昭和の風林史(昭和五七年十月十五日掲載分)

2018年11月12日

輸大期近も生糸も山場か

輸大期近と生糸期近が役所にとって頭いただ。両方とも山場である。

百鬼夜行という感じを受ける昨今の商取界の各市場。超閑散の小豆が一夜明けたらストップ高。

輸入大豆期近限月は実勢遊離の大逆ザヤ。

生糸市場は売り方、買い方にらみあい。

東京砂糖市場の粗糖は、ひやかしみたいな売りの手ぶりをガバッと取られてしまうし。

お役所のほうも関係取引所も困った困った当限の玉がほどけぬことには。

今年は荒れ狂う年というわけか。円相場に金相場。そして政局は一寸先は闇だし。

ところで小豆だが、ある事情通、仕手関係について、買い方スルリと抜けてしまうかもしれないよ―と。仕手関係だけでみるならば、これこそ一寸先は闇である。

しかし相場つきや日柄、そして二万八千五、六百円を売り込んでいる取り組みなどみると、三万円大台乗せの相場といえよう。

輸入大豆にしても安値売り込み型の取り組みが踏まされている。

要するに売り過ぎのとがめである。

大豆の環境としては旧穀の需給逼迫を騒ぐ割りに実需離れで、ここまでくると買い方仕手の乱暴が非難されだす。

穀取も市場管理面で厳しい姿勢をとらざるを得ん。

なぜならば実需筋の突き上げがきつくなるからだ。

買い方も、ここまできたら、ほどほどにすべきであろう。

十分これで勝ったのだし、煎れに向かって玉も抜けられるのであるから、戦況有利のうちに終戦すべきでなかろうか。

生糸期近限月は15日か18日あたりに、なにか流れが変化する可能性が濃い。

売り方の手には意外なほど速いピッチで現物が集まっているそうだ。役所の動きもあわただしい。

●編集部註
 手ぶり、といっても何の事やらもう解るまい。
 平成もバブルに浮かれる直前くらいまで証券取引所も商品取引所も手と指の動きで注文を入れていた。1990年に倉本聰の脚本で日本テレビで放送されていたドラマ「火の用心」で石橋貴明が演じていたのが東京証券取引所で働く手ぶりの証券マンであった。
 筆者がこの業界に入ったのが1997年。商品取引所ではゴムの板寄せ取引が箱崎の仮設取引所で行われており、その模様を見学に行ったことがある。さすがに本文中で出て来る「乱手」まがいの取引はなかった。
 更に鎧橋を超えて東京証券取引所に行くと、「手ぶりロボット」というちゃちな機械が注文の仕方を解説。嗚呼、お金が余ってるんだなと思った。