昭和の風林史(昭和五七年十一月十二日掲載分)

2018年12月10日

小豆は総投げ場面がくる

輸大は来週から崩れる。小豆のトレンドは理想的下げ道中にあり、これも来週きつい。

生糸、乾繭相場は仕手戦の後遺症がでている。売りで結構取ってきた人でも、利食いしたあとが大きかった―という。

輸入大豆も、いずれ似たようなことになるだろう。中国大豆の第二船が遅れているのを材料にしていたが、入るものは入る。

また為替市場の円高は、かなりの勢いをつけ、円の大底入れを思わす。

大阪輸大当限の線型は日足四段上げ。

いつまでも逆ザヤ突っ張っておるわけにもいかん。

小豆相場はドサッときた。三晶が火のついたような買い手口。まるで熱くなっているみたいだ。

相場というもの、どなたが買おうと、下がる時は下がるものである。

取引員自己玉も店別にみていくと、買い店が多い。これは店が相場を張って稼ごうという姿勢。

このような時は、えてして大曲がりするものだ。

今年は小豆の玄人御難の年でもある。大安回り三年下げに向かうという六甲伝・三月甲である。

判りやすい先三本のここから千円安の二万八千円割れは、九千五百円以上の買い玉が投げてきて、いわば気崩れの、なだれ現象というコースであろう。

前三本になると、これは三万円台の因果玉大掃除がなければ灰汁(あく)が抜けない。

小豆も生糸と一緒で七月仕手戦の後遺症が残っているのだ。

それともう一ツ。それは政策を期待しすぎること。政策は、あとからゆっくり響いてくるもので、その頃に買い玉は投げ終わっているはず。

人気は、まだまだ強気の未練が断ち切れない。

このような時は利食い戻し程度で、すぐ転落する。

とにかくトレンドが大下げコースに入っているのだから強気は駄目だ。

●編集部註
 小豆と言えば三晶実業。三晶実業と言えば小豆―。 その昔、東京都中央区日本橋蛎殻町に東京穀物商品取引所があった頃、いや、もっと前からそういうイメージが。小豆相場が斜陽化しても、その存在は大きかった。
 東京駅の近く、丸善本店の並び、日本橋高島屋のはす向かいに三晶実業のビルが建っており、今も威風堂々とした佇まい。
地下は画廊で、バスキアやウォーホールが売られていた記憶がある。
 ネットで調べると創業は昭和二六年。現在ユーチー・ディン氏が代表取締役社長とある。