昭和の風林史(昭和五八年八月十日掲載分)

2019年09月02日

盆までは逆張りの小豆に

もう旧のお盆である。相場も休養、われわれも休みたい。目先小豆は逆張り週間。

小豆先限を朝ホクレンが三市場各10枚あて売っていた。

大阪地場筋は強気になろうとしている。

相場としては、ここのところ下げておきたい。

と申して深くは下げられない。先二本の二千五百円あたりまでのもの。

三千丁の押しを願う人も多いが、二千丁押しが精一杯だし、天井していないから潰れる相場でもない。

今月20日迄の産地お天気が勝負。

お天とうさんが随分小豆をたべてしまって全道収穫40万俵あたりまで行ったが、それでは気の毒と思ったか、ここのところ温度を上げて吐き出している。

快晴30度ともなれば日に三万俵の収穫増というから、お天とうさんは10万俵ほど吐き出した勘定。

問題は台風5号の進路である。きょうあすあたりになるとそれが判ろう。

ここ数日は逆張りの相場のようだ。

相場が静かで、しかも作柄が少しでも直りそうなら緊急発券の必要なし。

役所は自由化問題の時間切れを待つ格好で相場が今しばらくおとなしくしてくれたら、そのあとは三万五千円云々も解禁になるだろう。だから、なにもあわてて今すぐ高値に挑戦する必要はないのだ。

売り方にとっては、売り玉仕舞いたい気持ち一杯だが、とても望みはない。

日柄でようやくあきらめの悟りを得ようとしている。

われわれは高いところは遠慮なく利食いをすすめている。突っ込んだところをまた買う。

ラジオの北京放送のように人気は押し寄せてきたらまた遠のいていく。

相場はやや疲れたから休養が必要。もう旧のお盆である。建玉軽くしてわれわれも休みたい。高値買い玉ある人も心配無用。できれば安値で難平買うこと。

●編集部註
 古くからのラジオ好きであれば〝ラジオの北京放送のように人気は押し寄せてきたらまた遠のいていく〟という表現は理解出来る。サイマルラジオがスマートフォンから取り込める令和の御代では、ピンと来ないだろう。
 AMラジオの電波は、夜になるとより遠くからの放送を受信出来る。
 民放一局しかない地方では、深夜になると東京、大坂、名古屋、福岡の放送局にダイヤルを合わせて放送を聴く人が少なからずいた。その時、中国や北朝鮮の放送の混線に悩まされたものである。