昭和の風林史(昭和五七年八月二六日掲載分)

2018年09月18日

まさに小豆は崩れんとす

小豆売りの輸入大豆買い。方針不変。小豆はアッという下げが、今日か明日あろう。

小豆相場は三万円割れを前にしての抵抗をみせたが、作柄がよいだけにそれ以上に買えない。

要するに今の小豆は買っても夢がないのだ。

もう一ツは、作付け面積の大幅増反を逆に買った現象。これは素直でない。

従って、いずれ、増反売りという場面があるはずだ。

相場波動としては七月19日安値から夏天井を取りに八月12日まで、反動をつけて反発したが、一本足のV型底は、もう一本、必らず取りに下げる。

その下げ地点が、目先二万九千五百円(先限)あたりだろうと思う。

そのあたりから千円ほど戻すかもしれないが、これは九月上旬の相場で、再び絶好戻り売りとなろう。そして来月中旬からの下げが、いわゆる秋底を取りにいく二万八千円割れへの、秋の日のビオロンのためいきの身にしみて、ひたぶるにうら悲し。げにわれは、うらぶれてここかしこ、さだめなく―という下げがくるのである。

ところで輸入大豆のほうだが、期近限月から反撃にはいって、やっぱり底を入れたのだね―と、あとから気がつく。

こちらは小豆と違って、相場が若いし、逆ザヤに売りなしの図だ。

読者から期近限月は気持よく上げるのに買った先限は、ぬるい―と心配顔だが、先限も走りだすから大丈夫。

東京輸大のトレンドは24日の二百六十円以下(先限)は下げ過ぎ。25日すぐその分を奪回。ということは弾みがついた。四百十円三分の一。五百三十円半値。そのあたりを狙った動きになっている。

●編集部註
 暦の上では秋。風林火山が生きていたら、反知性主義が跳梁跋扈する平成の最後の秋をどう見るだろう。嘆くのか、あきれるのか、それともセ・ラヴィ、と全てをやり過ごしてしまうのか。
 少なくとも相場の分析にヴェルレーヌの詩が登場する事は、後にも先にもないのではないか。
 フランスの詩人を原書で読む人は今も昔も少ないと思う。ただ昭和初期の知識人の一般教養として、上田敏の「海潮音」は、例えば〝山のあなたの空遠く幸住むと人のいふ〟などと幾つか諳んじる事が出来た。三代目三遊亭圓歌もこの詩集を落語のネタにして人気を博した。
 本文に登場する一説は「海潮音」からの引用だが、この箇所は、第二次大戦末期のノルマンディー上陸作戦で、暗号として使われた事を知っていると、少し意味合いが変わる。

昭和の風林史(昭和五七年八月二五日掲載分)

2018年09月14日

あとからだんだんひびく

夏休みももう終わる。夏のない夏に変な相場ばっかりだった。小豆の夢も、うたかたに。

三味線も器用に弾きて芙蓉かな―というのは夏の終わりに近いけれどまだ初秋でもないような、ほんのちょっとしたあいだを久保田万太郎は感じたのだろうと思う。

当社の東京の人形町あたり、五、七年前、路地裏の細いところを場の引ける三時頃になると、三味線のつま弾きを聞いたものだ。

富安風生は、法師蝉煮炊といふも二人きり―。

多分、お昼のお膳に、コトコトと老妻がなにかたいていて、そんなふうなところが法師蝉のよさである。

長いあいだ、ひぐらしや―と思っていた。法師蝉と置いたほうがよい。

毎年夏の一番暑い時分に、大和吉野の奥の、かなかなを聞きにいったが、今年はなんだかんだとその閑がないうちに、もう法師蝉がきていた。

当社のビルがいま外装工事中で、窓という窓は足場とキャンバスを張りめぐらせて、そとはなにも見えない。かれこれ三カ月かかるという。これは、本当に、体にこたえる。まいってしまう。大きな紙袋にスッポリ包まれたような具合いで、息がつまる毎日だ。

相場のほうは、これは判らないが、だいたい判る。輸大は、一歩一歩階段を上がるところで、なんとも強い。こうしておいてドーンと行く。その時は利食いだが、ドーンと行って、更にドーンがあるかないか。

これは欲だろうか。

小豆は、安い。流れがそうなっている。

しかし、千円ぐらい辛抱するという人は頑張ったらよい。安くても今週後半二万九千五百円あたり。

そこから千丁戻して今の値段か。九月上旬気を持たせておいて十月秋底をとりに二万七千円だろう。

線がそう申している。

山頭火の「空襲警報るいるいとして柿赤し」。そんなふうである。

●編集部註
 「英霊をかざりぺたんと座る寡婦」(細谷源二)
 「一兵士はしり戦場生れたり」(杉村聖林子)
 「憲兵の怒気らんらんと廊は夏」(新木瑞夫)
 1940~1943年にかけて、当時の治安維持法に基づいて上記の句を詠んだ俳人達、掲載した雑誌関係者が次々と逮捕された。これは後に昭和俳句弾圧事件と呼ばれている。当時、戦意高揚の俳句作成や使う季語に国の干渉があったという。
 種田山頭火は、幸か不幸か1940年に亡くなっている。彼がどのように亡くなったかについては、嵐山光三郎の「文人悪食」(新潮文康)の中で詳しく描写されている。

昭和の風林史(昭和五七年八月二四日掲載分)

2018年09月13日

小豆強気しても夢がない

薄商いの節に買われて強くみえる小豆を売る。先限三万円割れが今週後半にある。

あけてびっくり小豆の作付け三万七千百㌶は、前年比小一万㌶の増反だった。

相場は知ったらしまいで、もう増反は気にしないでよい―と、強気はいうが、あとから、ゆっくり響いてくるのでなかろうか。

小豆の線型は、やはり先限三万円割れを暗示している。これは、相場の流れである。

商いは薄い。薄商いを少しまとまって買うと強くみえる。しかし実勢はダウントレンドに乗ったままだ。

小豆作柄のほうは一時九分作がいわれたけれど、その後の好天で十一分作などと、平年作を上回ったように伝わる。

今の市場、強気はあくまで強気である。

それは高いところを掴んでいるせいもある。

弱気は流れに乗っておれば、なんということもないから気が楽だ。先限が三万円割ってから考えればよい。

それと来月新甫の二月限登場は、先のほうに重りをつけるようなものだ。

ともあれ今週後半から下げピッチが速くなる足どり。

輸入大豆は強気しても疑心暗鬼だから利食いが早い。

東京四千四百十円=三分の一戻し地点を取るトレンドに乗っている。

いまは底固めという格好だが、円高も一応の限界にくるところだし、シカゴも底が入った感じだ。

この相場を売って、一体下を幾らにみるのか。

史上最高の豊作予想とはいえ、収穫までにまだまだ日数がある。

油断していて早霜の予報でも出れば劇的変動ということになりかねない。

輸大相場も今週後半にアッという動きをみせよう。

●編集部註
 この時、ドル/円相場は1㌦=250円台。その半年前は1㌦=230円台であった。それがこの年の10月頃には277円まで円安となり、そこから10週間後の83年1月には230円台を一時的に割り込む。8カ月間の円安は、僅か10週間で元の木阿弥に。これは当時のFRB議長、ポール・ボルカーが3年にわたって続けていた金融引き締め政策を断念した時期と重なる。
 この年は台風をはじめとした気象被害が深刻な年でもあった。過去の年表をひも解くと6~10月までエルニーニョ現象が起こっていたとの事。日本は雨に祟られていたが、インドネシアやオーストラリアでは干ばつの被害に悩まされていた。
 なお、この年の日本は暖冬。スキー場に雪のない暖かい年末を迎えた。

昭和の風林史(昭和五七年八月十九日掲載分)

2018年09月12日

輸入大豆は火を噴くはず

輸入大豆は底入れ→大出直りだから買い一貫。小豆は大下げの前夜だから売り一貫。

依然として輸入大豆は買い方針でよい。

それはこの相場が大底を叩いて、いま出直りの非常に若い時期にあるからだ。

人々は輸大相場を小さくみている。強気するにしても疑心暗鬼である。

これは相場の大転換期にみせる現象だ。

確かに輸大のファンダメンタルズは、一般的・常識的強弱を垂れるとすれば買えないはずだ。

だからこの相場は面白いのである。万人予想もせぬ大幅上げ、それもピッチの早い展開になるだろう。

信ずるものは強しという。

小豆のチビチビした出来高からみると東京、名古屋両市場の輸大手口は実にダイナミックだ。輸大の呼吸を掴めば、こんな面白いものもない。

だからつい小豆の強弱がおろそかになる。

その小豆だが先限三万円割れに向かっている。

作付け面積がかなりふえているという頭の重い材料が判然としてからの下げがきついと思う。

お天気も、まずまずだ。

小豆の線型は、一本一本、悪いですよ、深いですよと物語っている。

しかし、買い玉、見切りがつかない。それは天災を期待するからである。

買い玉見切りの決断がつくのは三万円を割ってからであろう。

夏相場のあっけない天井を打ったのであるから、買い玉に希望はない。にもかかわらず頑張るのは、相場の苦労であろうか。

ともかく素直に相場についていくところである。

話はまた輸大に戻るが19日(昨日)朝寄りは飛び付き買いした人が多い。

相場は、飛んであけた窓をすぐに埋めた。利食い先行の格好。

これは、相場出直りの初期にみせる現象だから、なんの不安もないはずだ。熱狂するところが必ずくる。

●編集部註
 さて、9月が始まる。
 1982年9月は世界で初めてリニアモーターカーの有人走行実験に日本が成功したり、大型台風の東日本縦断で死者が出たり、海外では、当時モナコ公国の公妃であった女優、グレース・ケリーが自動車事故で亡くなるというニュースがあった。
 その中の一つに、三越百貨店の当時の社長が電撃解任されるという事件があった。この社長はその後、愛人と共に刑事訴追された挙句に刑務所に収監されるが、一連の経緯は小説やドラマ、映画のモチーフに。その中には三越本店で開催されていた「古代ペルシャ秘宝展」の展示品が殆ど偽物であったという、嘘のようなホントの話もあった。

昭和の風林史(昭和五七年八月十九日掲載分)

2018年09月11日

輸大は急騰、小豆は暴落

輸入大豆買いは今からでも遅くない。人々が唖然とする暴騰波動。小豆は暴落必至。

オーディナリー(製油用)より安い値に叩かれた穀取輸入大豆は、要するに市場内部要因によるものでいわゆる一種の極限状態だった。

そのような不自然さは長続きするものでない。

下げるだけ下げて、灰汁(あく)が抜けただけに輸大は成り行き買いよしのところで、S高の連発も当然くるだろう。

その時、人々は唖然とする。だから買っておかなければ話にならない。

なにがどうだから、ああだこうだは、いわゆる相場の強弱。世の中、強弱上手の相場へたという人が多い。本当は強弱なんか上手でなくてよい。儲かればよいのである。

小豆のほうは、輸大とは逆に売りである。

先限の三万円割れがある。

ケイ線がそれを物語る。

買い仕手が抱えていた現物がバラバラに散った。そのことだけでも供給は潤沢になっている。

まして作付け面積は、かなり増反している。

作況のほうは、まず平年作にキズがつく程度。

そして輸入外貨枠がまだかなり残っている。

産地の相場がとにかく重い。もの言わざれど色おのずから現わる。

三万一千円から三万円大台割れにストレートの下げは直撃であろう。

八月12日が結局今年の夏相場の天井だった。

小豆弱気を書いているから電話がかかってこない。買い玉持って頑張っている人にとっては、電話する気になれんのだ。人気の強さというものが、それだけで判る。

その強人気が、もうすぐひっくり返ってくるだろう。小豆売りは早いもの勝ち。

●編集部註
 兎角この時期は〝夏枯れ〟という言葉が使われやすい。ただ〝夏枯れ〟という単語を使いたいだけじゃないかと思しきものもあるが、紙面と相場には〝夏枯れ〟が存在する。
 明らかにこの時の小豆相場は〝夏枯れ〟相場と言えるだろう。これからこの相場は枯れに枯れまくる展開を見せる。
 昭和の初め、紙面の〝夏枯れ〟を補うため、ある新聞記者が当時存命だった資生堂の創業者や彫刻家高村光雲、政財界の大立者などのところに足を運んで食にまつわるインタビューを慣行。これを記事にした。
 この新聞記者は子母澤寛と名を変え、戦後は小説家として大成する。
 彼の新聞連載は当時を振り返る随筆と合わせて「味覚極楽」という名で一冊の本になっている。

昭和の風林史(昭和五七年八月十八日掲載分)

2018年09月10日

小豆は三万円割れがある

輸大買いの小豆売りがご正解という日が近い。人気にまどわされては相場は取れん。

シカゴが下げても穀取輸入大豆は左程敏感に反応しなくなったのは、市場内部要因と円安。それにシカゴとの大逆ザヤで下げ余地ない値にとどいている証拠である。

テクニカルな面で今の輸入大豆は買いの一手である。上げ足がつくと非常に速いテンポの鋭角的急伸態勢に移るだろう。

証拠金関係で小豆の倍いける輸大だけに、ここは思い切って買っても大丈夫だ。

上げ足がついてから飛び乗る手もある。結構それで間に合うしS高も取れよう。

逆に小豆はこれから下だ。三万一千円底などと楽観していると、三万円割れ(先限)に素通りするだろう。線型は勿論悪い。

作柄も九分作から平年作のあいだぐらいだし、作付け面積もふえているようだ。そして天気も騒ぐほど悪くない。

八月11、12日に飛びつき買いした玉が投げに入るところ。

先限三万円割れなんて、そんな馬鹿なと思っている人ばかりだと思う。

ところが、それがあるのだから、まあ見ているがよい。あとから気のつくテンカン病(やまい)。

小豆売りと、輸大買いと、どっちが投機の効率がよいか。

輸大の五百丁幅、小豆の千五百丁幅。どちらもそのぐらいは目先あるだろう。とすれば同じ証拠金で倍いける輸大買いが早道である。

相場というものは極限に達すると理外の理のはたらきをする。極限とは値段の極限もあれば日柄もあるし人気の片寄りもある。また逆ザヤもそうだし、取り組みでもいえるわけだ。

●編集部註
 輸入大豆は消費地市場で小豆相場は生産地市場なので、風林火山のロジックに矛盾はない。ただ、消費地市場は為替要因が重要になってくる。
 経企庁の年次世界経済報告を見ると米国はこの頃景気後退期なのだが、高金利から市場はドル買いが優勢だった。これは当時のドル指数の動きを見るとよくわかる。綺麗な上昇トレンドになっている。
 ドルが高いと、ドル建て商品の価格は安くなる。ドル高の流れに反比例するように、シカゴ大豆の週足は綺麗な下降トレンドになっている。
 ドル高は米国の輸出ににとってマイナス材料。更にこの頃のドル高で輸出の減少傾向に拍車がかかり、これが米国景気の悪化要因に働いていた。

昭和の風林史(昭和五七年八月十七日掲載分)

2018年09月07日

輸入大豆買いの小豆売り

輸入大豆買い(S高連発もあろう)の小豆売り三万円割れ狙いのところである。

輸入大豆相場が小豆の下げ相場みたいに玉整理が強要され、完全に灰汁(あく)が抜けたから急反騰に転ずるだろう。

輸大に対する人気は戻り売り一色である。

それだけに、おやおや、あれあれという人気の裏の動きになる。

暴落していた魚かすの相場も止まり、今の大豆は製油メーカーにとっても安過ぎる。

ひとたび相場の流れが反転すればS高連発も可能の輸入大豆相場である。

ところで小豆のほうだが悪い線型である。週明け夜放れ安は、相場が三万円割れ(ミスプリントでない。三万円大台割れ)に直行する暗示だった。

誰がいま、小豆の三万円割れ(先限)を考えているだろうか。全般に強気支配で押し目買い人気である。これも輸大と同じく人気の裏目が出るだろう。

輸大買いの小豆売りもよし、証拠金の低い輸大を集中買いするもよし。それは各人の判断であろう。

昨日も書いたが、高名な画家が『自分の力だけしかモノは見えない』と書いていたが、相場も確かにそうだと思う。

人間を見る目、世の中の先を見る目、あるいは芸術作品を見る目、いずれもそれは自分の力量の範囲内でしか理解できない。

そして、普通は、そのことにこだわる。

強弱聞いていても、余りにも、こだわりが多いと思う。相場はあくまで相場様である。

なぜ高いのか、なぜ安いのか判らん時もあるが、下がりたがっている(小豆)、上がりたがっている(大豆)の呼吸が手にとるように判る時もある。

●編集部註
 小豆がここから真っ逆さまに下がって行く点については以前も述べた。
 では、この時大豆はどう動いたのか。週足を見ると、相場は前年末の安値とつら合わせとなり、この時期、底打ちが近いかも、という期待感が買い方の中で熟成されるような線形になっていた。
 しかし、現実は残酷なもので、これはチャートパターン的に中断の保合い下放れの線形であった。
 結局、大豆相場も小豆相場と同じく、83年まで安値基調が続く。
 小豆相場と異なるのは、シングルボトムであったという点。両相場とも83年1月に節目となる安値をつけたが、大豆がこの安値を頭にした逆三尊の形状を夏に完成させたのに対し、小豆は5月末にダブルボトムをつけた。

昭和の風林史(昭和五七年八月十四日掲載分)

2018年09月06日

小豆村の夏祭は終わった

他人様が頼りの強気が多過ぎる。これを売りたい強気という。ワッとくればすかさず売られよう。

八月の月例経済報告によると、輸出の低下、住宅建設の不振に加えて、これまで景気を支えてきた個人消費も天候不順が禍いして景気回復の足取りは一段と鈍っている―と。

世の中は不景気である。世界中が〝デフレ病〟に侵されつつある。

為替の円安メリットの話も聞かれない。困った、困ったで済むうちはよいが、そのうち大変だ、大変だということになるだろう。

「余りものに値なし」で悲惨な崩れの大豆。あまりの安さに涙も出尽して痴呆状態に陥っている砂糖メーカー。凋落の金―。

〝小豆村の夏祭〟も今年は何となく活気に乏しい。「オホーツク海高気圧」の登場で賑わいかけたも束の間だ。笛、太鼓が途切れると、まるで通夜か葬式の儀式…。

物が売れてこそ盛り上がる。三万円が安いか高いかはお天気次第とは申せ、買う気にだけはなれない。

「恨み節」が終わったら、皆が皆、上げ賛成、これですんなり上がれば、往復ノコギリで、こんな結構な話もあるまい。

農家喜び、高値で繋げる、ヘッジャーほくほく、安値で手当ての荷手持ち筋も笑いが止まらない。増産を奨励したお役所も胸をなで下す。

さて、さて、どうだろうか。十人が十人、高値で売りたい強気ではバランスが取れそうにない。

初押し買うべしで、戻す場面もあろう。ところが口で強気を唱えても自分は買わない。他人様が買ってくれるのを待っている。

この相場の行き先は大体決まったようだ。あとは日柄調整、ワッときたところを売ってみたい。

●編集部註
 最近平成元年と平成30年の時の世界のトップ企業上位30社を比較がネットで話題になっている。
 視点を変えると、不景気の時は次の好景気を支える技術や製品が生まれる事が多い。平成元年と平成30年の企業比較は、それを如実に表している。 1982年の8月もその後の社会を大きく変えた商品が世に出た。
コンパクトディスク、所謂CDがそれである。
 CDは日本のソニーとオランダのフィリップスによって共同開発されたが、8月にフィリップスから世界初のCDソフトが登場し、10月にソニーから世界初のCDプレーヤーが発売された。
当時の販売価格は16万8000円。大卒で銀行に就職したサラリーマンがもらえる初任給が11万6000円、週刊誌が200円した時代である。

昭和の風林史(昭和五七年八月十三日掲載分)

2018年09月05日

八月天井くれぐれ御用心

八月天井用心すべし。高値、高値あれば売るべし。人気強けりゃ相場は下がる。

小豆先限千七百四十円(大阪)は六月3日の頭に対して三分の二戻し地点。節足新値六段上げでもある。

気の利いた人は買い玉利食いで、盆休みに入った。

地獄の釜の蓋もあくのに、それ買え、やれ買え、安もんセールスマンだけが盆というのにいきっていた。

漁師は漁を休んで殺生をしない。供養である。

むやみやたらと客に損ばかりさせたセールスは、供養の気持があってもよい。

北海道は気温が下がっている。作況のほうはとりどりばらばら。良いわけではない。だから買った。

しかしここから新規買って先限三万三千円など無理な話だ。

取り組みにエネルギーがない。需給に逼迫感がない。

東西取り組みが、これ以上大きくならないということは、限られた投機資金による奪い合いだから、相場は燃えない。

昨年も、一昨年も、その前の年も八月天井。

ここは嬶(かかあ)質入れて買わんかい‼と買ったところが皆天井。

納会がないから俵読みや入船状況、現物の流れなどから目がそれている。

庭の空いていた末端は、仕手崩れのあと一巡安い現物を手当てしたが、それが売れたわけでない。なにせ不順な天気の不況下で、消費は伸びない。

輸入商社は上げ賛成だが、適当に高ければ商売にかかる。また、外貨枠も残っていることだ。

この先、産地の天気が悪くても、それで相場が高いなら、高いところ、高いところを売っていくのが判りやすいと思う。

52年仕手崩れ相場は八月1日~八月23日まで四千五百五十円戻し。日曜入れて22日間の戻しのあと倍返しの大崩れ。今回七月19日~八月11日が23日上げで日柄面でほぼ一杯だ。

●編集部註
 夏は冷奴、冬は湯豆腐。国内の大豆の需要はあるので買いである―。客先でそう粘って注文を取ってきた猛者がいる、という伝説を聞いた事がある。 

風林火山に言わせれば、これは差し詰め〝安もんセールスマン〟なのであろうか。そうであれば、小豆は無敵だ。春はぼたもち、夏は宇治金時、秋はおはぎ、冬は汁粉やぜんざいで年中小豆の需要があるので買いだろう。
 
〝イキる〟という言葉はヤンキー漫画でよく出て来るので「いきがる」のら略語かと思っていたが、関西方言の模様。「粋る」「意気る」と書き、調子に乗る、という意味らしい。

昭和の風林史(昭和五七年八月十二日掲載分)

2018年09月04日

はいそれまでと梯子とり

人気を強くさせておいて、はいそれまでと梯子をはずされる相場になるだろう。

小豆は戻り新値に一発高。待ってましたと買い玉利食いかと思ったら、そうじゃなく高いと買いたいで高値を買っていた。産地の天候が崩れる。ホクレンが買うという材料のようだが、むしろ絶好の売り場づくりでなかろうか。

強気がふえるということは、盆から先の反落相場の要因をつくるわけで、農水省発表の作付け面積はなんとなく増加しているふうである。

作柄のほうは九分作、百万俵前後の予想。

まだまだこれからの天候如何で減収にも増収にもなるだけに、なんともいえないが、先限三万三千円目標などという声に煽られて飛びつけば八月天井摑みということになろう。

相場の呼吸からいうと12日、13日は、もし高ければ売るところとみる。

この相場は仮りに静岡筋が買おうとも、引き継ぎ線で三千丁戻しは、精一杯と思う。

現物が逼迫するわけでない。

むしろ不景気による売れ行き不振のほうのウエイトが大きい。

V字型で反発しておいてダンゴをつくり、そのカタマリを上抜いて二段上げ。これで人気を強くして買い付かせれば、はいそれまで。ご苦労さんでした。

いまの小豆は玄人中の玄人ばかりの相場で、それも小豆専科のプロ中のプロであるから、利食い足も速い。

また、相場をそんなに大きくみているわけでもない。自由化問題もあるし、安徽小豆圧迫も実需不振の足を引っ張る。

そのようなことを色々考えてくると、11・12限の千三百円~五百円。1限の二千円台乗せあれば、売っていきたい。

おどま盆ぎり盆ぎり盆から先は安いぞ―という考えは少しも変わらない。

●編集部註
 既に後の相場展開を知っている人間としては、例えるなら一気呵成に攻め込む武田騎馬隊に対して、織田鉄砲隊が一斉射撃で殲滅を仕掛けるほんの数秒前の状態によく似ている気がする。実際に目にした事はないのだが。
 1982年8月12日、東京小豆先限日足のローソク足は、前々日のギャップアップと比べると20円見劣りするものの、それでもマドはマド。プロ中のプロ、それも売り方のプロはこの足に所謂〝星〟を見出したのではないか。
 プロがプロたる所以は、読んだら動く事。ダメなら撤退するだけという腹積もりがある。
 アマがアマたる所以は、読んでも慄いて動かない、いや動けない事。いろいろと理屈をつけて動けぬうちに好機が去って行く。