昭和の風林史(昭和五七年八月十七日掲載分)

2018年09月07日

輸入大豆買いの小豆売り

輸入大豆買い(S高連発もあろう)の小豆売り三万円割れ狙いのところである。

輸入大豆相場が小豆の下げ相場みたいに玉整理が強要され、完全に灰汁(あく)が抜けたから急反騰に転ずるだろう。

輸大に対する人気は戻り売り一色である。

それだけに、おやおや、あれあれという人気の裏の動きになる。

暴落していた魚かすの相場も止まり、今の大豆は製油メーカーにとっても安過ぎる。

ひとたび相場の流れが反転すればS高連発も可能の輸入大豆相場である。

ところで小豆のほうだが悪い線型である。週明け夜放れ安は、相場が三万円割れ(ミスプリントでない。三万円大台割れ)に直行する暗示だった。

誰がいま、小豆の三万円割れ(先限)を考えているだろうか。全般に強気支配で押し目買い人気である。これも輸大と同じく人気の裏目が出るだろう。

輸大買いの小豆売りもよし、証拠金の低い輸大を集中買いするもよし。それは各人の判断であろう。

昨日も書いたが、高名な画家が『自分の力だけしかモノは見えない』と書いていたが、相場も確かにそうだと思う。

人間を見る目、世の中の先を見る目、あるいは芸術作品を見る目、いずれもそれは自分の力量の範囲内でしか理解できない。

そして、普通は、そのことにこだわる。

強弱聞いていても、余りにも、こだわりが多いと思う。相場はあくまで相場様である。

なぜ高いのか、なぜ安いのか判らん時もあるが、下がりたがっている(小豆)、上がりたがっている(大豆)の呼吸が手にとるように判る時もある。

●編集部註
 小豆がここから真っ逆さまに下がって行く点については以前も述べた。
 では、この時大豆はどう動いたのか。週足を見ると、相場は前年末の安値とつら合わせとなり、この時期、底打ちが近いかも、という期待感が買い方の中で熟成されるような線形になっていた。
 しかし、現実は残酷なもので、これはチャートパターン的に中断の保合い下放れの線形であった。
 結局、大豆相場も小豆相場と同じく、83年まで安値基調が続く。
 小豆相場と異なるのは、シングルボトムであったという点。両相場とも83年1月に節目となる安値をつけたが、大豆がこの安値を頭にした逆三尊の形状を夏に完成させたのに対し、小豆は5月末にダブルボトムをつけた。