昭和の風林史(昭和五七年六月九日掲載分)

2018年06月22日

穀取は決然たる姿勢示せ
 
関係穀取は市場機能維持のため決然たる姿勢が望まれる。事態は深刻である。
 
今の小豆相場が異常でないと思っている人がいるとすれば、その人の神経が異常なので異常神経の持ち主に常識論を説いても幻覚症状がきつくなるばかりで怖い。

産地の天候が非常によい。産地相場は新甫から千円下げている。これが正常な相場の姿である。

消費地在庫量は増大の一途なのに逆ザヤは変だ。

規制はこれで第二次になる。東穀、大穀が会員懇談会形式で市場の異常事態に対処していることは、とりもなおさず普通でないことを物語るが、仕手機関店は買い本尊にこの事を了解してもらう力がないのか、それとも死なばもろともヤマト魂。前進あるのみ特攻万歳攻撃、あとは野となれ山となれなのか。

取引員機関店は、経営の責任と市場遵守の責任がある。これを放置すれば、すでに商取業界の一員とはいえない。

玉がここまでふくらんだのでは―というのは無責任ないいのがれだ。

玉がふくらんだら、どうなるかは、誰よりもよく判っているのが仕手機関店だ。

天候勝負というが、ポーカーゲームではない。取引所という公共機関における投機思惑には戦い破れた時の責任をも考えておくものだ。

天候はよい。相場は腕力でねじ伏せられているから機能しない。だから役所も取引所も業界も異常だと騒ぐのである。

関係取引所は市場を暴力的買い方仕手から守る責任がある。すでに各市場間の価格平準機能が破壊されている。取引所の決然たる姿勢が望まれる。

●編集部注
 わかっちゃあいるけどやめられない―。と、ハナ肇とクレージーキャッツ「スーダラ節」を発表したのが1961年8月。
 この記事が世に出ている時点で実に20年以上が経過している。
 しなかったのと出来なかったは似て非なるもの。晩年の風林火山はに日本の商品先物取引の運営方法について批判を繰り返していた。この頃から既に批判精神は健在である。
 ここで誤解して欲しくないのは「批判」と「悪口」は全く違うという事。
 Aを批判する時は、必ずAという存在を完全に理解した上で「こうすればいい」「これがないのはおかしい」「こうじゃないからダメなんだ」とならなければいけない。
 風林火山の批判は、批判のための批判ではなか った。かくあるべきというビジョンがあった。
 人は耳の痛いところを突かれると弱い。大人物だと取り入れるが、小物だと退けてしまう。

昭和の風林史(昭和五七年六月八日掲載分)

2018年06月21日

ただただあきれるばかり
 
相場がコワレている。それも相場といえばそれまでだが、こんな相場見たことない。
 
小豆の買い方は場勘よりもテコ入れ買いのほうが資金的に効率がよい。

東穀の期近増証規制も『まあこの程度なら』と買い方は安堵。

東穀規制の本質的目的と精神を甘く見てはいかんと思う。東穀は打つ手がないじゃないか―と軽視していると、あとから買い方しびれてくる。

それにしても、こんな相場見たことない。

なんと申しましょうか、お金の力と小豆市場の狭さというか。大量現受け、大量買い建て。
そしてこの逆ザヤ。この過剰投機現象に対策できないという穀取業界も自らを考え直さねばならない。

市場管理等の規制はガンジがらめにあるわけだが、その精神を踏みにじられては、なすすべがない。

当然、一般大衆は市場から離れる。

現物筋は物の売れない時の逆ザヤは結構なことで売りつなぎ、そして渡す。

しかし市場間の価格が平準化しない事。現物が偏在して円滑な流通を阻害している事。果して今の相場が公正価格の表示なのか。

取引所機能の問題が発生してくる。

買い方は、買わねば潰されるから自衛のためにも防戦するのだ―という考えだし方針だが、自ら深みにはまって退路がない。

相場は、かなり疲れが出てきた。本当はこれが一番怖いのである。

相場は人為の及ばざるもの。かのハントの銀買い占めにしても結末は相場に勝てなかった。

沢山の人から電話がかかってくる。ポジショントークではなく市場の先行きを心配する。また、人気離散を憂慮する。

各市場バラバラの値。そして、ひどい逆ザヤ。
 相場がコワレた感じがするのは筆者だけではあるまい。困ったことである。

●編集部註
 世の中は、本音と建前で出来ている。
 昨今、ついつい本音を是とし、建前を非とするを良しとしがちな風潮があるが、一概には言えず、物事はそう単純ではない。
 本音はどうであれ、建前論を前に置かないと進まない事もある。商品先物市場の〝平準化〟などはその代表例といえよう。物価を安定させるために投機を使う、という建前が崩壊すると、単なる伝介賭博になりかねない。
 平準化機能が上手く働かないのであれば、存在する大義名分がなくなり、存在価値自体もなくなってしまうのだ。

昭和の風林史(昭和五七年六月七日掲載分)

2018年06月20日

市場の正常化に専心せよ
 
売り店、買い店問わず取引員の自覚とモラルが問われる段階。市場正常化に期待。
 
4日三時半・東穀市場管理委員会。同四時・会員懇談会形式による小豆市場現状認識及び市場管理についての報告と自粛要請。取引員会社の経営姿勢について=取引所市場の異常時における自覚とモラルを徹底。すくなくとも小豆市場の不祥事及び市場機能破壊を避けるべく、その対策に取り組んだ。

現在の小豆市場は悪くすると小豆の上場適・不適の問題に発展する性質のものだけに関係する取引所も真剣である。

全協連会長、東穀協会長(同市場管理委員長)多々良義成氏は『取引員の(委託玉)受注態度は、取引所に対しての責任があるわけで、市場機能を自ら守るという姿勢が、いわゆる業界の信用問題につながる。そこには取引員としての自覚と責任。そしてモラルが要求される。そのことを再確認しなければならない事態については残念だ』。

主務省は『価格には介入しないが、取引所運営については重大関心事。配慮しています』。

六本木筋とみられる買い玉が別の店から出ていた。また関西の取引員に、Y組系O組と名乗るところから『火曜日から小豆の注文を出したい』と電話があったそうだ。

市場は奇々怪々である。公明党議員も『IQ物資小豆の買い占め』について調査を進めているようだ。

共産党機関紙〝赤旗〟は東穀を取材していた。

今週は産地の天候も回復して、発芽順調ということになる。作付けは意外の増反だった。それだけに青田ほめ段階に入る。

また消費地在庫は表面微増だが市場間転送など多く実質的には増大している。今月も買い仕手が現受けするという話だが、逆ザヤ、玉の偏在は放置されるべきものでないだけに相場は意外な展開となろう。

●編集部註
 相場がやくざの〝シノギ〟となっているという話題が巷間に流布してしまったら仕舞いである。
 逆にやくざ側も自陣営のお金が何処に向かったかを知られるのは嫌であろう。それでは資金洗浄にもならなければ、シノギにもならないからだ。
 この頃は、暴対法がなかった。今なら一発アウトである。彼らは今、オフショア市場で手を変え品を変え運用している。
 そういえば先月、暴対法前の暴力団と警察の複雑な闘争を描いた『孤狼の血』という映画が公開され、評判になっている。
 「仁義なき戦い」が好きな人は観た方が良い。

昭和の風林史(昭和五七年六月四日掲載分)

2018年06月19日

森の中が急に静かになる

こんな相場見たことない。森の中が急に静かになった。異様な気配である。
 
東穀の森川常務に電話したら(3日11時)、もうおみえになると思います―と。農水省商業課市場管理係長の長内氏に電話したら別の部屋で会議中とのこと。

他でもない。市場では『役所は小豆市場の問題を森川常務に一任しているそうだ』と言うから確かめるため電話した。

まさかそんなこともあるまいが、森川氏は先日『取り組み面は異常だが、価格面は異常と思わん』。『取引所は名儀も入金状況も住所も規定通りになっている以上、それ以上追求する権限がない』という事だった。

市場では、買い方は無制限にどこまでも買っていくようだが、こんな事でよいのだろうか?と市場管理面に疑問を持っている。

買い方機関店は『相場を叩かれるから防衛手段として買うだけで、高値に煽るようなことはしない。あくまでも今年の天候を思惑しているに過ぎん。売り方は盛に資金面のことを憶測されるが、それはまったく御心配いりません』。

売り方は玉負けしているから、気味悪くなって踏みが出る。また、利食いした人は手を出さんと取引員は言う。本来なら人気の集まる時期なのに大衆は離れている。取引所の市場管理に対する不信が強いのだ。

長い目で見ていく人は大幅増反だし、物は売れないから順気なら、この相場は大崩れする。あとは日柄を食わせて熟しきるのを待つだけ。正体の判らぬ六本木と相撲をとっても勝ち目がないから、相場が自壊するのを待つだけという持久の構えに入り、上値、上値に食いついていく。

それでよいと思う。怖い人は去るしかない。

●編集部註
 人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇―。
 チャールズ・チャップリンの遺した言葉と言われている。「人生」という部分を「この時の小豆相場」に入れ替えると名言のような、格言のような文章が出来上がる。
 それにしても、若き風林火山の取材に対しての運営側のコメントの既視感は何だろうか。責任のバトンリレーである。
 ベンチがアホやから野球が出来へんという言葉が流行語になった背景の一端を知った気がする。
 相場は市場でありいちばである。人の賑わいが必要だ。人が来なければ話にならない。寄りたくないとなったらしまいだ。
 以前ラジオで聴いたことがある。政権の末期になるとニュースやワイドショーの視聴率が軒並み下がるのだという。
 この政治家の顔など見たくないとチャンネルを変える視聴者が多くなるためだとか。

昭和の風林史(昭和五七年六月三日掲載分)

2018年06月18日

人気が離れるのも当然だ
 
執拗買いに辟易して人気が離れた小豆だが、いつパニックが来てもおかしくない怖さ。
 
小豆市場は異常取り組みの中で買い方は買わないと気が持てんような買いっぷりだし、事実、買いの手を止めると、なだれ現象になりそう。

場勘よりもテコ入れ買いの証拠金が効率がよいわけだが、無制限に買い支えられるわけでもない。
麦と兵隊ではないが、買えど支えど売りまた売りの豆の重さよ値のぬるさ―。
今後のハードルは増反。在庫増。売れ行き不振。入荷順調。規制強化。人気離散。受けた現物の金倉。そして順気→青田ほめとくれば、日柄を食った相場だけにパニック的崩れにつながるだろう。
その時、こんな異常取り組みだけに小豆市場は不測の事態に陥るかもしれない。業界はその事を心配しだした。
天候が、もし悪ければという懸念はあるが、こんな極端な買い過ぎの相場は上には行けない。
一昨年の大狂騰は取り組みが非常に薄く、そして売り過ぎていたから電流(アンペア)メーターの針がヒートした。
昨年は天気があんなに買い方を支援したことは取引所開所来のことで、さらに大幅減反が強烈に響いた。
確かに今は売り方の玉負けである。
商いは薄くなった。人気が離れるのは当然だ。その薄商いの中で執拗に買う。
ウォール街の金言に『執拗は益を受くることなし』とある。孫子兵法は『戦い長びけば兵を鈍らし、鋭をくじく』と戒めている。
良識派はパニック時の市場防衛のために受け皿づくりに苦慮している。
六本木という正体のはっきりしないガリバー的巨大買い方だけに、買い方機関店にしても心痛事だと思うが、その割りに関係取引所は楽天なのか、金(かな)縛りなのか、様子が変だと業界は心配している。

●編集部註
 日足では5月末と6月頭との間にマドが空いてしまった。恐らく売り方は頭を抱えている。
 商いは薄い。得てして天底で商いは膨らむ。それがないという事は、まだまだ反転せずに上昇するのではないかという心理が働く。売り方の心は、存外こんなところで折れやすい。折れる人が多ければ多い場面程、反転ポイントになりやすい。
 そういえばこの頃、宮尾登美子原作の「鬼龍院花子の生涯」を東映が五社英雄監督、仲代達矢、夏目雅子の主演で公開している。夏目雅子の「なめたらいかんぜよ!」というセリフは流行語に。
 実勢相場はここから1カ月の保合い後に崩落するが、差し詰め「売り方をなめたらいかんぜよ!」という心境であったろう。

昭和の風林史(昭和五七年六月二日掲載分)

2018年06月15日

雨はどしゃ降り水は満々
  
大局的相場観は売り一貫。本間宗久伝『六月崩し見ようの事』。今月は決壊月だ。
小豆11月限は、まずまずのサヤを買って登場。向う半年間の航海に出る。
市場は、なんとなく掴み難いお天気だ。
五月の相場が余りにも騰落激しかったので、いささか疲れもした。
発芽期を控えて仕切り直し。強気はあくまでも強気。売り方は、どこまでも売っていく。
お天とうさんが行司役かもしれない。
先限引き継ぎ線で上値三千三百~五百円のところがほしかった。この上値を取らないと下げるに下げられないトレンドだった。
その意味で、新穀のサヤの分を買って、上値取りの役目を済ませた。
去年は六月中の上昇がきつかった。相場水準は今と同じところから出発して、棒立ちした。
産地の天候が非常に悪かった。大幅減反も響いた。
今年は増反。豆王国の十勝平野が三割増。お天気も出足は順調である。
11月限の、サヤを買った分は、早いか遅いかで、あとから埋めることになっている。だからすくなくとも11月限は生まれ値から千円幅を下げると思う。
在庫増。入船順調。発芽好調。青田ほめ。全道作付け面積判明―。幾つもハードルがある。どれかで転ぶと人気はドッと片寄る。
九、十月限の三万二千円が頑強に見えても、この下千丁は奈落につながる。
11月限が伸びきれずに垂れてきたらこれはもうヒネ限月は、どしゃ降り。
相場というものは資金があればあるほど損が大きくなるもので、それは資力を過信して相場の流れに逆らうからである。

●編集部註
 〝相場というものは資金があればあるほど損が大きくなる〟とは、けだし名言である。
 煎じ詰めていくと、最後は人間性なのかもしれない。古くはギリシア悲劇、中国は邯鄲の夢を経て、シェークスピアの戯曲を横切り、ブレヒトからひとっ飛びして現代のジェネレーションXまで、金で高転びして落ちてゆく高慢ちきが登場する。
 相場とは関係ないが、82年6月の日本で新たに転がり落ちる人物が世に登場する。
 きっかけはその2カ月前の週刊誌。老舗百貨店の社長が専横を極めているという記事で、実際にその一端が公正取引委員会の審決を受けるのが6月であった。その3カ月後の9月に取締役会で社長職を電撃解任。この時に放った「なぜだ!」という言葉は流行語になる。
 後に、彼は愛人と共に刑事訴追され、上告中に亡くなってしまう。

昭和の風林史(昭和五七年六月一日掲載分)

2018年06月14日

時間が相場を食う段階
 
安値叩かず、高値煎れず。時間が相場を食うのを待つ。いずれご正解が出るだろう。

新ポの様子をみようと月末は閑だった。

北海道の天気は順調。作付け面積は三万四千㌶を上回るかもしれない。

増反、順気、発芽順調、降霜不安なし―となれば、やはり売られる。

買い方は、安いところは積極的に買う。

弱気も敢えて安値を叩かん。

東西取り組み合計七万五千枚。ガップリ組み合う。

場面は新甫待ちだし、材料待ち、時間待ち、硬軟音なしの布陣。焦ったほうが斬られる。

新甫11限のサヤは、たいがい買ったサヤの分は引き継ぎ線で穴埋めしている。サヤを買えば盛りのよい売り場になろうし、サヤが買えなければ旧穀限月は割高視されて売られる。

いまの相場、売り方が流れに逆らっているのか、買い方が流れに逆らっているのか。一体どちらが無理をしているのか―この事が判れば六月相場がやりやすい。強気は、こんな安い水準で―と思う。弱気は三万八千円や六千円は標準にならないと見ている。

それぞれの考え方の違いに対して相場様がご正解を示してくれる。

相場は、ひたすら待つ時もある。

待つは仁。向かうは勇。利乗せは智といった。

五月6日、14日、25日、29日と安値が切れ上がっている。

だからこの相場は頑強な大底ができていると見るのが強気。

しかし、旧穀期近を別として九限、十限三千円が四千円と上に行く材料もない。

それより29日安値、25日安値、14日安値を切ってきたら、千円の堤防が守りきれるか。梅雨時はよく堤防が決壊するものだ。

●編集部註
 昭和57年6月1日。小豆相場の堤防が決壊する直前の1カ月が始まる。
 買い方、売り方双方が焦れに焦れる保合い相場となる。
 待つは仁―とばかりに映画でも見るか、という話が昭和57年6月1日に交わされたかも知れない。
 現在、全国の封切館の入場料金は大人1800円。それが毎月1日には1100円となる。
 この割引制度が広く普及したのが昭和56年12月1日。「映画の日」として今も知られるこの日、全国の3分の2の映画館の入場料金が半額になる。当時は大人1400円であったので700円となり、観客動員数は通常の4倍、2倍の興行収入を叩き出した。
 これに気を良くした興業側は映画会社と掛け合い、この年の6月1日と9月1日も入場料半額の日にすると発表した。更にその後、元日と3月1日も入場料半額となる。

昭和の風林史(昭和五七年六月三十一日掲載分)

2018年06月13日

安値売るな。高値踏むな

小豆は人気離れだ。相場はいずれ暴落だが今は中段のモミ。安値売らず高値踏まず。

六月新ポ登場する11月限は新穀だから二千円の格(サヤ)を買われてしかるべきだが、五百円の上ザヤが買えるだろうか。10月限と同値近辺に生まれはしないか。

買い仕手が逃げる気なら新ポ一節の11限を、値にかまわず売りつなぐしかない。しかし恐らく逆に買ってくるだろう。

となるとこの仕手は潰れるしかない。

全般に市場は小豆離れである。東穀と大穀の現況に対する考え方の違いも市場に対しての不信感を強くしている。

現在の商取業界は生糸にしろ、乾繭、精糖、そして小豆と、なんとも変である。これらは決して正常な取引所市場といえない。

当業者の取引所忌避。大衆離れ。だんだん表面化している。商取業界のあるべき姿を見失っているように思うのである。

さて、それはそれとして、あくまで相場は相場と受け止めて考えてみよう。

(1)売り過ぎたことは確かだ。総弱気である。(2)安ければ買い仕手が積極買いする。(3)上値は玉をはずしてくる。

だから決定的な、なにかの材料がないことには大きな上値に走ることもない。

下も同じだ。

閑になって時間を食えば天候―発芽が材料のポイントになる。

もう一ツは、六月の入船状況だ。現物筋は、あらいざらい渡してしまった。

要するに売り屋は詰めろが詰めにならず駒を渡してしまった。攻め道具が入船するまで蛸壺の中。

長い目でみれば天候次第といえるが、天気(作柄)が少々悪くても内部要因が今の状態では、日柄を食った分だけ悪いし、相場の上値も四千円までだろう。

売り玉は煎れることはない。売り上がれば勝つ相場である。

●編集部註
 相場の世界において、言い切るという行為は勇気が必要である。
 にもかかわらず〝売り上がれば勝つ〟と言い切った理由は、当時の日足罫線を見ると何となく判る。では、4月から3カ月間の日足をご覧戴きたい。
 4月下旬、相場はギャップダウンしていた。
 その後、5月末から6月頭にかけて、相場はギャップアップしている。
 問題は、このギャップアップで4月のギャップを埋めてしまっているという点である。
 このギャップが埋められた後、反落した相場は下降トレンドを形成する。6月中、2度ほどギャップに向かったが超えられず、7月以降は崩落相場となる。買い方はこれで完膚なきまでに打ちのめされる事になる。

昭和の風林史(昭和五七年六月二十九日掲載分)

2018年06月12日

売り屋は指し切った格好

売り屋も買い屋もひと息入れて新ポからまた激闘。売り方指し切り型で持久に入る。

小豆は売り屋が疲れた格好だ。桑名筋の資金面の、あることないこと憶測まじえて叩いてみたが叩ききれずに跳ね返されて受けるだけ受けられてしまうと、あとの手がない。

まあ、そのようなところでなかろうか。

世の中は面白いもので、判官贔屓(びいき)というのがある。それというのも千枚超える渡し物を受けきった現実。資力もさることながら、その気力たるや普通の人のできる事でない。

相場が反発したのもそのへんの機微である。

なに事も信念を貫く姿は尊い。売り屋はきたない―と世間の目に映るようだと、これは買い屋の〝信は力なり〟の無言の圧力に負けたことになる。

もう一ツは、人気が弱くなり過ぎた。総売りベタ売りでは、反動がくる。

だから仕切り直しのようなものか。

相場はエスカレートすると強気・弱気が正気でなく熱気になり狂気になる。

取引所や役所に狂気のポジション・トークをぶつけて建玉有利にしようとする。

なにがなんでも勝たねばならんのが相場だが、これは、きたない。

売り屋もすこし頭を涼しくして、買い屋に手を渡してみたらどうだろう。

王手王手必死の手が詰めにならなきゃ駒を渡しただけに次は攻められる番。

攻めはゆるく守りは堅く―というのが碁の基本と聞く。

トレンドは大きな下げの中の中勢上げ。その中勢上げの中の小局下げが終わって目先反発型。
九、十月限の三千五、七百円ありと見て売り場待ち。

煎れることはない。買うだけ買ってもらうがよい。

買い屋だってお天とう様が味方するかせんか、銭の力よりそのほうが勝ち負けのポイント。新ポからまた戦いのラッパだ。

●編集部註
 当節、〇〇筋といった仕手の方々の存在は見えにくい。この時期の小豆相場は、後の相場史に名を遺した相場師を敗退させた事で知られる。桑名筋はその代表格である。
 桑名筋こと板崎喜内人氏は昭和10年生まれ。この時47歳である。証券マンから商品相場の世界に入り、37歳から38歳にかけて小豆相場で100億稼いだ。この資金を元手に商品会社を買収。業界に進出した。
 沢木耕太郎は板崎を取材し「鼠たちの祭り」という短編を執筆。これは現在「人の砂漠」(新潮文庫)に収録されている。
 桑名筋はこの年の小豆相場で大敗し、追証を巡るトラブルで買収した会社は倒産してしまう。

昭和の風林史(昭和五七年六月二十八日掲載分)

2018年06月11日

この買い占めは自壊する

無理した相場には必らずトガメが出る。この小豆は自壊するしかない。大暴落前夜だ。

小豆東西取り組み合計は五月上旬に比べると一万四千五百枚もふえた。

売り方に取りまかれて買い方は退くに退けない。すこしでも隙をみせると、すかさず斬られる。

火の粉をかぶってでも天候相場に逃げ込む格好。

そうはさせじと、洗いざらいの現物を逆ザヤ五限にぶつけ、これが六月も千枚の現物は渡せる準備で、まさに鬼気せまる。

それにしても大穀の代行会社は物指しの目盛りを、その時々で違えるのはけしからんという騒ぎ。

去年の四月、五月の輸入大豆で逆ザヤだから融資は出来ん。早渡しまかりならんと買い方の申し出を平井専務はことわった。

今度の五月小豆納会は、代行会社の役員ならよいのか? 小豆もれっきとした逆ザヤではないか―と。

大穀は、三月チョンボ納会で買い大手に借りがあるから、仕方ないのだろうか―と、あっちこっちから声も荒々しく電話がかかるが、僕にいってもはじまらん。それは大穀の平井専務に直接聞いて下さい。

売り方も、買い方も、仕手相場、異常市場になるとエキサイトして、ポジション・トークのボリュームがあがる。取引所は余程確りした(取引所の)あるべき姿を認識していないと、ケンカ場になってしまう。

さて、大受け渡しのあとに大相場なし。来月も大量の入荷がある。現物消費は停滞。強気に味方するものは安値取り組みだけ。

だが片建取り組みの中に占める仕手筋買い玉は七割以上に達した模様で、定石としてこれは破滅型。時間経過で自己破壊作用を惹起する。それを待つだけでよい。

●編集部註
 〇〇では、◇◇では、の「出羽守」になってしまうのを承知で言うが、欧米では相場しかり、カジノしかり、丁々発止の鉄火場では、取引を司る側、胴元となる者たちが厳正にして厳粛な態度で規律と規範を実践する。そうでないと、社会の信頼を得られないからだ。社会に認められないと、これらは悪所となる。実際、取引所が厳正厳粛な姿勢を見せなかった故に、商品相場は一般社会から悪所と見なされたと筆者は思っている。いったんついたイメージを払しょくするのは難しい。
 「ベンチがアホやから野球がでけへん」と言って引退した野球選手のように「取引所がアホやから相場がでけへん」と悪態をついた参加者が少なからずいたのではないか。
 こうした姿勢が今も変わっていないのなら、日本でカジノなどやっても失敗するのは火を見るよりも明らかだと思う。