昭和の風林史(昭和五七年十二月二一日掲載分)

2019年01月30日

小豆も輸大も出直り態勢

小豆も輸大も底入れして出直り態勢に入っているが、それ相当の抵抗もあるようだ。

小豆も輸大も表面見かけの強気がふえてきたがそれでもまだ弱気が支配している。

強気の中でもまだ本気になっての強気になっていないのかもしれない。

底は入っているようだが、まだ下値を残しているかもしれない―と思うのが迷いである。

迷いだすと、ああでもない、こうでもないで、結局判らなくなる。

そのような時は、ひとまず見送る。

商いが薄いということは、見送る人が多いからである。

小豆の線型は非常に明るい。

線だけで売り買いを、判断する人なら底値脱出陽発の段階であることが判ろう。

希望的観測者は二万九千円絶対というし、前週末あたり、強気のはしゃぎ過ぎは三万円必至などと明るい声を出していたが、はしゃいだら相場は止まる。ちょっと嫌な感じがした。

きのうの紙面で八千五、七百円は利食い場と一行書いたら、なんだ上値はその程度か?と不満そうな読者が多かった。

あって八千八百円までと見ている。

年内残り少なくなると、ぼつぼつ来年の相場のことを考える。要するに越年態勢だ。

それなら百円でも二百円でも押したところを仕込めばよいと、あわてない。

土台、暮の20日を過ぎて一発儲けようという了見がよくない。

輸入大豆は東京先限七百九十円。大阪先限八百十円。底が入っている。

にもかかわらず、まだ三千六百円を期待している弱気が多い。

三千九百円という今の値段は東京市場でIOМ渡しなら三百円格落ちだから三千六百円の値段である。

目標の値段にとどいて底入れしているものを売って、どうするというのだ。

●編集部註
 身もふたもない話をするが、〝百円でも二百円でも押したところを仕込めばよいと、あわてない〟とは相場の達人以外には吐けない机上の空論であると思う。いざそうなると、素人は慌てる。
 「もう少し下がるのではないか」とスケベ心が脳内を占める。
 大抵そういう時に限ってそれ以上は下がらない。かくして大半は買い遅れる事になる。
 では、それ来たとばかりに買いに飛びついたらどうか。大抵もう一段下がる。その下げに素人は耐えられない。商品相場だと、ここで両建ての売りが入り、ご臨終となる。