもって捉えられ、債務を超えて好きなだけ消費出来るという神話が、実は困難な問題への拙い対処法だということが明らかになるのかもしれない。それは選挙に勝つには有効な物語だが、現実の問題を解決することはない。

だがこれらのアスペクトが展開するのと時を同じくして、もっと強力でさえある惑星サイクルが働いているのだ。 私達は今現在、多くの人々が自分自身の核をなしてきた信念・信条を試され、また心理面、物質面両方の安全感覚の拠り所としてきた基盤が崩壊への挑戦を受け、そしてある場合はひっくり返されるという、特異な時を生きている。このところ出て来る殆どの経済データは非常に明るいものだ。それでも今日の世界において、人々は幸福感を抱くこともなければ安全と感じることもない。

マンデーン・アストロロジーの観点から見るなら、私はこの集合的不満足感を、土星・天王星・冥王星の全てが互いに形成するハードアスペクトを通して結び合っている事実と関連付けるだろう。私達は33カ月間続く天王星・冥王星スクエア(2012年6月?2015年3月)について長きにわたって論じてきた。しかしながら、2014年11月27日以降、2015年8月13日まで、土星は冥王星に対するセミスクエア(45度)の正確な形成へと向かいつつあり、そのオーブ圏内にある。そしてまた土星は2014年12月3日以降?2015年10月22日まで、天王星に対するセスクィクォードレート(135度)形成のオーブ圏内に入っている。したがって、2014年11月27日~2015年3月16日は、土星・天王星・冥王星の全てが互いにハードアスペクトを形成することになるのだ。これは稀な事象であり、経済または政治上の危機が世界の舞台に躍り出るジオコスミック・サインだ。