昭和の風林史(昭和五八年二月二日掲載分)

2019年02月18日

輸大ここ両日は暴走族だ

輸入大豆は今週中韋駄天走りだろう。S高もあってよい。シカゴが革命している。

27日付け当欄で『早ければ月末、遅くとも二月新ポ→節分にかけて奔然と(輸大は)上昇する』―と書いた通り、新ポ約束たがわず放れた。

今週一杯、出遅れを取り戻すような上げかたをみせる輸入大豆だ。

シカゴ期近が六㌦台に乗せた。円相場は安い。

売り過ぎの定期がマッチ一本ガス爆発である。

いままで買って嫌というほど辛抱していたマバラ筋が、やれやれ利食いで降りるわけで、出来高にそれが出ていた。

相場は、降りる人を降ろして身軽になって、それから飛ぶわけだ。

引き継ぎ先限三百円棒が立つと、輸大の相場は五百円棒を引くのが普通。

砂糖やゴムの相場の底値脱出と同型の輸大で、ただ出遅れていただけ。

三市場取り組みは年末から一万枚の増大だ。

もの凄い電圧に電流が通ったのだから、売り玉はじけるように踏み上げる。

今週中にS高があってもおかしくないリズムだ。

線というものは実に不思議だと思った。東京当限の引き継ぎが、下降トレンドに決別(クロス)したとたんの上伸だ。

先限で一月10日底→二六〇円上げ→三分の二押し→七七〇円の節抜け→押した幅一八〇円の倍返し→九五〇円は、暮の14日の頭。これを買い切ると四千二百円。

ともあれ大底を見つけたのだから強気一本。

小豆はマバラ大衆筋が値頃観で売ってくる。

これに対して筋ものというか、玄人筋が買う。

という事は、この相場、まだまだこれから―となるわけだが思わぬ落とし穴ありと見て売り上がれ。

誰が決めたわけでもないのに輸大の売り方が小豆の買い方。小豆の売り方が輸大の買い方。面白いバランスである。

●編集部註
 昔は良かった、とまでは言わないが、サーキットブレーカーが働く現在の取引システムの中でこの時の取引を見ると、ストップ高やストップ安というシステムは存外良いシステムであったかも知れないと、つい思ってしまう自分がいる。
 ここ最近の金相場を見るとつくづくこの事を感じる。利便性を錦の御旗にほぼ24時間営業にしてしまったのもまずかった気がする。今の市場が若い人ばかりであれば問題なかったかも知れない。しかし、今の一般投資家はそんなに若くない。海外及び法人、更に大口投資家の良いカモになっているような気がしてならない。素人さんを大事にしない賭場は、やがて廃れる運命にある。