昭和の風林史(昭和五八年二月一日掲載分)

2019年02月15日

小豆は売りのままでよい

小豆は総強気・マバラ大衆売り上がり。相場は買うほどに反動安がきつくなろう。

値段を上げた割りに小豆の出来高が大きくならない。

また取り組みも増大しない。

これは限られた資金しか小豆市場に参加していないからで、パワーというものが感じられない事と、ボリウムの威圧がない。

電力でもそうだが、電圧(ボルト)メーターばかり高くても電流(アンペア)メーターが上がらなければ動力にならない。

この逆の、電流ばかり上がっても電圧が低くては機械は作動しない。

今の大豆はボルト・メーターばかり上がっている格好。反して小豆はアンペアメーターのみ上がる。

小豆は先限サヤを買って生まれて、八千五百円の七月限を期待している人が多い。否、強気になりきった人は、九千円台→三万円を夢見る。

主催・ホクレン。協援・農水省。協賛・高値?みグループ。しかし動員される観衆はマバラ。

そのような姿の小豆だ。

入りが悪いなあーと企画者は首をかしげる。

もう一段高に上げようと思えば上がるだろうが、息切れしそうな相場を無理押しすると反動がくる。

もう一ツ。これは天の理というか人の道というか、去年、場を止めて、あれだけ大きな迷惑を業界にもたらせた人が、一年まだ喪も明けぬうちから、やたら表面に出てきては、商売の道、相場の道。そんなものでない。謹慎中の身が、相場で大儲けできたら、この世は闇だ。そんな資力があるなら業界に返せの声高い。

輸入大豆は、東京七百七十。大阪八百円。これを先限引き継ぎで買うわけだが、売り方だってマンホールのフタがふっ飛ぶようなガス充満を警戒している。
ボリウムガ日増しに増大しているのだから、マッチ一本大爆発。それが怖いのである。

●編集部註
 言わずもがな、風林火山はこの時、大阪の中心部、キタとミナミの本当に真ん中付近にある事務所で原稿を書いている。
 マッチ一本で大火事に至る実例を10年前に間近に見ているはずだ。
 それは相場の比喩表現ではなく本物の大火事、千日前デパートの火災がそれである。むしろ、この火災があったからこそ相場の比喩表現に火事を用いたとも言える。
 煙草に火をつけた後のマッチを一本、ポイと捨てて死者118名である。
 そういえば、82年のホテルニュージャパンの火災も宿泊客の煙草の不始末が原因であった。