昭和の風林史(昭和五七年十二月二三日掲載分)

2019年02月01日

新春小豆はまだ下げます

小豆は利食い専念。高値追わず。一月は暮に戻した分を下げよう。輸大は買い。

泣くも笑うもという段階にきた。景気のよかった取引員は大納会済んで、全員ハワイ旅行というところもあるそうだ。さぞかし営業計画の目標を達成したのであろう。

人が集まらん。新卒内定者がボロボロ落ちていく。来年の計画が立てられんという店も多い。

業界悲喜こもごもといいたいが、気分としては、お先まっ暗のところばかりだ。それでもなんとか越していけるから面白い。

さて小豆相場は、利のある玉は利食いしていくところであろう。

確かに底は入っているが、ガンガン強気して高値を追える相場ではない。

あと年内どのような動きになるか判らないが、年内気分一杯買ってしまうと新年早々、上げた分ぐらい消してしまう波動である。

要するに底は入ったが底練り百日といって押したり突いたり、薄商いの嫌になる場面が一月だろう。

だから高値買わず、また安いところを待って仕込む―という気の長い方法でいくしかない。

輸入大豆は前にまわすとサヤスベリすると見る人が多い。要するに大勢弱気派である。

それも一理ないわけではないが、相場の強弱は親子でも別。

弱気論者をねじ伏せてまで強気にさせることもない。

弱気は弱気の信念がある。

それと同じように強気には強気の信念がある。

三市場取り組みのボリウムは十六万七千枚。

月始めから一万一千枚の増加だ。T社買いが一万枚近く降りてこれだ。

このような取り組みで四千円乗せ、四千百円カイときたら、ちょっとうるさい相場になる。

中豆20万㌧の怖さを知らないから強気をいうのだと笑うが、中豆20万㌧は相場の燃え草になるだろう。

●編集部註
 全盛時のマメ屋は金遣いが荒かったよ―とある商品取引員に外務員として勤めていた頃、上司にあたる古参の外務員からそう言われた事がある。
 取引所もお金があった頃は大納会やクリスマスパーティーで東京の名店が屋台を出したり、お土産にこれも名店のケーキを持たせたりしてたな―と、これも業界関係者から聞いた事がある。
 全盛時、記者クラブの会合は○○でね、帰りにはお車代が出てたよ―と、先輩記者の方から聞いた事がある。この○○、今も存在し、ミシュランの星を獲得している名店だ。
 筆者は、どの恩恵にも与った事がない。半ばフィクションのようだと心の中で思って聞いていた。