昭和の風林史(昭和五七年二月十七日掲載分)

2018年03月06日

春暖の候なだれ警戒警報

買い方が徐々にシビレてくるだろう。将棋でいえば指し過ぎのとがめのようなもの。

敢えて売るという人は少ない。むしろ押し目を買いたい人の多い小豆相場で強気の余韻がまだ市場を支配している。

買い方が買い煽ればいうことをきく―と思っている。一時的には、そうかもしれないが、流れは徐々に変わっている。

先限(大阪)の四千六百円=四百円あたりが、押し目の限度とする見方が常識になっていた。
今の下げを押し目と読んでいる人にとっては、そのあたり確かに急所だ。

しかし、春相場の天井とみるなら生糸が去年二月5日、今年二月8日。乾繭は去年二月10日、今年二月3日。小豆は去年二月24日、今年二月10日―となる。

去年二月24日は三万二千六百円台の低い水準だったが、三万円割れの二千九百丁を下げ三月9日底。

強気は、せいぜい千五百丁~二千丁の押しだろうとたかをくくっている。
しかし、この相場は買い方の自壊作用で、場合によると三千丁崩しにつながる。

上げ幅の半値の四千四百円ラインを割ると、筆者のトレンドは三千八百円を取りにいくことになる。

台湾が日本の消費物資五百九十品目全面輸入禁止―は対日貿易赤字に対する強硬措置で、日本の対応次第では更に厳しい第二段の輸入禁止もあり得る―と。

小豆の自由化は、とんでもないところに伏兵がいた。

輸入禁止された業界は、政治の力を使うだろう。

小豆ぐらい台湾からどんどん買ったらどうか―と。

外貨を使わず逆に定期を買うような三品を外割ホルダーから除外すべきだという声が高まっている。

●編集部註
 後々チャートで振り返ると、この時点で当時の主力商品であった小豆相場は、長期相場サイクルの2番天井をつけていた。
現在の主力商品である金の上場はこの年だが、あと一カ月先の話である。
 株式市場も日経平均株価が8000円の壁に挟まれて下降を開始した。この壁が破られるのは翌83年の春まで待たなければならない。
 世情は未曽有のホテル火災と心を患った機長が逆噴射して東京湾に突っ込んだニュースで持ち切りになっている。
 全体的に重く、暗く、閉塞感が漂っている。
 明るい話はないのかなと色々な年表をひろげてみると、この月にタイガースが復活していた。野球ではなく、GSのタイガースである。
 そういえば、ザ・ベストテンで彼らが歌っていた事を思い出した。