昭和の風林史(昭和五七年十一月四日掲載分)

2018年11月30日

輸大当限は完全天井の姿

輸大当限は飛びつき買いさせておいて天井を打った。小豆の強いのは今週一杯。

小豆相場は強気にさせられる材料が声高になったが、せいぜい今週一杯の強張りに終わると思う。

輸入外貨枠の発券を調節して価格を維持させ、人気を盛り上げて生産者に、よい売り場をつくる政策主導のスタイルだが、農家は相場が高くなると欲が出て売り渋るものである。

そうなると相場は更に高くなるのが道理だが、実需筋の役所に対する突き上げもきつくなるのが道理。

投機家としては、人気が強くなったところを逆に売り上がっていくのが今の場合、怖いようだが、ご正解だと思う。

見ていて判ることだが高値因果玉を抱いたままの強気が多すぎる。いうならいまの強気は曲がり屋の残兵である。戦況を、なんとか持ち直そうとするだけだ。

相場の流れとしては気一杯今週買っても来週からは伸びる力を失う。

四月限の売り上がりが年末相場崩れの本命である。

現物事情に詳しいファンダメンタリストほど強気になるが、それと相場はまた別のものである。

相場は相場に聞くだけ。

輸大は買いも買ったり、びっくりしたナアモ。

業界の自粛通達は建前だけで、あの店も、この店も裏口はオープンだから金屋系の玉は幾らでも建つ。

三市場・新甫(満月)四万五千三百枚強の出来高は玉三郎買いもさることながらワーンと地鳴りするほど提灯がついた。

線型は東京当限15日・29日六百円同値の天井型。そして名古屋新甫・2日の組み合わせ当限線は大暴落線。

大阪当限29日天井線新甫と2日は念の入った強烈売り線。

満つれば欠くるは世のならい。商社も満を持して繋いだ。大阪に中国大豆のウズが巻く(虐待格差なし)ことになる。

●編集部註
 〝びっくりしたナアモ〟が往年のコメディアン、三波伸介のギャグであった事を知っている人達が現在どれだけいるのだろう。まず30代は彼の存在を知らないと思う。
 当時の人達は、ここから一カ月と数日後にもっとびっくりする事になる。
 てんぷくトリオというお笑いグループで、伊東四朗と共に井上ひさしの台本でコントをやっていた彼は、今も続く笑点の司会など、当時のバラエティ番組に引っ張りだこの人気スターであった。
 1982年12月8日、彼は人気絶頂のなか、多くのレギュラー番組を抱えたまま解離性大動脈瘤破裂で急死してしまう。