昭和の風林史(昭和五七年十二月八日掲載分)

2019年01月16日

輸入大豆の買い場考える

輸入大豆は年末に大底を打つ相場癖がある。三千七百円、六百円は素一の買い場。

輸入大豆の先のほうの限月で三千六百円あたりがあれば、絶好の買い場になるだろう。

輸大の相場癖は年末底になりやすい。

人気面からいうと、もっともっと、まっ暗闇の弱人気になれば判りやすい。

おそらくT社の買い玉は投げるだろうとか、中国大豆の入荷が増大する。物の売れ行きが悪い等々、悲観材料に事欠かず、それを声高に唱えられるわけだ。

もっともT社大量の買い玉が投げに入れば、もう少し安いかもしれないが、多分その時は瞬間的な下げに終わるだろう。

三千六百円あたりなら強気したいというのは、中国大豆の圧迫を過大視しているふしがある。

IOM離れというが、中豆20万㌧では、日本の食品大豆の需要は賄いきれない。

シカゴと逆ザヤで商社がIOMの手当てをおこたれば、もし仮りに南半球(ブラジル)の作柄にキズがついたり、シカゴ相場が底入れ観で大直り6㌦台に買われたら、これは穀取輸大相場は大暴騰だ。

そういう時は円相場が買われるだけ買われたあとの反動で崩れてきたりするものである。

相場は人気と日柄である。もちろん需給にまさる強弱なしだが、需給は気をつけていたら誰でも判るが、日柄と人気は、知らず知らず〔買いつき型〕か〔売り込み型〕になるものだ。

いまの場合、見渡せば野も山も弱気ばかりとまではいかないが、これとて時間をかければ安値おぼえになるものだ。

先のほうの三千六百円台があるかどうかは判らんし、もしあって、それを買ってすぐ儲かるかどうかも判らんが、なあに来年二月、三月頃まで待てばという考えなら、案外年内利食いできたりするのが相場の皮肉性である。

●編集部註
 〝野も山も弱気〟となれば、慄きつつも目をつぶって買わなければならないのが相場師としての矜持であるといえよう。ただこの時、そこまでには至っていないと分析している。
 ここ最近の日米株式の一般紙での弱気な論調が存外〝野も山も弱気〟の状態に近いかも知れない。テクニカルやサイクルを中心に相場を見ていると、今回の下げは日柄的にも値幅的にも、そして星の動きからも、起こるべくして起こった下げである。 「大衆は全て間違っている」という一見高踏的な相場格言は実の所そんなに間違っていない。存外、こおいう時に仕込んでおくと騰がるのが相場だ。